【その他】

スノーボード・スキーヘルメットおすすめは?選び方や被り方も!キッズは自転車用で良い?

この記事では、スノーボード・スキーヘルメットおすすめを紹介しています。さらに、ヘルメットの選び方も詳細にお伝えしています。またヘルメットの被り方でよく疑問で質問に挙がっていることもまとめています。

 

スノーボード・スキーに取り組む上でヘルメットは重要ですから、その情報をしっかりとすることで安全にも繋がります。とくに子どもが滑るときには必須と言ってもいいでしょう。子ども用のヘルメットについてもおすすめを紹介しているため参考になれば幸いです。

 

それでは早速ですが、スノーボード・スキーヘルメットのおすすめや選び方など見ていきましょう。

スノーボード・スキーにヘルメットは必要なのか?

スノーボード・スキーおすすめヘルメット

まず、日本のゲレンデで滑っているとき周りの人はヘルメットを被っていますか?おそらくヘルメットを被っていない人が殆どですよね?とくに頭を強打する可能性が高い初心者は全くといって良いほどヘルメットを被っていません。

 

ヘルメットを被っている人は上級者の中でも重要性を感じているごく一部の人だけです・・・。これは外国人からするととても異様な光景。海外に行くと今はヘルメットを被っている人が多いです。それだけ海外ではスノーボードの危険性を認識ている人が多いということでしょうか。

 

日本でヘルメットを被っている上手そうに思われるかもしれませんが身の安全を確保するためにもヘルメットは重要です。

 

最近はヘルメットを被るスノーボーダーが増えてきていますが全体からいうと極一部。毎年ですがスノーボーダーやスキーヤーが事故で亡くなっていますね。

 

昨年は小学生スキーヤーが直滑降していて30代男性のスノーボーダーに後ろから突っ込んだことでその小学生が亡くなっています。男性も大怪我したと記憶にあります。

 

小学生の方はノーヘルメットだったということです。ヘルメットは頭を守るモノです。不意の事故で身体を守るには重要すぎます。スキーでも、スノボーでもヘルメットは重要です。

 

まだまだヘルメットを被る文化は日本にないため普及して欲しいです。ヘルメットが普及しない理由としてダサいというイメージがあるからではないでしょうか?必要性を感じない人も多いかもしれません。

 

スノボーでヘルメットを被らないことが当たり前というよりもその意識が全く頭の中にないということですね。雪は柔らかいから大丈夫という認識がどこかあるかもしれませんね。

スノーボード・スキーヘルメットの選び方

おすすめヘルメット

ヘルメットの選び方にはいくつかポイントがあります。その点を詳細にまとめてみました。

ヘルメットの選び方①重さについて

ヘルメットですが、重さが重要になります。重たすぎるとどうしても疲れる傾向があります。煩わしさも感じることも多くなりますね。被っていても、被っていることを感じさせない重さであれば快適に滑ることができます。その重さを左右するヘルメットには2種類の構造があります。

インモールド方式

軽いヘルメットの特徴としてインモールド方式を採用していることが多いです。このインモールド方式とは、ヘルメットを構成する素材の内側に緩衝材が入っている仕様を指します。インモールド方式のメリットとして、ヘルメットの厚み自体が薄く、軽い特徴があります。スキーヤーが好んで使うタイプはインモールド方式のヘルメットです。

ハードシェル方式

ハードシェル方式とは、緩衝材がヘルメット内面に貼り付けている仕様のことを指します。そのため、外側のシェルと内側の緩衝材の2つの部品から構成されています。ハードシェル方式のメリットとして内側の緩衝材を分厚くできるため、とにかく丈夫でインモールド方式よりも安く制作することができます。

インモールド方式のメリット
  • ヘルメットの厚みが薄い
  • ヘルメットが軽い
ハードシェル方式のメリット
  • 内側の緩衝材に厚みを出せるため丈夫
  • 作りが単純なため安い価格帯(インモールド方式と比較して)

ヘルメットの選び方②国際規格をクリアしていること

ヘルメットを装着したからと言って、頭部を絶対に守ることができるわけではありませんが、どんなヘルメットでも被らないよりかは、遥かに安全性が向上します。せっかく、ヘルメットを被るわけですから、より安全性が高い製品を選びたいですよね?

 

そこで、ヘルメットが国際規格をクリアした製品であるか?も重要なポイントです。国際的安全基準CEという基準をクリアしていると十分安全性が証明されています。

この「CE」というマークが記載されている製品を選びましょう。一部、スノーボードショップなどで販売されているヘルメットで基準を満たしていない製品もあります。

この基準を記載した製品はさまざまなテストをクリアして安全性が証明されているため、安心して使用することが出来ます。

 

ヘルメットの選び方③通気性が良いこと

スキー・スノーボードは体を激しく動かすことも多いスポーツです。気象状況によっては汗をかくことも多いですよね。そのため、ヘルメットの通気性は快適に過ごすためにも見逃せない重要なポイントになります。

 

通常、スノーボード・スキー用に販売されているヘルメットにはベンチレーションシステムが導入されています。蒸れた空気を逃がすようにヘルメットがデザインされています。ヘルメットのシェルに穴が空いている部分を見つけることができますね。

ヘルメットの選び方④頭にフィットすること

快適なヘルメットを探す上で頭にフィットすることが重要ですね。頭にしっかりとフィットしないとヘルメットが不安定ない状態で滑りづらさやとにかく気になりますね。そのため、アジアン向けに販売されているヘルメットを選びましょう。

 

日本人について欧米人よりも頭の形がワイドになっています。そのため、日本人向けのヘルメットは横に幅広い形になっています。国内で流通するヘルメットであれば問題ないですが、輸入品の場合はしっかりと被ってみてフィット感を確かめたいですね。

ヘルメットの選び方⑤デザイン性

スノーボード・スキーでヘルメットはダサい!という感覚がある人もいると思います。それはヘルメットのデザイン性が関係しているかもしれません。

 

スノーボード・スキー用のヘルメットはとてもオシャレになっています。さまざまな柄やデザイン・質感・ブランドがあるため、自分のお気に入りのヘルメットを探してみましょう。それでは、おすすめのヘルメットを紹介していきます。

おすすめなスノーボード・スキー用ヘルメット

スノーボード・スキーのおすすめヘルメット

スノーボード・スキーにおすすめなヘルメットと一言にいってもザックリすぎるため、メンズ・レディース・子ども用のヘルメットに分けて紹介していきますね。メンズ・レディースは男女兼用モデルも多いです。サイズS/M/Lと分けられていることが多いです。

メンズにおすすめなヘルメット

ヘルメットを紹介する上で欠かせないブランドとしてSMITH(スミス)が上げられます。その中でもインモールド方式「Maze」、ハードシェル方式「Scout」がおすすめです。

 

どちらもカラーバリエーションが多いため人気のモデルとなっています。冬はスキー・スノーボードでも夏はスケートボードなどでも使用することができます。

インモールド方式のヘルメット

次に紹介するのは、カナダ発祥のヘルメットブランドサンドボックス。その中でも人気シリーズ「CLASSIC2.0」と「CLASSIC 2.0 LOW RIDER」がおすすめ。

 

多種多様なデザイン・カラーがあるため自分がお気に入りなヘルメットが見つかるはず!?とくに「CLASSIC2.0 MR JAGO (MATTE)」が個人的にかっこいい!

【SANDBOX】CLASSIC 2.0 SNOW ASIA FIT-MR JAGO (MATTE)-
僕がSANDBOX CLASSIC 2.0の中でおすすめするデザイン「MR JAGO (MATTE)」です!

SANDBOX CLASSIC 2.0のモデルをすべて検索できます。お気に入りなデザインを探してみましょう。

SANDBOX「CLASSIC 2.0 LOW RIDER」の全モデルを確認できます。自分が気に入るデザインを探してみましょう。

次は、bern(バーン)というヘルメット専門メーカーです。とても信頼があり使用している人も多いですね。その中でも「WATTS WINTER」「MACON」がおすすめです。

WATTS WINTERの全カラーを検索できます。お気に入りカラーを探してみましょう!

MACONの全色を確認できます。お気に入りカラーを探してみましょう。

次はBURTONの兄弟ブランドでもあるanon.(アノン)のヘルメットを見ていきましょう。数あるモデルの中でもコスパが良いのは「レイダー」、予算があるなら「ロダン」がおすすめです。

レディースにおすすめなヘルメット

サンドボックスの中でも女性向けにリリースされている「CLASSIC2.0-NIGHT GARDEN (MATTE)-」はデザインがとてもオシャレですね。性能も申し分なくおすすめなヘルメットです。

SANDBOXのヘルメットの中でも最も女性らしいさが目立つデザインとなっています。

bern(バーン)はスノーボード以外にもBMW・スケートボード・マウンテンバイクなどざまざまな競技専用のヘルメットを開発販売しているヘルメット専門ブランドです。その信頼性は世界中のユーザーから支持されていますね。その中でも「LENOX WINTER」「MUSE」が女性専門モデルとしておすすめです。

子どもにおすすめなキッズヘルメット

子供がスノーボード・スキーを始めるときにやっぱりヘルメットは必要になると感じている人が多いと思います。転倒することが基本となるため頭を守るヘルメットはとても重要なアイテムになります。子供がスノーボード・スキーを始めるときには必ずヘルメットをかぶるようにしましょう。

【SMITH】Prospect Jr.
SMITHの子供用のヘルメットです。頭部を守る大切なものですから、スノーボード・スケートボードなどする場合は着用しましょう!

CAMINOにはいろいろなデザインがあります。お子さんが気にいるデザインのCAMINOを探してみましょう。

子どもは自転車用のヘルメットでも良いの?

スノーボード・スキーのヘルメットですが自転車用のヘルメットではダメなの?という疑問があると思います。まず結果から言えばNGです。なぜ自転車用のヘルメットではダメなのか以下の3つの理由があります。

①ヘルメットの構造が違う

そもそも使用用途が異なるためにヘルメット自体の構造が違います。ヘルメットも目的に合わせて製品を設計して、素材も研究されているわけですから、専門のヘルメット利用する方が安全だといえます。ずれ落ちにくくする構造も自転車用とスノーボード・スキー用では異なります。

②防寒対策することができない

自転車用のヘルメットではダメな理由として防寒対策できないことが挙げられます。スノーボード・スキーはとても寒い環境で楽しむものですから防寒対策が必要になることもあります。そのためスノーボード・スキーヘルメットは防寒対策ができますが自転車用のヘルメットではできません。

③ゴーグル止めがなくてゴーグルを着けられない

ヘルメットと同様にスノーボード・スキーゴーグルも重要になりますが、そもそも自転車用のヘルメットではゴーグルを付けることができません。スノーボード・スキー用ヘルメットにはゴーグル止めが後頭部側にあります。

そこにゴーグルのベルトを通すことでずり落ちることを防ぐことができます。自転車用だと、そもそも止めるパーツもついていないことからつけることができません。

スノーボード・スキーヘルメットの被り方

ヘルメットを被るときに気になることもあると思います。そちらをまとめてみました!

ヘルメット着用時にニット帽は必要?

ヘルメットの重要性は理解していただけましたでしょうか?とても重要なアイテムなので着用することをおすすめします。そしてヘルメットを被るときですが、「インナー、ニット帽」は必要になるのか?とご質問がありました。このことに関してお答えします。

 

基本的にはニット帽についてはどちらでも構いません。スノーボード・スキー用ヘルメットは、それを被るだけで衝撃を緩和することができます。ただ、防寒対策や被ったときの感覚としてニット帽・インナーを使う人が多いですね。

スノーボード・スキーヘルメットの着こなし例

どうしてもスノーボード・スキーヘルメットを被ると、着こなしのことを考えてしまうという人がいるかもしれないですね。ですが、着こなしのことを気にするより自分の身を守ることの方が重要です。

 

普段のウェアに合わせるだけでOKですよ。とくに気にする人は普段のファッションで帽子と服の色合いを合わせるような感じで服装やヘルメットをチョイスすれば大丈夫!

 

一応、こちらに参考になるヘルメットの着こなし方で画像を集めてみましたのでご参考にしてくださいね。

おすすめヘルメット

スノーボード・スキーヘルメットおすすめのまとめ

この記事では、スノーボード・スキーにおすすめなへルメットを紹介しました。選び方や被り方などもまとめることで、スノーボード・スキーヘルメットについての要点を知ることができたと思います。

 

あとはしっかりと安全を考慮して滑ることでより楽しいスキー・スノーボードが楽しめますね。それでは、あなたの冬がより楽しい時間となりますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード
BURTONのビンディング一覧
FLUXのビンディング一覧
UNIONのビンディング一覧



フリーランスなスノーボーダー
まさやん
フリーランスなスノーボーダーとして年間50日以上滑走しています。中国・近畿地方の山々がホームゲレンデ!1週間単位で長野・新潟にも遠征することもよくあります。
\ Follow me /