【ボード】

【FLUX】スノーボードの板まとめ!多種多様なラインナップに!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

FLUXは将来の競合他社からジュニア、キッズボードまで幅広いモデルを提供しています。これらのボードは、デザインとパフォーマンスの融合を特徴とし、最新のテクノロジーを駆使して作られています。そのため、プロ・アマを問わず人気を博しています。

ジブやパーク用のボードから、フリーライドやツリーラン用のボードまで、様々なスタイルに対応したモデルがラインナップされています。

また、キャンバーシステムがユニークなボードもありますので、各モデルの特徴を知ってから、各モデルを解説した詳細記事をチェックしてください。それではFLUXスノーボードを見てみましょう。

sponsored

D2

D2スノーボードは、フリーライドに最適です。SMOOTH CAMBERキャンバーによるサイドカーブが特徴で、自由なライディングを楽しむことができます。トップシートにはPU/マットコートのミディアムフレックス、3軸グラスファイバー、カーボンビームを採用しています。

さらに、ABS製の58度サイドウォールとISO 7500グラファイトベースを採用し、耐久性と性能を追求したFLUX D2は、高い操作性が魅力です。

パウダー、カービング、バンクなど、あらゆるシチュエーションで優れたパフォーマンスを発揮するためフリーライドを楽しむライダーにおすすめです。

【FLUX】D2のレビューや型落ちは?ジャンルごとの評価や特徴も紹介!
【FLUX】D2のレビューや型落ちは?ジャンルごとの評価や特徴も紹介!

DT

DTはハイパフォーマンスでハイグレードなボードです。大会で活躍するライダーに向けて製作されているため作りに一切の妥協がありません。TITANALの安定性、フルカーボンPREPREGのロスの無いクイックフレックス、レーシングブラックソール、どれをとってもハイパワーハイパフォーマンスです。

【FLUX】DTの試乗会でのレビューや評価は?特徴や型落ちやも紹介!
【FLUX】DTの試乗会でのレビューや評価は?特徴や型落ちやも紹介!

TW-C

TW-Cはグライディング専用にデザインされたツインチップシェイプ・ダブルキャンバー形状で、柔軟なフレックスと安定性が特徴です。ジブ、グリット、パーク、フリーライドなど、様々なスノーボードスタイルに対応しています。

ベースにはISO7500クリア素材を使用し、常に3点が雪と接することで安定性と低速でのマニューバビリティを実現しています。さらに、フルポプラコアと三軸グラスファイバー補強がボードの耐久性を高めています。

【FLUX】TW-Cの特徴はグラトリ専用板!型落ちやユーザー評価・レビューも!
【FLUX】TW-Cの特徴はグラトリ専用板!型落ちやユーザー評価・レビューも!

TW-R

FLUX TW-Rは、グラトリやパークなどでのトリックやジャンプに適した特徴を持ち、柔軟な操作性を提供します。軽量で強度の高い素材の組み合わせや特殊なコア構造により、高いパフォーマンスと快適な乗り心地を実現しています。TW-Cとの違いは、ダブルキャンバーの真ん中の接地面がフラット形状になっているのがTW-Rです。

【FLUX】TW-Rの評価や特徴は?型落ちやユーザーレビューも!
【FLUX】TW-Rの評価や特徴は?型落ちやユーザーレビューも!

TL【レディース専用】

TLは、女性向けの特徴的なTWINモデルのスノーボードです。ジブ、パーク、フリーライドなど、様々なスタイルに対応するTLは、女性の脚力を考慮したシェイプで、操作性が向上しています。

さらに、より柔らかいフレックスも女性にとって操作しやすいボードの特徴です。また、特殊なウッドコアとカーボンファイバーを使用することで、剛性とフレックスのバランスを実現しています。

T3

T3は、イージーコントロールとツインチップの特徴を持つボードです。ジブ、グラトリ、カービングなどのスノーボードのさまざまなスタイルに適しています。

T3は、ノーマルキャンバーにノーズとテールにロッカーを加えた形状を持ち、安定感と反発力を備えながら操作性も兼ね備えています。

【FLUX】T3の評価レビューや特徴は?適正ジャンルはなに?
【FLUX】T3の評価レビューや特徴は?適正ジャンルはなに?

T2

T2はライトウェイトなツインチップの特徴を持つボードです。ジブ、パーク、フリーライドなどのスノーボードのさまざまなスタイルに適しています。

T2は、ハイブリッドキャンバーと呼ばれるキャンバー形状を採用しており、操作性とボードの反発力を向上させることが特徴です。また、ミドルフレックスで、PU/Matte CoatingのトップシートやPOPLAR + PAULOWNIA + HONEYCOMBのコアなどが採用されています。

【FLUX】T2の評価レビューや特徴!購入先や試乗した感想も!
【FLUX】T2の評価レビューや特徴!購入先や試乗した感想も!

T1

T1はハードフレックスでハイキャンバー形状。フリースタイルのフラグシップモデルとして高機能なボードに仕上がっています。脚力に自信があり、ボードを踏んで高速滑走をしたいライダーに最適。安定したパークライドを求める方、ビックなパークを攻めるライダーにフィットすること間違いないです。

【FLUX】T1のレビューや評価!特徴や型落ちも!
【FLUX】T1のレビューや評価!特徴や型落ちも!

D1J【ジュニア】

D1JはFLUXのジュニア用キッズボードで、将来のコンペティター向けです。パークやジブ/グライディングに適しており、ディレクショナル・フリーライド機能も搭載しています。

キャンバー形状はSMOOTH CAMBERで、マニューバビリティと簡単なライン取りができます。フレックスはソフトで、トップシートと補強材には耐久性の高い素材を使用。

ベースはP-tex 4000 Graphiteで滑走性と耐久性に優れ、コアはFULL POPLARで軽量かつ反発性に優れています。

T1J【ジュニア】

FLUXの未来のコンペティター向けのジュニアキッズボードです。ジブやパークに適しており、特に取り回しやすさが向上したEASY CAMBERのキャンバー形状を採用しています。フレックスは柔らかく、耐久性のある素材が使用されています。ベースにはISO7500クリアが使用され、コアにはFULL POPLARが採用されています。

まとめ

この記事では、FLUXのスノーボードについて全種類を取り上げました。気になるボードはありましたでしょうか?それぞれのモデルについて詳細な記事もあるため、チェックしてみてくださいね。

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました