【ゴーグル】

スノーボードゴーグルの選び方は?レンズ色は天候で使い分け!球面平面の違いも!

この記事は、スノーボードゴーグルの選び方をまとめています。スノーボードゴーグルはさまざまなブレンドから多種の製品がリリースされているため選ぶことが大変ですよね。

 

スノーボードゴーグルにもピンキリで低価格から高価なものまで。レンズの色やレンズの種類など、選ぶゴーグルによって天候に向き不向きがあります。

 

適当なものを選ぶと、視界が明瞭に確保できなくなるため基礎的な知識は覚えておくことをおすすめします。・・・そんなこと言われても全くどれを選んでいいのやらとなる人も多いと思います。

 

そこで、ここでは分かりやすくスキー・スノボゴーグルの選び方について解説していきます。目も守る大切なものですから妥協はしたくないですね!

スノーボードゴーグルの選び方は?

スノーボードゴーグルの選び方

スノーボードゴーグルの選び方ですが、僕の場合は以下の順番でスノーボードゴーグルを選んでいます。あくまでも選び方の例です。

【スノーボードゴーグルの選び方】

①好きなブランドを絞る

②球面or平面レンズどちらかに絞る

③フレームあり・なし

④価格帯を決める

⑤レンズ色を選ぶ

スノボゴーグルの選び方①好きなブランドを絞る

まずは好きなブランドを絞ってから決めて行くと良いでしょう。メジャーなブランドだと、オークリー、スミスなどがありますね。

 

あまりにもスノーボードゴーグルのブランドは多いですから。別の記事で有名な人気スノーボードゴーグルのブランドをまとめています。

スノボゴーグルの選び方②ゴーグルレンズ種類は球面と平面

レンズには球面レンズと平面レンズの2種類があります。それぞれ特徴があるのでどちらが良いか決めてみましょう。

球面レンズ

球面レンズは視野が広角で視界が広く見えるレンズの形です。しかしながら、レンズが歪曲している分、見え方が気持ち悪い、違和感がある人もいます。僕は全く気になったことがありませんが、そういった声も聞きますね。

平面レンズ

平面レンズは視界がフラットに見えます。つまり、ゴーグルをしないときの視界と見え方が大差ない(平面に見える)です。しかし、平面な分、球面よりも視界が狭く感じることがあります。

ふたつのレンズは見え方が異なりますが価格面でも変わってきます。基本的には球面レンズの方が価格が高い価格設定になっているブランドが多いです。

 

ただ、最近は球面レンズのゴーグルが増えてきました。ハイエンドモデルは殆ど球面レンズですね。

 

これといってこだわりが無ければ平面レンズで良いでしょう。個人的におすすめは球面レンズですけどねw球面の方が価格が高くなりがちです。

スノボゴーグルの選び方③ゴーグルのフレームあり・なし

スノボ・スキーゴーグルはフレームあり・なしが存在しています。一面フレームで施されたゴーグルが登場しています。フレームがあるゴーグルよりもフレームレスは視界が広くなります。

 

ただし、マグネットなどでレンズが付いているため大きな衝撃を加えるとレンズが吹っ飛ぶことがあります。

 

各ブランドともにハイエンドモデルで採用しているシステムになります。価格もかなり高価になりがちですが、レンズの着脱が一瞬で出来るためその便利さには変えられないものがありますね。

スノボゴーグルの選び方④価格で決める!

ここまで絞り込むとある程度、ゴーグルがかなり絞られてきます。たとえば、以下のブランドだと価格帯が幅広いです。ローモデル、ハイモデルでピンきりに価格も性能も違ってきます。

  • OAKLEY(オークリー) 価格帯:20,000~50,000円
  • SMITH(スミス) 価格帯:10,000~40,000円
  • VONZIPPER(ボンジッパー) 価格帯:10,000~30,000円
  • ELECTRIC(エレクトリック) 価格帯:10,000~30,000円
  • DRAGON(ドラゴン) 価格帯:10,000~35,000円

やっぱり各ブランドごとにエントリーモデルという低価格帯のモノとクオリティーを求める高価なハイエンドモデルが存在しているので価格帯で見るとどれも同じように見えますね。

 

もし予算に余裕があるならオークリー、スミスなどのハイエンドなゴーグルをおすすめします。予算がそれほどない場合は、ボンジッパー、エレクトリック、ドラゴンなどがおすすめになります。

 

以下の記事にて、それぞれのブランドで代表的なゴーグルを紹介しています。

スノボゴーグルの選び方⑤レンズカラーや可視光線透過率などで決める!

スノーボードのゴーグルにはレンズに色が入っています。そのレンズ色によって視界の色や見やすい天候があります。そのため、理想としてはその日の天気によってレンズの色を変更することがベストです。

全天候:ピンク系・オレンジ系

曇り:イエロー系・ブルー系

晴れ:グレー系

ナイター:クリア

上記が基本的な天候における最適なレンズ色となっています。その他にも「ミラーレンズ」「偏光(調光)レンズ」「可視光線透過率(VLT)」というマニアックな話があります。

 

別の記事でスノーボードゴーグルのミラーレンズ・調光や可視光線透過率について詳細に解説しています。

ブランドによりますが、中には「AsianFit」という鼻が低い人向けのモノもあります。欧米人は鼻がとても高いですからね。

あと、メジャーなブランドだと標準でダブルレンズとなっていますが、ローモデルだとシングルレンズになっていることもあるため注意が必要です。ダブルレンズの方が曇りにくい仕様になっています。

スノボゴーグルの選び方のまとめ

スノボゴーグルと一言でまとめても、さまざまな種類があることが分かったと思います。基本的なゴーグルの選び方を知って自分にフィットするゴーグルを探してみましょう!

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /