スノーボード初心者の板の選び方は

スノーボードを始めるときに

やっぱりどんなボードを選んだらいいか

わからないのが当たり前ですよね。

 

知っている人に教えてもらえば

良いのですが、しっかりと知識が

あったほうがいいと思いませんか?

 

初心者の人が買うべきボードは

操作が簡単なスノーボード

とういうことが言えます。

 

操作が簡単なスノーボードを使って

滑りをマスターすることによって、

コツを覚えることができ上達する

近道になります。

 

たとえこれからスノーボードを

ずっとやっていくんだと言う思いがあっても、

上級者が使うボードは選ばないでください。

 

扱いが難しいボードもあるので

いきなり使ってしまうと上達の

妨げになる可能性が十分考えられます。

 

それではどんなスノーボードを

選んでいけばいいか解説していきます。

 

長さ・硬さ・形

に注目してみていきましょう。

超簡易的な選び方は?

スノーボード初心者の板の選び方は

ここではかなり簡単に選び方

紹介しているために厳密にいうと

異なる点もありますが大体は、

そんな感じなんだな!という程度で

把握して貰えたらOKです!

 

詳しいボードの選び方は簡易的な

選び方の後にまとめているので、

ご覧くださいね!

長さに注目してみよう!

まず、注目するべきは長さになります。

基本的には基準となる長さがあるので

そこれに近いボードを選べばOKです。

その基準はこちらになります。

 

175cm以上の人は「身長 ー 約20cm」の長さ
(身長180cmの人は160cm前後の板)

160〜175cmの人は「身長 ー 約15cm」の長さ
(身長165cmの人は150cm前後の板)

160cm以下の人は「身長 ー 約10cm」の長さ
(身長150cmの人は140cm前後の板)

 

こちらが基準となる長さのボードになります。

選ぶボードに丁度のサイズがないことが多い

ですが、そのときは近い長さで短い方を必ず

選ぶようにしましょう。

硬さに注目してみよう!

扱いやすいスノーボードを選ぶのに

硬さも大きな要素になります。

柔らかいボード程、扱いが簡単になり

初心者にも向いています。

形に注目してみよう!

形につていは本当にいろいろなモノが

あるといっていいでしょう。

そのため、どれが一概に初心者いいとは

言えないのが現状ではあります。

 

個人的な意見を挙げるとすれば、

柔らかめのキャンバーボードが良い

呼ばれる形が良いと考えています。

それぞれのメリット、デメリットを

挙げてみましょう。

 

専門用語のために分からないかもですが、

読み進めてくださいね!

ボードの形は後半で詳細に解説します。

キャンバー

このキャンバーの形で初心者向けなのは

柔らかめのボードになります。

 

特徴としては操作性の難易度が

少しだけ上がってしまうけれども、

カービングターンと呼ばれるターンを

早くマスターすることができます。

 

最終的にはキャンバー系のボードを

選ぶことになるので始めから少しだけ

難易度を上げてトライするのも良いですね。

 

ただし、キャンバーでも柔らかいボードを

初心者は選ぶようにしましょう。

ロッカー

このロッカーボードですが、

初心者が最も扱いやすいと

感じるボードでしょう。

 

ターンもトラックも行いやすい

ボードですね。

特徴としては逆エッジに

なりにくいということです。

 

しかし、キャンバーより断然

カービングターンが難しいです。

 

これはこの形が良いんだ!

というくらいで覚えておきましょう!

 

もっと詳しく知りたい人は後半を

参考にしてくださいね。

詳細なスノーボードの選び方は?

スノーボード初心者の板の選び方は

詳細なことを話していくと

とても長くなるかもですね!

 

まず、ここで解説が長くなる理由は

スノボー板にはいくつもの形状があり

それぞれ特徴がことなるからです。

それでは説明していきますね。

キャンバー

スノーボード初心者の板の選び方は

スノーボードで最もベースックなタイプ

平地に板を置くと図のように真ん中が

浮いている形状をしています。

 

特徴としては踏み込むとエッジが雪面に

食い込むため切れのある滑りができます。

また、蹴ると板に反発がありオーリーも

高さが出やすいです。

 

オールマイティに対応できるボードですが

細かいトリックを行う際はエッジがかかり

繊細な板使いが必要になります。

ゼロキャンバー

スノーボード初心者の板の選び方は

ボードがフラットになっている、

全くキャンバーがないという形状。

ノーズ、テールの反りが少ない事が

特徴ですね。

 

かなりキャンバーと比べてエッジが

かかりにくいため操作性は抜群です。

キッカーでは反発が少ないために、

オーリーがしづらい、タイミングを

取りにくいという面があります。

 

ただし、グラトリなどの細かい動きを

するような場合はともて向いています。

多少の新雪であれば反りがない分、

乗りやすい点もキャンべーとは異なり

特徴ですね。

ダブルキャンバー

スノーボード初心者の板の選び方は

ロッカーボードとキャンバーボードの

良いとこ取りの形状になります。

センターはロッカー両足下はがキャンバー

という形状になりある程度反発がある板。

 

板の回しがスムーズに行えるのに、

しっかりと反発があるというボードです。

雪面をエッジで捉える感覚はキャンバー

よりも劣る部分があります。

 

滑りもパークも楽しみたいユーザーに

とても人気があり最近ではこの形状の

種類の板がかなり増えてきています。

ロッカー

スノーボード初心者の板の選び方は

基本的なロッカー形状といえば、

こちらの形状になります。

キャンバーとは逆に反っていますね。

Vロッカー、フリーキャンバー、

JPロッカーなど呼び方が異なります。

 

ロッカーの特徴としてはプレスやスピンの

行いやすさですね。カービングの性能は、

キャンバーと比べるとかなり劣ります。

板の反発が少ない分、オーリーがかけづらい

という面もあります。

 

しかし、操作性はどの形状よりも良いため

初心者が扱うボードとしてはありですね。

パークロッカー

スノーボード初心者の板の選び方は

ロッカー形状のなかでもさらにエッジの

ひっかかりにくさを求めた形状です。

ジブロッカー、ジブキャンバー、

パーティーロッカーなどと呼ばれています。

 

ジブなどのパークアイテム向きに特化した

ボードとなります。センターがフラットの為に

安定感が良いことからランディング、プレスが

安定してきます。

 

ただ板の反発が少ないことでカービング性能が

落ちてしまうのは仕方ありませんね。

パークでキッカーを飛びたい場合には

もう少し反発あるボードを選択した方がいいです。

ダブルロッカー

スノーボード初心者の板の選び方は

足裏部分にキャンバーが入っているものの

ロッカー性能を持たせた板になります。

踏み込んだ時にしっかり返ってくるのも

この板の特徴になります。

 

ダブルキャンバー、ガルウイングとも

言われることがありますね。

 

ロッカーボードの中でも最も滑走性能が

優れていると言って良いですね。

エッジも食い込み、オーリーも反発が

しっかりあり操作性も高いという、

かなりバランスが良いボードになります。

滑りに合わせて板を選んでみよう!

ここで、スノーボードのスタイルを

3種類に分けてどの形状が良いのか

挙げてみましょう!

フリースタイル用

いろいろ何でもやってみたいという

フリースタイルな人向けにおすすめは

ダブルロッカー、ダブルキャンバー

 

このボードは癖がないために初心者に

とてもおすすめできる形状です。

業界自体もこの2つの形状がかなり増え

シェアを伸ばしています。

ジブ・グラトリ用

ボックスやレール、グラトリしたい人は

パークロッカーやフラットキャンバー

 

この板はある程度、エッジがかかりにくい

という特徴があります。

グラトリにおていもジブにおいても、

エッジかかりはかなり気にしますね。

 

もうそれはエッジがかかった日には

事故に合うようなものですからねww

フリーライド用

フリーライドとは雪面を高速滑走する

というジャンルになります。

おすすめな形状はキャンバーです。

基本的にはフリーライド用のボードは

キャンバー形状をしています。

 

ウエストが細くて硬いボードが多く

スイッチすると滑りづらく、キッカー、

トリックなどを行いたい人には、

一切おすすめしません。

さいごに。

初心者にこれがいい!ということは

一概には言えないですが、操作性を

重視して選ぶことは間違いないです。

 

僕が初心者におすすめしている形状は

フラットキャンバーもしくは柔らかい

キャンバーボードをすすめています。

 

個人的にはロッカーボードは操作性が

抜群に良いですがおすすめはしません。

 

基本的にはキャンバー形状に移行する

人が多いのでノリ心地が全く違うため

初めからキャンバーに慣れた方が後々

面倒なことにならないからです。

 

この辺りはその人によっても大きく

意見が異なるところなので参考程度に

聞いておいてくださね!

 

それじゃ、この辺で終わっておきます!

ありがとうございました!