【ウェア】

スノーボードグローブおすすめはミトン18選【22-23】ブランド厳選・インナーも

この記事ではスノーボードグローブのおすすめ製品を紹介しています。グローブと言ってもいくつか種類に分かれていますが、今主流になっているグローブの形はミトンという形です。

 

親指と他4本の指に分かれている形のグローブのことを言います。今は五本指全て分かれているグローブというのはスノーボーダーの間ではあまり使っている人を見かけなくなりました。このミトングローブがスノーボードグローブのトレンドとなっています。

 

ミトングローブを販売しているメーカーはたくさんあります。そのためその中でも品質がとても良い厳選したメーカーからお勧めの製品を紹介していきます。どのグローブがいいか悩んでいるという人は今回この記事の紹介しているグローブを選べば間違いないことでしょう。

 

デザインも色々あるのでその中からご自分の好きなものを選ぶといいですね。素材自体が高級なものもありますのでそういった場合はちょっとお値段高くなると思います。その辺りはあなたの予算次第で決めていただければと思います。それでは早速紹介していきますね!

ミトングローブおすすめはBURTON・アシュラム

ミトングローブおすすめはBURTON・アシュラム

スノーボードには多くのブランドがあるので、全てを紹介していくのはとても難しいです!ここでは、人気のあるブランドや売れているブランド、高性能なグローブを作るブランドなどをピックアップして紹介していきます。

最近ではゴアテックス素材を採用しているグルーブが多いため、あとはブランドの好き嫌いで選び分けるようになっています。あなたの気になるグローブがあれば嬉しいです!

スノーボードグローブ:ネームレスエイジ

ブランド・メーカーの製品ではありませんが、このネームレスエイジとてもおすすめできます。お値段はかなりお買い求めやすいですが、実はあのゴアテックス素材を採用されています。

メーカー・ブランドであればゴアテックス素材を使っているとネームレスエイジの倍くらいはお値段しますから、とても格安でお買い得です。特にブランドにこだわりがなくて高品質なミトングローブを探されているならピッタリな製品です。

スノーボードグローブ:アシュラム

アシュラムは高級グローブを取り扱っています。高級が故に全く浸水しません。素材はゴアテックスを使用していますが、作りにもこだわっているようですね。

長く良いものを使いたいとい人におすすめしています。個人的にもデザインがグッド!アシュラムはコアなファンが多く玄人好みなグローブです。

グローブで違いを出したいときにおすすめです。品質は言うまでもなく満足できるミトングローブに仕上がっています。

スノーボードグローブ:FLUX

FLUX(フラックス)はもともとは国内ビンディングを専門としたメーカーでしたが、板、ブーツ、アパレルなども展開しています。

FLUXのグローブでおすすめはミトングローブです。なんといっても色使いがカラフルでかわいくていいですよね。ビンディングがFLUXの方は、グローブもいかがでしょうか?

スノーボードグローブ:BURTON

お馴染みBURTONですがもちろん多くのグローブをリリースしています。その中でも、とくにおすすめしたいのはGore-Tex(ゴアテックス)という素材を使ったミトングローブです。

つまり、ゴアテックスを使っていることで水の中に突っ込んでも濡れない耐水性があります。

スノーボードグローブ:DAKINE

DAKINE(ダカイン)といえばバックパックやバックなどで有名ですが、グローブもかなりクオリティが高いです。種類も豊富でお気に入りのグローブが見つかるはず!

スノーボードグローブ:エビス

エビスは、小物系スノーボード用品を販売しているブランドです。グローブ、リーシュコード、バッグなどを展開しています。とくにグローブについてはデザイン性、機能性、保温力も高いことからコアなファンが多いグローブをリリースしています。

スノーボードグローブ:DEATH LABEL

DEATH LABEL(デスレーベル)は板メーカーのイメージがあります。が、小物類を取り扱っています。

デスレーベルのミトングローブがおすすめですが、指先にファスナーがあることでとても使い勝手がいいです。個人的に使用しています!デザインがちょっとかわいいのも良い感じ(笑)

スノーボードグローブ:NEFF

NEFF(ネフ)ですが、とてもキュートなキャラクターで知られています。スノーボードのパーカー、ニット帽などを手掛けているブランドになります。ニコちゃんマークがトレードマークのNEFFですが、デザイン性も良くて愛用しているスノーボーダーも少なくありません。

スノーボードグローブ:ポンタペス

ポンタペスというメーカーは聞いたことがないと思います。スノーボードのアパレルをメインに取り扱っています。ウェアもリリースしていますが、それほど品質的に良いとは言えないところ。安価なミトングローブで1000円でも費用を抑えたい方には良いかと思います。

おすすめのインナーグローブは?

おすすめのインナーグローブ

スノーボードグローブですが、一緒に合わせて買って欲しいのがインナーグローブです。5本指グローブやミトングローブでも中は5本指というモノは保温性が高いのです。しかし、ミトングローブで指が別れていないグルーブは意外と手が冷たくなります。

そのため、インナーグローブを使うことをおすすめします。インナーグローブですが、こちらのブランドのモノがおすすめです。

インナーグローブは手に密着する面積が広いため保温効果を高めやすいですね。汗をかいたとしてもインナーグローブの素材が水分を吸収して蒸発させてくれます。

ハイエンドなスノボーグローブになれば、インナーグローブも付いていることもあります。インナーグルーブしていてもスマホを操作できるものを取り上げてみました。

おすすめインナーグローブ①DAKIN

DAKINのインナーグローブです。保温性に優れていることでバックカントリーに行くような方におすすめな高機能なインナーグローブを探している方におすすめ!

おすすめインナーグローブ②BURTON

BURTONのインナーグローブですが、スマホにも対応しています。そのため、インナーグローブのままスマホもサクサク操作できるためとてもおすすめですね。

おすすめインナーグローブ③VAXPOT

VAXPOT(バックスポット)のインナーグローブは滑り止めが付いています。スマホに対応していますね。そのためスマホが滑り止めでしっかりとグリップできるため落とす可能性も低くなります。お値段的にもいい感じ!

スノーボードにインナーグローブの代用品は?

スノーボードのインナーグローブですが、特段専門のものでなくてもいいです。インナーグローブを着けてスノーグローブを装着できれば問題ないですよ。

 

また、代用品とは言いませんが、ユニクロで販売しているインナーグローブのように薄手な手袋でも良いかもしれません。ただ、手に密着していてグローブを外すときに一緒に外れない物の方が使い勝手が良いため、そのあたり考慮して選んでみましょう。

スノーボードのグローブが濡れてしまうと割と不快な思いになりますよね。そのため、いつも防水性が高いモノを僕は選んでいます。

2シーズンくらい(60日滑走)するとまた新しいのを買ったりしていますね。ファッションの一部としても重要なグローブですから、気にしたいところです!

まとめ

ここではおすすめな人気があるミトングローブ・インナーグローブを紹介しました。どのブランドもこだわりがあるグルーブが多いですね。

手を守る・温めるためにも重要なアイテムですから、防寒性にこだわってもいいですね。あなたの気になるミトングローブがあれば幸いです!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード