【ゴーグル】

【DRAGON】PXVの評価や型落ちは?PXV2と違いは?スペアレンズの配色も!

DRAGONのPXV
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事では、DRAGONのゴーグル「PXV」について気になる方向けに情報をまとめています。PXVは、DRAGONの中でも最も人気があるモデルです。

たくさんのカラーバリエーション、レンズカラーの組み合わせがあるため、どれにしようか悩んでしまう人も多いと思います。

PXVの22-23シーズンのラインナップも紹介していくため、今季どのPXVにするかの参考になれば嬉しいです。またPXVについてあまり知らない方にも分かりやすくまとめてきます!

sponsored

【DRAGON】PXVの評価

DRAGONのスノーボードゴーグルはたくさん種類がありますがその中で売れ筋ランキングNo1は「PXV」です。そのためカラーバリエーションも豊富!

さらには、PXVにしか設定されていない「PanotechTMレンズ」が特徴的なゴーグルです。愛用者も多い理由はこのレンズの存在が大きいです。

PXVのPanotechTMレンズとは?

PanotechTMレンズの視野角度
PanotechTMレンズの視野角度

PanotechTMレンズとは、視野角が以上に広いレンズです。上図のように一般的なゴーグルは視野の隅にフレームの一部が入ってしまいます。慣れてしまえば問題ないですが、裸眼と比較すると視野が狭くなり死角ができます。

ですが、PanotechTMレンズは裸眼と同じように視野を確保できることから滑っていても安心して周りを見渡せることができます。スキーおよびスノーボード選手の世界クラスのフィードバックにより、今までにないゴーグルレンズに仕上がっています。

PXVのカラーバリエーション

pxvのレンズカラー

PXVには13種類のカラーバリエーションが存在しています。この中から自分の好みのゴーグルを選んでいきましょう。

STRAP DESIGNレンズ品名
ECHO SILVERLUMALENS J. RED IONH01
ECHO GOLDLUMALENS J. GOLD IONH02
ECHO SILVERLUMALENS J. GREEN IONH03
TRUE BLACKLUMALENS J. BLUESTEELH04
TRUE BLACKLUMALENS J. SILVERH05
PREMIUM BLACKLUMALENS J. RED IONH06
PREMIUM BLACKLUMALENS J. GOLD IONH07
PREMIUM WHITELUMALENS J. GREEN IOH08
CLASSIC ASHLUMALENS J. SILVER IONH09
CLASSIC LAURELLUMALENS J. SILVER IONH10
EDOLUMALENS J. GOLD IONH11
SWITCHPH LIGHT ROSEH12
BRYAN IGUCHILUMALENS J. BLUESTEELH13

各レンズの可視光線透過率については以下の表を参考にしてください。また可視光線透過率とは?と疑問に思う方は、別の記事でまとめているためそちらを参考にしてくださいね。

レンズカラーの一覧

個人的におすすめなPXVカラーバリエーションは「ECHO SILVER LUMALENS J. RED ION(H01)」「ECHO SILVERLUMALENS J. GREEN ION(H03)です。

【DRAGON】PXV(ECHO_SILVER_J.RED_ION/H01)
【DRAGON】PXV(ECHO_SILVER_J.GREEN_ION/H03)
DRAGON

PXVは曇りやすい?

PXVは曇りやすい?

PXVに関してはレンズが曇りやすい!という意見が見られますが、適正な使い方・管理をしていれば曇って困ることは殆どありません。

ゴーグルを使用したあとはしっかりと水分をふき取っていますか?

そのままケースにいれると、どうしてもレンズとレンズの間に水蒸気が入り込みます。それが寒いところで晒されると徐々に液化してレンズの曇りとし現れます。

シリカゲル(乾燥剤)などをケースに入れることでかなり改善されますから、試してくださいね~。専用ケースに入れていない、、、という方は是非ケースに入れて保存してください。

DRAGONのレンズは曇りにくい作りになっていることでも有名ですから、あとは使い方・保管方法を間違えなければ滅多なことで曇ることはありません。

PXVとPXV2の違いは?

PXVとPXV2の違い

「PXV」と「PXV2」は、スキーやスノーボーダーにとって魅力的な選択肢ですが、これら2つのモデルにはいくつかの違いがあります。

最も顕著な違いは、「PXV2」がマグネット式レンズ固定システムを採用している点です。このシステムにより、レンズの交換が迅速かつ容易に行えます。異なる天候条件や光の状態に素早く対応することができます。

一方、「PXV」モデルはマグネット式のレンズ交換システムを搭載していないため、レンズの交換は「PXV2」ほどスムーズではありません。

ただし、「PXV」は他の面で「PXV2」と同等の性能を持っており、マグネット式以外の性能的な違いはありません。

価格に関しては、「PXV2」が「PXV」よりも高価です。これは、マグネット式レンズ固定システムの採用によるものと考えられます。利用者は、迅速なレンズ交換の利便性を高く評価し、それに見合った価格を支払うことになります。

また、「PXV」はカラーバリエーションが豊富で、利用者は多くのカラーオプションから選択することができます。これにより、自分のスタイルや好みに合ったゴーグルを選ぶことができ、ファッションとしての楽しみも広がります。

総じて、どちらのモデルを選ぶかは利用者のニーズや予算に依存します。「PXV2」はレンズ交換の利便性を重視し、多少の価格上昇も許容できる利用者に適しています。

一方で、「PXV」はコストパフォーマンスを重視し、カラーバリエーションで選択の楽しさを提供したい利用者におすすめです。

特徴/モデルPXVPXV2
レンズタイプパノラマビューレンズパノラマビューレンズ
LUMALENSテクノロジーJAPAN LUMALENS通常のLUMALENS
レンズ交換システム通常スウィフトロック(マグネット式)
可視透過率45%23%
アーマードベントありあり
フレームレステクノロジーありあり
曇り止め技術スーパーアンチフォグ2.0スーパーアンチフォグ2.0
ヘルメット対応ありあり
UVカット100%100%
ボーナスレンズなしあり(LUMALENS AMBER)
マイクロファイバーソフトケースありあり
ソフトケースありあり
ボーナスステッカーありあり
まさやん
まさやん

基本的にはPXVが日本人向けに制作されているためおすすめです。カラーバリエーションも多いため人気があります。

型落ちモデルは1.8万円前後

DRAGONのPXVはとても高価なゴーグルなため、型落ちでも十分ですね!割と型落ちゴーグルも残っているため、新作をためらっている人は型落ちでお得に購入してはどうでしょうか?性能的には殆ど大差ありませんよ!

従来、平面レンズゴーグルは視野が狭くなりますが、球面レンズ並みに広い視野を確保しています。平面レンズが好きだけど視野が狭いのが難点、、、と思っているユーザーには革命的なゴーグルが登場しました!

まとめ:DRAGONのPXVの評価について

DRAGONのゴーグルモデル「PXV」と「PXV2」は、スキーヤーやスノーボーダーにとって、それぞれ異なる魅力と利便性を持っています。

「PXV」はコストパフォーマンスと多彩なカラーバリエーションで選ばれ、一方「PXV2」はレンズの迅速な交換が可能なマグネット式レンズ固定システムで、様々なライティングコンディションに迅速に対応します。

スペアレンズの配色オプションも豊富で、利用者は気分やコンディションに合わせてカスタマイズが可能です。

どちらのモデルも一定の共通点を持ちつつ、異なる特徴を持っており、利用者が自身のニーズに最も適したモデルを選ぶ手助けとなるでしょう。

最終的には、あなたのウィンタースポーツをより楽しく、快適にするための選択をすることが大切です。

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました