スノーボードを始めるときにやっぱりどんなボードを選んだらいいかわからないのが当たり前ですよね。知っている人に教えてもらえば良いのですが、しっかりと知識があったほうがいいと思いませんか?

 

初心者の人が買うべきボードは操作が簡単なスノーボードとういうことが言えます。操作が簡単なスノーボードを使って滑りをマスターすることによって、コツを覚えることができ上達する近道になります。

 

たとえこれからスノーボードをずっとやっていくんだと言う思いがあっても、上級者が使うボードは選ばない方が無難です。扱いが難しいボードもあるのでいきなり使ってしまうと上達の妨げになる可能性が十分考えられます。

 

それではどんなスノーボードを選んでいけばいいか解説していきます。長さ・硬さ・形状に注目してみていきましょう。初心者は、この3つのポイントを押さえれば間違えることはないでしょう。

ボードの超簡易的な選び方は?

ここではかなり簡単に選び方を紹介しているために厳密にいうと異なる点もありますが大体は、そんな感じなんだな!という程度で把握して貰えたらOKです!詳しいボードの選び方は簡易的な選び方の後にまとめているので、ご覧くださいね!

長さに注目してみよう!

まず、注目するべきは長さになります。基本的には基準となる長さがあるのでそこれに近いボードを選べばOKです。その基準はこちらになります。

 

175cm以上の人は「身長 マイナス約20cm」の長さ
(身長180cmの人は160cm前後の板)

160〜175cmの人は「身長 マイナス約15cm」の長さ
(身長165cmの人は150cm前後の板)

160cm以下の人は「身長 マイナス約10cm」の長さ
(身長150cmの人は140cm前後の板)

 

こちらが基準となる長さのボードになります。選ぶボードに丁度のサイズがないこと多いですが、そのときは近い長さで短い方を必ず選ぶようにしましょう。大体目安としては、板を立てて顎の高さくらいの長さになります。

硬さに注目してみよう!

扱いやすいスノーボードを選ぶのに硬さも大きな要素になります。柔らかいボード程、扱いが簡単になり初心者にも向いています。硬さのことをフレックスと表現するのですが、10段階でいうと5までのボードが扱いやすいでしょう。

 

この判断ですが、板にはそれぞれフレックスが表示されています。5段階表示の場合は3までで選ぶことをおすすめします。硬すぎると扱いがとても難しくなるので初心者には全くおすすめできません。

形状に注目してみよう!

形状については、本当にいろいろなモノがあるといっていいでしょう。そのため、どれが一概に初心者いいとは言えないのが現状ではあります。メーカーによっては同じ形状なのに呼び名が違ったりします。たぶん商標の問題ですかね?メーカーに言わせたら多少違いがあるのでしょうが。

 

個人的な意見を挙げるとすれば、柔らかめのキャンバーボードが良いと考えています。それぞれのメリット、デメリットを挙げてみましょう。専門用語のために分からないかもですが、読み進めてくださいね!ボードの形は後半で詳細に解説します。

キャンバー

個人的に初心者におすすめしているのは、このキャンバーの形で柔らかいボードになります。特徴としては操作性の難易度が少しだけ上がってしまうけれども、カービングターンと呼ばれるターンを早くマスターすることができます。

 

最終的にはキャンバー系のボードを選ぶことになるので始めから少しだけ難易度を上げてトライするのも良いです。

ロッカー

このロッカーボードですが、初心者が最も扱いやすいと感じるボードでしょう。ターンもトラックも行いやすいボードですね。特徴としては逆エッジになりにくいということです。

 

しかし、キャンバーより断然カービングターンが難しいです。これはこの形が良いんだ!というくらいで覚えておきましょう!もっと詳しく知りたい人は後半を参考にしてくださいね。

詳細なスノーボードの選び方は?

詳細なことを話していくととても長くなるかもですね!まず、ここで解説が長くなる理由はスノボー板にはいくつもの形状がありそれぞれ特徴がことなるからです。それでは説明していきますね。

キャンバー

スノーボード初心者の板の選び方は

スノーボードで最もベースックなタイプ。平地に板を置くと図のように真ん中が浮いている形状をしています。特徴としては踏み込むとエッジが雪面に食い込むため切れのある滑りができます。

 

また、蹴ると板に反発がありオーリーも高さが出やすいです。オールマイティに対応できるボードですが細かいトリックを行う際はエッジがかかり繊細な板使いが必要になります。

 

グラトリでも活躍する形状で、オーリーなどの板を弾く系のトリックであれば、キャンバー形状をおすすめします。

ゼロキャンバー(フラット)

スノーボード初心者の板の選び方は

ボードがフラットになっている、全くキャンバーがないという形状。ノーズ、テールの反りが少ない事が特徴ですね。かなりキャンバーと比べてエッジがかかりにくいため操作性は抜群です。

 

キッカーでは反発が少ないために、オーリーがしづらい、タイミングを取りにくいという面があります。

 

ただし、グラトリなどの細かい動きをするような場合はともて向いています。多少の新雪であれば反りがない分、乗りやすい点もキャンべーとは異なり特徴ですね。

ダブルキャンバー

スノーボード初心者の板の選び方は

ロッカーボードとキャンバーボードの良いとこ取りの形状になります。センターはロッカー両足下はがキャンバーという形状になりある程度反発がある板。

 

板の回しがスムーズに行えるのに、しっかりと反発があるというボードです。雪面をエッジで捉える感覚はキャンバーよりも劣る部分があります。

 

滑りもパークも楽しみたいユーザーにとても人気があり最近ではこの形状の種類の板がかなり増えてきています。

ロッカー

スノーボード初心者の板の選び方は

基本的なロッカー形状といえば、こちらの形状になります。キャンバーとは逆に反っていますね。Vロッカー、フリーキャンバー、JPロッカーなど呼び方が異なります。

 

ロッカーの特徴としてはプレスやスピンの行いやすさですね。カービングの性能は、キャンバーと比べるとかなり劣ります。板の反発が少ない分、オーリーがかけづらいという面もあります。

 

しかし、操作性はどの形状よりも良いため初心者が扱うボードとしてはありですね。バター系のトリック、プレス系のトリックを得意としています。

パークロッカー

スノーボード初心者の板の選び方は

ロッカー形状のなかでもさらにエッジのひっかかりにくさを求めた形状です。ジブロッカー、ジブキャンバー、パーティーロッカーなどと呼ばれています。

 

ジブなどのパークアイテム向きに特化したボードとなります。センターがフラットの為に安定感が良いことからランディング、プレスが安定してきます。

 

ただ板の反発が少ないことでカービング性能が落ちてしまうのは仕方ありませんね。パークでキッカーを飛びたい場合にはもう少し反発あるボードを選択した方がいいです。

ダブルロッカー

スノーボード初心者の板の選び方は

足裏部分にキャンバーが入っているもののロッカー性能を持たせた板になります。踏み込んだ時にしっかり返ってくるのもこの板の特徴になります。

 

ダブルキャンバー、ガルウイングとも言われることがありますね。ロッカーボードの中でも最も滑走性能が優れていると言って良いですね。エッジも食い込み、オーリーも反発がしっかりあり操作性も高いという、かなりバランスが良いボードになります。

滑りに合わせて板を選んでみよう!

ここで、スノーボードのスタイルを3種類に分けてどの形状が良いのか挙げてみましょう!基本的には下記の3パターンから細分化イメージでOKです!

フリーラン・フリーライド

いろいろ何でもやってみたいというフリースタイルな人向けにおすすめはダブルロッカー、ダブルキャンバー。このボードは癖がないために初心者にとてもおすすめできる形状です。業界自体もこの2つの形状がかなり増えシェアを伸ばしています。

その中でも雪面を高速滑走するというジャンルになるとおすすめ形状はキャンバーです。基本的にはフリーライド用のボードはキャンバー形状をしていることが多いですね。

ジブ・グラトリ

ボックスやレール、グラトリしたい人はパークロッカーやフラットキャンバーもしくはダブルキャンバー(柔らかいキャンバーもあり)。この板はある程度、エッジがかかりにくいという特徴があります。

グラトリにおていもジブにおいても、エッジかかりはかなり気にしますね。もうそれはエッジがかかった日には事故に合うようなものですからね!

パウダー

パウダー専用に作られたボードです。初心者の方が買うようなボードではないのであまり気にしなくも良いジャンルとなります。ゲレンデを滑るのであれば必要ないです。バックカントリーなどを楽しまれる方には必須です。

中級者以上の考え方

何をもって中級者というのは難しいところですが、カービングターンやキッカーなどガンガンスノーボードを楽しんでいる人達のことを指すのだと理解しています。そういった方は、以下の点を注視してボードを選んでみるのも良いかもしれませんよ!

有効エッジを見てみよう!

有効エッジとは実際にエッジが雪面に接している長さのことです。エッジコンタクトということもあります。この有効エッジですが長ければ長い程、直進滑走が安定します。短ければ操作性が良くなります。

 

同じ全長の板で違いを出したい方は有効エッジに注目しましょう。もちろん、滑りのスタイルによって適している長さが異なります。

 

グラトリやジャンプトリックを重視の方は短め。フリーランやカービングなどのスピードを出す場合は長め。ただし、スノーボードの形状には、ロッカー、キャンバー、ダブルキャンバー、ツインキャンバーなどいろいろあります。

 

それを加味すると有効エッジが長くてもコントロール性の良い板もあります。多種多様な板があるので選ぶことはなかなか大変ですね!楽しみの一つと思っていろいろ見てみましょう。

サイドカット(サイドカーブ半径)を見てみよう!

スノーボードの「くびれ」のことを言います。サイドカットを簡単に言うと、「どれだけエッジがカーブしているか」ということです。たとえばサイドカーブ8.0と表記があれば半径が8.0mの円が描けるという意味です。このサイドカーブの数値は滑りにどれほど影響があるのでしょうか?

 

サイドカーブの値が大きいボードは見た目はくびれの少ない寸胴な形のボードです。ターンについては必要以上に曲がらず、まっすぐ滑ると安定感があります。大きな弧のターンを描きやすい構造だと理解すればOKです。

 

ショートターン(小回りの効いたターン)苦手ですが、乗り手次第な所もありますwジャンプ(キッカー)については、板が安定するのでアプローチで態勢を維持しやすいことが言えます。

 

ランディングもバランスを崩しても曲がりにくい(転倒しにくい)ですね。エッジを活かしての高回転スピンは、小回りが利かないので回転力をつけにくいと言えます。しかしながらストレートジャンプ、180トリックの安定感は良いですね!

 

サイドカーブの値が小さいボードくびれたシャープなボードです。ターンでは小回りがききますが、高速滑走時はちょっと不安定です。大きな斜面ではダイナミックなターンよりも細かなターンを刻むことが得意。

 

ジャンプに関してはうまくエッジを掛ければ高回転の回転力をつけやすいです。しかし、スピンのときにエッジに頼りすぎると横っ飛びして危険があります。ちょっとした事で曲がるので着地の瞬間にバランスを崩すとあらぬ方向へ行ってしまうこともあります。

 

そして厄介なのはサイドカットの数値が2つ以上あるややこしボードも存在します。2つや3つある場合があります。これは複数のRを組み合わせて設計されているボードになります。

 

数値が2つノーズ側、テール側の数値が異なります。通常はノーズよりテールの方が数値が大きいです。

 

数値が3つノーズ側、テール側そして中央の数値が異なります。通常は、中央付近の方がノーズ、テールに比べて数値が小さいです。

 

サイドカットが数値が複数あるメリットはフリーランやカービングでボード操作をスムーズに行うことが可能です。またノーズを使うターン序盤はサイドカーブが大きいのでよったりとターンが可能になっています。

 

そして、ターンピークでボードに加重することで、テール側を使用するターン後半で切れ味の良いターンができるような構造です。つまり、サイドカットの短い板と長い板の両方のメリットを取り入れた板にはサイドカットが複数あります。

 

中級者以上になるとこれらの全てのことを包括して、板がどのような特徴があるのか理解して購入できるとベストではないでしょうか?エキスパートになるとそれぞれのメーカーのシステムの特徴だったり、材質だったり、、、を見ていきますw

さいごに。

初心者にこれがいい!ということは一概には言えないですが、操作性を重視して選ぶことは間違いないです。僕が初心者におすすめしている形状はフラットもしくは柔らかいキャンバーボードをおすすめします。

 

個人的にはロッカーボードは操作性が抜群に良いですがおすすめはしません。基本的にはキャンバー形状に移行する人が多いのでノリ心地が全く違うため初めからキャンバーに慣れた方が後々面倒なことにならないからです。

 

この辺りは、人によっても大きく意見が異なるところなので参考程度に聞いておいてくださね!それじゃ、この辺で終わっておきます!ありがとうございました!

この記事も読まれています。

グラトリ板おすすめランキング2018-19!最新人気板を調査!

グラトリのビンディングおすすめランキング2018-19最新版!

グラトリ板の人気ランキングは?2018-19売れ筋の板をチェック!

Salomon(サロモン)グラトリ板は?Craft(クラフト)やvillain(ヴィレイン)の評価は?

011(ゼロワン)グラトリおすすめ板は?初心者はフラットキングやXFly?