【ボード】

【FNTC】TNTは2種類「R」と「C」評価レビューや比較!折れやすいって本当?

この記事ではFNTC「TNT-R・TNT-C」についてまとめています。評価レビューも行いながら、グラトリに向いていることは言うまでもないです。

 

ほかジャンルにはどれほどの適性があるかについて見ていきましょう!TNTには「R」と「C」という2種類に分かれています。それも分けて解説していきます。

 

FNTCはFANATICから独立したグラトリ専門板ブランド。グラトリで有名な瀧澤憲一さんと山本純士さんの意見を取り入れながら開発されているグラトリ板ですね!そのため日本人向けな仕様です!

 

最近ではグラトリ板の選択肢では欠かすことが出来ない存在となりつつありますね!折れやすいとも聞きますがどうなんでしょうか?そんなFNTC「TNT」をサクッと解説すると・・・

TNTを一言で!

「TNT R」はプレスやドライブ性を重視

「TNT C」は反発性・カービングのキレ重視

さらに詳しいことは以下まとめています。3分ぐらいでサクッと読める量なのでぜひ最後までご覧ください!

【FNTC】TNTの評価レビュー

TNTの評価比較

FNTCではTNT-CとTNT-Rがリリースされています。そのため、さらに幅広い板を選ぶことが可能になりました。

 

似ているようで実は形状が異なるため乗り心地や得意なジャンルが変わります。そのため、よく両者の違いを理解しておきましょう!以下の評価基準に沿って評価していきますね。

TNT-Cの評価基準

TNT-Cの評価レビューや適正ジャンル

形状シェイプ
キャンバーツインチップ
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
初級者・中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(乗り系)
キッカーハーフパイプ
size
139cm 143cm 147cm 150cm 153cm 157cm

FNTC「TNT C」はオールマイティに性能が高い板になります。グラトリはもちろんのこと、キッカー・フリーライドに性能を求めたい方におすすめです!

 

グラトリでは、より弾き系トリックに取り組みたい方はTNT-Cを選びましょう。ノーリー700もしっかりと板の反発を受けることでメイクできます。

TNT-Cに乗っていますが、お値段以上のクオリティです。他のグラトリ専用板と比べると安価でコスパ良いですね!とくに弾き系トリックで高回転を目指している人はRよりもCの方が板の反発を受けやすいので、Cが良いですね!逆に初心者、これからグラトリに取り組む方は扱いやすさを重視するとRが個人的なおすすめです。
TNT-Cに乗り出して2シーズンですが、とても満足しています。価格面では確実に他のグラトリ板よりも安いです。そして、このクオリティであれば十分満足できます。

TNT-Rの評価レビューや適正ジャンル

形状シェイプ
ダブルキャンバーツインチップ
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
初級者・中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(乗り系)
キッカーハーフパイプ
size
139cm 143cm 147cm 150cm 153cm 157cm

FNTC「TNT R」は、従来通りグラトリの性能を重視するユーザーにおすすめです。プレスやドライブ性を求める方におすすめです。乗り系トリックも得意でオーウェンなどもとてもメイクしやすいです。

TNT-Rに乗っています。折れやすいと聞いていましたが、現在60日ほど利用していますが健在です!さすがにヘタって来てますけどね。折れる人は多分使い方が荒すぎる、というか折れるような状態で負担が掛かっているんだと思いますよー!グラトリしている以上、上手に使わないと板は折れることは普通ですね!
TNT-Rを使用。グラトリを強化したいため購入。グラトリの1~6までのレベルには容易に到達することができたが、それ以上のレベルに挑戦した際に物足りなさを感じてしまった。来シーズンは別の板を購入予定。初心者がグラトリを始めるのには十分適した板だと感じた。
TNT-Rを使用しています。友人に板を貸すと全員が軽いと口を揃えるほどに軽さを感じていました。ドライブ系の技はしやすく上達が早かったがノーリー720に挑戦したが壁を越えることができませんでした。自分のレベルによるものが大きいと思いますが、YouTubeやInstagramでTNTR使用者が720を回っているところを見たことがないため高回転ならTNT-Cが良いと感じています。

FNTCにはTNTシリーズの上のカテゴリーとして「CAT」「SoT」もあるため、TNT-C・Rで満足できそうにな方は知っておくと板選びの幅が広がりますよ。

 

他の記事ではメーカー問わずグラトリにおすすめな板を紹介していますので、参考になれば幸いです。

【FNTC】TNTのテクノロジー

FNTC-TNTのテクノロジー

FNTC「TNT」には、さまざまな技術・素材が使用されています。そのあたりをまとてめています。それを知ることで板の特徴がより分かってきますよ!

HONEYCOMB 70 CORE
ハニカムコアを使用しないコアと比べ、コアウェイトの軽減率は約35%!

DEGRESSIVE SIDECUT
両先端に向けて半径を変化させているのが特徴のサイドカーブです。ハイスピード時の正確さと安定感、角付けの強弱もスムーズで最高の乗り味を演出します。

FLEXY TIPS
強度を損なうことなく、最も効果的に重さを抑える最良の位置。

SL CORE
SL Coreポプラ材とハニカムの組み合わせにより安定感と、レスポンスの良い乗り味、そして軽量化に成功したコアです。ABSで挟み込むことによって強度を高めています。

ABS SIDEWALL
30°にカットされたABSサイドウォールが正確なパワー伝達、バタつき感の解消、そして衝撃吸収を高次元のバランスで保ちます。

BIAX FIBRE
Biax Fibreは、バランスの良いフレックスとトーションで、容易なボードコントロールとリラックスしたライディングが特徴です。

難しいボードのシステムですが、FANTCのスノーボードについてはハニカム構造を採用している点を理解できればOK!その効果として、板の軽量化、グラトリでは板の回し込みスピード(スイングスピード)が速くなります。

【FNTC】TNT-C/RのSNSの声

【TNT-R総括】

TNT-Rはよりエッジかかり軽減することができるというダブルキャンバーの性質上乗り系トリックが行いやすくなっています。雪面ではダブルキャンバー形状になっているため、とてもドライブさせやすいことがいえます。

 

グラトリ初心者にも扱いやすく軽くおすすめすることができます。これからグラトリに本格的に取り組むならCよりもRを選ぶ方が無難な選択となります。ただ、どちらも使いやすいため、その違いに気づくことができるかは別問題です!

 

【TNT-C総括】

TNT-Cはキャンバーのため弾き型トリックが行いやすなっています。高回転なららTNT-Cが良いです。またしっかりとしたエッジングも可能のためフリーラン・キッカーも楽しむことができます。

 

グラトリでは上級者の板だと点のタイミングでしなりを使わないといけません(点で捉えないと硬く感じる)。TNT-Cについては、その捉えるべきタイミングの時間の幅が広いです(←日本語して変ですがw)。

 

以下、RとCの比較するべき違いになります。

TNT-RTNT-C
形状ダブルキャンバーキャンバー
弾き系トリック
乗り系トリック
キッカー
ジブ

【FNTC】TNTは「R」「C」は折れやすいのか?

板が折れてしまう場合にはいくつかのパターンがあると思います。

  • 経年劣化
  • 過度な負担がかかったとき
  • アイテムなどにぶつけたとき

ボードも消耗品ですから、年数や使用回数が増えていくとボードは傷んでいきます。そのため、使用頻度が多いと折れることはあります。

 

とくに、グラトリのような過度にスノーボードに負担が掛かりやすジャンルは板が折れるリスクがそもそも高いです。

 

TNTが折れやすいのではなくて、グラトリは板が折れやすいジャンルだということを理解しておく必要があると思います。

 

FNTCの板を利用する人の大半がグラトリしていますから、自然と折れるという声を耳にするだけでしょう。FNTCが特別折れやすいわけではありません。

【FNTC】TNT-RとCの型落ち

FNTCのTNTは型落ちだとかなりお得な価格になっています。型落ちといっても性能が違う板のように変わることはないので、安心して購入することができますね。

 

以下、安く買うことができるショップを挙げていますので参考にしてください。サイズがあればラッキー!

【FNTC】TNT-R/Cに合わせるビンディング

板については分かった!TNTを購入したいけど、どんなビンディングを合わせると良いのか知りたいという人も少なくないと思います。TNTの特徴から以下のビンディングをおすすめ候補をいくつか挙げてみました。

【FLUX】FLAT ROCKER series FF

FLUXのビンディングで最も柔らかいNewモデル「FF」は初心者、乗り系トリックメインの方に特におすすめできます。つまりはTNT-Rと相性が良いですね。詳細は「【FLUX】FF(FreeFoot)の評価や予約先は?特徴や新素材について!」をご確認ください。

FLUXで定番ビンディング「DS」ですが、程よいフレックスでグラトリにもおすすめです。とくにTNT-Cとセットアップすると良いでしょう。詳細については「【FLUX】DSの評価レビューや型落ちは?最も人気なビンディング!

FLITE PROについては、TNT-R・Cともにセットアップとしておすすめします。詳しく知りたい方は「【UNION】フライトプロの評価はグラトリや初心者向き!型落ちがお買い得!」を参考にしてください。

【FNTC】TNTは2種類「R」と「C」評価レビューのまとめ

この記事ではFNTC「TNT」についてまとめました!ほかの記事でもFNTCのスノーボードを取り上げていますので、参考になれば幸いです(^^)

 

別の記事では、FNTCとファナテックを比較して検討するべき板を挙げています。興味があればぜひお読みくださいね。

 

それではあたなのスノーボードライフがより良いものになりますように!

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /