【ボード】

【MOSS】TOTO・BLACK・BLACK SFの3種類!評価レビューや型落ちは?

MOSSは国内発祥のスノーボードメーカーです。そのクオリティーには定評があります。さすがメイドインジャパンというだけあります。

 

さまざまなボードがありますが、その中でもオールラウンドモデルとして位置する「TOTOシリーズ」がとても人気があります。「TOTO」「TOTO SF」「TOTO BLACK」の3種類が設定されています。

 

その明確な違いってわかりますか?かなり違うので理解することで自分に合ったものを選びましょう!それでは、MOSSのTOTOシリーズを紹介していきます。

MOSSのTOTO・BLACK・BLACK SFの違いは?

MOSSにはさまざまなボードがありますが最も人気があるのは「TOTO」にないます。さらにTOTOには3種類に分かれています。

 

それぞれ特徴が異なるために、自分に合ったボードを選択する必要があります。

 

基本のシェイプやサイドカーブに関しては同じ仕様です。異なるのはソール部分のダイカット、板の構造、硬さが異なってきます。

フレックスが柔らかいが高い反発力で取り回しが良い板。グラトリユーザー、板のしなりを楽しみながら滑りたい方向け。

ノーズとテールの抜けが良い浅いサイドカーブ。ノーズとテール部分に少しだけロッカー。とても軽い抜けの良い板になっている。キッカーもなんなくこなす!

【MOSS】TOTO BLACK
TOTOよりも硬さがある板です。足元にTOTOにはない横の繊維があることで、高速ターン時に板がねじれにくいという作用がある。カービング性能が高い!

MOSS(モス)TOTOシリーズの評価

BLACK SFTOTOBLACK
グラトリ
ジブ
キッカー
ハーフパイプ
フリーラン
カービング
初心者

【TOTO BLACK SFの評価】

グラトリに最適といわれているのは「SF」になります。3つの中で最も柔らかいフレックスでディレクショナルですがとてもグラトリでも扱いやすい仕様となっています。

【TOTOの評価】

キャンバーですが、テール・ノーズ部分にロッカーが施されています。そのためターンの抜けもスムースに操作できます。

 

アイテムのアウトのときに引っかりが軽減されています。3種類のTOTOの中でも最もオールマウンテンを楽しめるスノーボードに仕上がっています。

【TOTO BLACKの評価】

MOSSのチームライダーでもある黒木誠さんが開発に大きく関わったTOTO BLACK。キャンバー形状ですが、ノーズ・テールに一部フラットがあることから踏むとノーズとテールが浮くためにパウダーも悠々滑ることができます。

 

キッカー・パイプのRにも合わせやすく抜けやすい状態で飛ぶことができます。

MOSS(モス)TOTOシリーズのユーザ―レビュー

TOTO BLACK SFはグラトリでの評判良いのが気になり、先シーズン初めて購入しました。まず履いてスケーティングした時のフィーリングでこの板は相性が良さそうだと思いました。スケーティングしてても分かるビヨンビヨンとスプリングの様な板のフレックスの感覚がとても気に入りました。フレックスは1が柔らかく10が硬いとすると、TOTO BLACK SFは3-4ぐらいのフレックスだと思います。しかしただ柔らかいだけでは無く、反発力はしっかりある扱いやすい板です。しかもスピードを出しても意外と板がバタつかず気持ち良くターンが出来る板です。自分は先シーズンこの板に乗りかなり上達しました。グラトリ上達したいならオススメの板ですね。

MOSS(モス)TOTOシリーズの型落ちは?

MOSSのTOTOはあまり型落ちを見かけることがありません。そのため型落ちでサイズを見つけることができれば購入を検討してみましょう。以下より型落ちを探すことができますよ。

【MOSS】TOTO BLACK/Old

【MOSS】TOTO BLACK SF/Old

おすすめセッティングのビンディングは?

TOTOシリーズそれぞれについておすすめするビンディングを紹介しておきます。

TOTO BLACK SF

「TOTO BLACK SF」を選ぶ人の多くがグラトリに取り組んでいると思います。グラトリ向きのビンディングはいろいろとありますが、FLUXのDSWをおすすめします。ホールド感が良くて、とても楽しく遊べるビンディングです。

TOTO

「TOTO」を選ぶ人はオールラウンドにさまざまなことに取り組まれている方が多いと思います。そこで、UNIONのFORCEを組み合わせることがおすすめです。

TOTO BLACK

「TOTO BLACK」を選び方の多くがカービングターン・高速滑走を楽しむ方が多いと思います。そこではビンディングはレスポンスが良い硬めのビンディングを選んでいきましょう!いろいろとありますが、ここではFLUXのXVをおすすめします。

まとめ

MOSS SNOWBOARDSの板はどれも高性能なモノばかりです。今回紹介したTOTOシリーズは、その中でもオールラウンドモデルとなります。フレックスや板の内部構造が異なる3種類。どれがあなたのスタイルに合っているか確認できましたか?

 

グラトリメインは「TOTO BLACK SF」、オールラウンドにいろいろ楽しみたい方は「TOTO」、カービングターンを楽しみたいか方は「TOTO BLACK」。それぞれの用途に合わせて選んでくださいね!

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /