【その他】

グラトリ初心者は何から練習すべき?基本トリックやコツを解説!

この記事では、グラトリ初心者は何から練習すべき?基本トリックやコツを解説しています。これからグラトリを始めようとしている人は何から練習するべきが分からないと思います。

 

この記事を読むことでグラトリの練習方法や基本トリックについてコツなども知ることができます。しっかりと基本トリックをマスターすることで上位トリックの上達する速度も違ってきます。

 

それでは、グラトリ初心者は何から練習すべき?基本トリックやコツを解説していきます。

グラトリ初心者は何から練習すべき?

グラトリ初心者は何から練習すればいい?

グラトリ初心者は何から練習するべきか?ということですが、まずはスイッチで滑れるようになってください。スイッチとは、メインスタンスとは反対で滑ることです。

 

スノーボードで滑るときには左足が進行方向、右足が進行方向、と得意な方向があると思います。それとは反対のスタンスで、ある程度は滑ることができるようになる必要があります。

 

グラトリは180°回転するトリックもあるため、このスイッチスタンスで滑ることは必須となります。少なくともターンは出来る程度には練習しておきましょう。

グラトリ初心者の練習すべき基本トリック

グラトリは基本トリックが重要になります。この基本トリックをベースになるトリックが大半ですから、基本ができていないと上位トリック取得はかなり難しいものになります。

 

グラトリに限ったことではありませんが、基本はとても重要です。参考動画として、人気スノーボードYoutuberいぐっちゃんやLATEprojectさん、ENEMYSチャンネルさんの動画を掲載しています!

オーリー・ノーリー

オーリーは、テールを弾いてジャンプするトリック、ノーリーはノーズを弾いてジャンプするトリックです。どちらも板の反発を生かして行うトリックですから、力技ではありません。重心の位置と板を弾くタイミングが大切になります。

テールプレス・ノーズプレス

テールプレス・ノーズプレスは、オーウェンやソネなどのベースとなるトリックのためしっかりと練習しておくべきトリックです。地味なように感じますが、初めたてのころはエッジがひっかかって逆エッジすることもありますよ。

 

板をプレスした状態でキープするため、硬すぎるボードだとできないこともあります。そのため、グラトリに向いている板でグラトリの練習は行いましょう。グラトリ初心者におすすめな板も紹介しています。

ノーリー180


ノーリー180は「ノーリー180」「バックサイドノーリー180」の2種類があります。通常、ノーリー180といえばフロントサイド側に回す「ノーリー180」のことを指します。

 

どちらのトリックもノーリーをきっかけとして180°回転するトリックです。コツは板を弾くときに上半身は板と平行にすることです。板を弾く時点で肩が回転方向に回っていると十分に板を弾くことができません。

オーリー180

オーリー180のコツとしては、しっかりとオーリーができることです。余裕のあるオーリーが出来ることで板を回し込む時間を稼ぐことができます。オーリーがマスターできていないのにオーリー180はできません。

バックサイド180

バックサイド180のコツは恐怖感に耐えて思い切って回ることです。どうしても進行方向が見えなくなるため、恐怖感がある人も多いと思います。ただバックサイド180は回しやすい回転のため思い切って回すと回転していきますよ。

 

これら、180回転のトリックのやり方やコツをまとめている記事もあるので参考になれば幸いです。

グラトリ初心者はレッスン受けると効率的!

グラトリは我流で続けるよりも、レッスンを受ける方がより上達速度が速まります。スキー場のスクールでグラトリのレッスンを受けられるか確認してみましょう。ですが、基本的には大半のゲレンデでグラトリレッスンは受けることができません、、、。あるところにはありますが、かなりの少数派になりますね。

 

というのも、検定試験で教えるためのライセンスを取得している人の中にはグラトリが全くできない人もいます。あくまでも検定はターンなどの基本的な板の操作や身体の使い方がどれだけうまくできているか判定するのものです(ざっくり説明)。

 

その中にグラトリという項目はありません。そのため、友達周りでグラトリが上手い人に教えてもらう方法が現実的ですね。そういう人が居ない場合は、思い切ってゲレンデでグラトリが上手い人に声をかけてみましょう(笑)割とフレンドリーな人が多いため教えてくれる人もいるかもしれませんよ!

グラトリ初心者は何から練習すべき?のまとめ

この記事では、グラトリ初心者は何から練習すべき?基本トリックやコツを解説してきました。基本トリックはどれも重要なためしっかりと練習しておきましょう。

 

上達するコツとしては出来る人に教えてもらうことが最も上達速度が速まりますね。友人周りやスノーボードコミュニティに参加して仲良くなってグラトリが上手い人に声を掛けてみましょう!

 

それでは、あなたのスノーボードライフがより良いものになりますように!

フリーランスなスノーボーダー
まさやん
フリーランスなスノーボーダーとして年間50日以上滑走しています。中国・近畿地方の山々がホームゲレンデ!1週間単位で長野・新潟にも遠征することもよくあります。
\ Follow me /