【ボード】

パウダーボードやビンディングの選び方や種類を解説!おすすめな板や長さも!

この記事では、パウダーボードやビンディング・ブーツの選び方についてまとめています。さらにおすすめなパウダーボードについても紹介していきます。

 

スノーボード歴が長くなると非圧雪なパウダーを滑ることも増えてきますよね?中にはバックカントリーで滑走する人もいると思います。

 

そこで、この記事ではパウダーボードやビンディングについて一般的なことから僕が考えたことを解説していきます。

 

実はパウダーボードの選び方は複数のシチュエーションがあるため、一概に「コレだ!」といえないところがあります。それぞれ見ていくため、あなたが滑る場所を想像して決めれば方向性は固まります!

 

それでは、パウダーボードやビンディング・ブーツの選び方について解説していきますね!

パウダーボードやビンディングの選び方や種類!

パウダーボード

パウダーボードとは、パウダースノー(新雪や非圧雪な雪面)を滑るために特化した性能を持つスノーボードのことを言います。もちろん通常のゲレンデを滑ることができ、むしろカービングも得意とする板が多くあります。

 

そのパウダーボードやビンディングを決めるときにいくつか考え方があります。以下のシチュエーションにて適応するパウダーボード・ビンディングを選んでいくことになります。

  • サーフィンのような乗り心地を求める
  • ツリーランが好きで木が生えているエリアを滑る
  • ゲレンデの非圧雪バーンでファーストトラックを狙う
  • カービングが好きでパウダーも好き
  • バックカントリーが主戦場

パウダーボードの選び方は上記のシチュエーションによって選ぶ板やビンディングが変わってきます。

 

シチュエーションのちょっとした違いから最適なボードが大きく変わってくるため、自分に合うパウダーを滑るシチュエーションを考えてみてくださいね。

 

あくまでも僕がこれまでパウダーボードに乗ってきて考えている・感じていることをまとめていますので、参考になれば嬉しいです!

パウダーボードの長さについて

パウダーボードの長さについては、操作性・滑走性・浮力が違ってきます。このあたりは、次で紹介するシェイプも大きく影響してきます。

 

基本的に長い板は、未圧雪の浮力と圧雪斜面でのエッジのグリップを求める方におすすめです。この手のボードはSロッカー形状が多く、とても浮力がありますね。

 

短い板は、新雪面での旋回性と操作性が高いです。つまりは小回りが効かせやすくなります。

パウダーボードの種類

パウダーボードの種類については、シェイプが大きく分かれています。ダイヤモンドテール、スワローテール、ダブルピンテール、ピンテールが主に使用されていますね。

 

それぞれ乗り味が違うため好みが分かれるところです。自分が滑るシチュエーションによって選ぶシェイプも変わってきます。

ダイヤモンドテール

 

スワローテール

よく見かけるTHEパウダーボードのシェイプといえば!のスワローテールです。これは、新雪面で旋回性を向上させるために開発されています。

 

テール部分の面積が最も少ないため、あまり後ろに乗ると減速していきます。ダブルピンテールというシェイプはスワローテールの亜種と考えた方が良いでしょう。

ピンテール

ピンテールはダイヤモンドデールとは真逆の発想から開発されています。テールを長くすることで浮力を向上されています。

 

テールが沈みにくいことから抵抗が少なく、最も乗りやすいパウダーボードのシェイプということがいえます。

 

シェイプの特性としてスピードが出しやすいですが、操作性は上記2種のシェイプよりも低下してしまいます。

ゲレンデでオールラウンドに遊びたい場合はダイヤモンドテールもしくはピンテールの板がおすすめです。また、MOSSのすべてのパウダーボードはコアの一部に竹が使われている影響でとても柔らかいため圧雪バーンを滑るには向いていません。

サーフィンの乗り心地で地形を攻める

コース脇の壁や地形に吹き溜まっているパウダーに突撃するようなライディング。パウダーの壁にサーフィンのようなシュプールを描きたいという考えがある人には、ルーズな動きができるように板、ビンディングを選ぶ必要があります。

 

ボードについては、パウダーロッカー(Sロッカー)やフラットなど動きをルーズにできる板が向いていますね。

 

ビンディング・ブーツについては、体を倒し込む、押し込む動作を必要、面で雪面を捉える必要があるため、柔らかく足首の可動域が広くなる製品が相性が良いです。

サーフィン感覚で滑るアイテムの選び方

ボード:パウダーロッカーなど動きがルーズになる形状

ビンディング:柔らかく可動域が広い製品

ブーツ:足首が動く可動域が広い製品

上記のことを考慮して以下の板、ビンディング、ブーツをおすすめします!

ツリーランでガンガン攻める滑り

パウダーを滑るにもいろいろなシチュエーションがありますが、ゲレンデのコース外などは木が多く生えています。そのような木が多く茂っている人に必要な考え方は、とにかく操作性を重視した選択肢になります。

 

ツリーランは体制を崩して制御を失うと木に衝突する危険性もはらんでいます。そのため1にも2にも操作性を重視して選びます。ボードについてはパウダーボードとしては細めのシェイプでキャンバー系の形状です。

 

ビンディング・ブーツについては、パークなどフリースタイルで使用するミドルフレック程度の製品を選びます。

ツリーランを攻めるパウダーボーダーの選び方

ボード:とにかく操作性が高い板

ビンディング:ややソフト~ミディアムフレックスで可動域が広い製品

ブーツ:ミディアムフレックスで可動域が広い製品

上記のことを考慮して以下の板、ビンディング、ブーツをおすすめします!

ゲレンデの非圧雪バーンでファーストトラックを狙う!

朝市のパウダーは超絶気持ちいいですよね?その感覚が忘れられずに朝市のパウダーだけ滑って一日を終える人もいるくらいですからね。そのため、とにかくボード・ビンディングの着脱がカンタンな製品を選ぶ必要があります。

 

我先にとパウダーのファーストトラックを狙うツワモノ達が集うため、ブーツとビンディングをセットする時間というのは最小限に留めましょう。すると選択肢はステップオンしか残りません!笑

ゲレンデの非圧雪バーンでファーストトラックを狙う選び方

ボード・ビンディング・ブーツ:とにかく着脱がカンタンな製品!

上記のことを考慮して以下の板、ビンディング、ブーツをおすすめします!

【BURTON】RULER STEP ON

カービングが好きでパウダーも好き

パウダーボードに求めることは浮力があることです。そしてカービングに必要なことは圧雪バーンでもエッジが抜けないグリップ力になります。全く合間見れない条件のように思いますが、実は2つの条件を満たすボードがあります。

 

ビンディング・ボードについてはカービングやパウダーを滑ることを考慮すると、ボコボコバーンを滑れるように踏めるミディアムフレックス程度の選択肢になります。

【カービングが好きでパウダーも好きの選び方】

ボード:キャンバー系、パウダーロッカーなどで硬めの板

ビンディング:ミドルフレックでやや俊敏性がある製品

ブーツ:ミドルフレックで可動域が程よい製品

上記のことを考慮して以下の板、ビンディング、ブーツをおすすめします!

バックカントリーが主戦場

バックカントリーがメインとなる人はディープなパウダーを滑ることが前提となります。そのため、何よりも重視するべきことは板の浮力になりますね。

 

そのため、ボードのシェイプはディレクショナルでパウダーロッカーなどのロッカー形状を選ぶことになります。ノーズ部分が肥大化しているボードが最も浮力が得られやすいです。速度も高速になりがちですから板の硬さもある方が良いですね。

 

ビンディングとブーツについてはある程度は硬い製品を選ぶ必要があります。ただ、ビンディングもブーツも硬い製品で揃えると滑走時にパワーで負けて操作性がかえって低下することもあるため、自分の筋力などを考慮して硬すぎないか考えてみましょう。

【バックカントリーが主戦場の選び方】

ボード:ディレクショナルでロッカー形状(Sロッカーがベスト)。硬めの板がおすすめ。

ビンディング:硬めのビンディングが良いけど、操作性も考慮すべき。

ブーツ:ビンディングと合わせて硬すぎてパワーで負けないか考えよう。

上記のことを考慮して以下の板、ビンディング、ブーツをおすすめします!

【FLUX】TRANSFER series XF
FLUX

パウダーボードやビンディングの選び方や種類のまとめ

この記事では、パウダーボードやビンディングについて解説してきました。具体的なシチュエーションを考えて選び方も紹介してきましたね。

 

あなたが求めるパウダーを滑る状況と合わせて選び方を参考にしていただければ幸いです。各シチュエーションにておすすめ製品を挙げましたが一例に過ぎません。

 

少しでもパウダーボード選びが進展することを願っています!それでは、楽しいスノーボードライフが送れることを祈っています!

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /