【ジャンル】

スノーボードのキッカー向きの板おすすめ10選【2022-23】選び方も解説

ゲレンデに行くと大きなジャンプ台(キッカー)を飛んでいるカッコいい人たちがいますよね?初心者からすると憧れの眼差しで見ている人も多いと思います。

 

ただ、本当に危ないので初心者がいきなり挑戦することはやめておきましょう。それは良いとして、初心者からジャンプアップして滑れるようになったし、そろそろキッカーにも挑戦したい!という方もいると思います。

 

もちろん、キッカーを飛ぶには初心者のときに使っていた板を使うことは避けた法が良いでしょう。

 

この記事では、キッカーに向いている板を紹介していくことで、あなたに合った板が分かるように選び方も解説していきます。それでは早速見ていきましょう!


キッカー向きのスノーボードの選び方

キッカー向きの板を選んでいくには、ポイントは2つあります。それは「形状」「フレックス(硬さ)」です。それでは順に見ていきましょう!

キッカー向きの形状とは?

まず、形状とはボードを置いて真横から見た時の反りのことを言います。この形状によってボードの性能が大きく変わってきます。キッカー向きの形状としては以下、解説していく3種類が適正です。

キャンバー

キッカーにおいて基本となるのがキャンバー形状です。個人的にも、まずはキャンバー形状のボードを検討することが多いです。

 

このキャンバー形状はキッカーを抜けるときオーリーをかけやすい、板の反発を受けて高いエアーをメイクできるメリットがあります。

 

また、しっかりと雪面を掴むことができるため、アプローチのラインも安定させやすいです。ランディングでもしっかりと雪面をグリップしてくれます。

 

ただ、しっかりと雪面を捉えるが故にスピンをするときにエッジがかかり過ぎでバランスを崩すケースもあります。

ダブルキャンバー

ダブルキャンバーは、フライングV、ガルウィングなど呼ばれることもあります。メーカーによって呼び方が変わる場合もあります。

 

特徴としては、キャンバーのグリップ力とロッカーのルーズさを兼ね揃えている形状です。ロッカーのルーズさがあるためにスピン時の抜けの良さはキャンバーより良いですね。

 

ガッチリとリップで抜けてメイクするにはキャンバーですが、キッカーの抜けに不安がある場合はダブルキャンバーや次のハイブリッドキャンバーを検討するべきです。

 

最近だと、トッププロもダブルキャンバー形状を使用している方が多いです。ちなみに、トラビスライスはBURTONのPROCCESというフライングV形状の板を使用しています。

【BURTON】PROCESSの評価レビューやスペックは?マークマクモリス使用!BURTON(バートン)はスノーボードのパイオニアです。スノーボードのすべてはこのBURTONより始まりました。このブランドがなければス...

ハイブリットキャンバー

ハイブリッドキャンバーにはさまざまな形状があります。メーカーによっても異なります。キャンバーよりもルーズさが増しています。そのため、キャンバーより操作性は高いです。雪面のグリップ力という面では若干劣る部分がありますね。

 

アプローチ時にバーンが荒れていると思ったようなアプローチが取れない場合も考えられます。使用感としては、キャンバーと大差ないことが多いです。

 

今では、ハイブリッドキャンバーのボードが多いためキッカーの板を探すときには候補に入る形状になります。

結局はどの形状がおすすめなの?

キャンバーダブルキャンバーハイブリッド
アプローチ
オーリー
抜け(ストレート)
抜け(スピン)
着地

個人的見解で評価の方をしてみました!そのため少々主観が入り気味ですがご了承ください。

 

とはいえ、このように差を感じれるようないなるには相当キッカーでトレーニングしている方かと思います。これから始める方にはそれほど気にするレベルではないのは確かです。

 

個人的には、キッカーを始める、始めたばかりの方はストレートエアーをしっかりと練習していきます。いきなりスピン系トリックはできないですからね。

 

そういったことでも「キャンバー」を最もおすすめしています!それぞれ一長一短あるので、どういった考えで板を選ぶか考えてみましょう。

キッカー向きのボードの硬さは?

フレックスとは板の硬さのことを指します。キッカーにおけるフレックスはミディアムからハードフレックスになります。基本的にはミディアム~ややハードくらいで良いですよ。

 

この硬さの幅で自分がしっかりとオーリーできるフレックスを選ぶのが良いです。最後に紹介しているボードはフレックスを「1(柔らかい)~10(硬い)段階」で記していきま。

キッカー向きのスノーボードの長さは?

キッカーをメインとしてボードを選ぶ時の長さですが、標準的な長さで問題ありません。その長さとは身長よりも15㎝から20㎝くらい短い板です。さらに詳しいことは、スノーボードの選び方を参考にしてください。

おすすめのキッカー向きの板は?

キッカー向きの板

それではキッカー向きの板を紹介していきます!いろいろなメーカーを取り上げてみました!

【ALLIAN】PRISM

  • 形状:キャンバー(6mm)
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(5)

ALLIANの中でも特にキッカーに向いている板です。僕が思うキッカーに向ている板の要素をすべて満たしているボードです。全体的にバランスが取れている板でオールマイティにこなせます。

【ALLIAN】PRISM(プリズム)評価レビューやスペックは?ltdとinvisibleの違いも!この記事はALLIANのPRISMについてまとめています。スペックから実際使用して板を評価しています。感想も掲載していますので、板選びの参考になれば幸いです。ALLIANのPRISMをより知ってみましょう!...

【RIDE】BURNOUT

  • 形状:ハイブリットキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(6)

RIDEのBURNOUT(バーンアウト)は、キッカーにも向いていますが、ハーフパイプもガンガン攻めることができます。飛び系に強いため、キッカーメインでも使うことができます。仕様としては初級者からでも問題なく扱うことができますね!

【RIDE】BURNOUTの評価レビュー!おすすめジャンルは?この記事ではRIDE「BURNOUT(バーンアウト)」についてまとめています。評価レビューも行いながら、解説していきます。RIDEといえ...

【DEATH LABEL】DEATH SERIES

  • 形状:キャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(6)

DEATH LABELの中でもキッカー向きになるDEATH SERIESです。この板は、中上級者向けのため、初心者・初級者レベルでは使わない方が良いですね。扱いが難しいので滑り慣れている人にしかおすすめできません。

 

キッカー、フリーランそしてハーフパイプに向いている構造になっています。しっかりとターンやエッジコントロールができるという方にはおすすめします!

【DEATH LABEL】DEATH SERIESとLTD2の評価レビューや硬さについてこの記事ではDEATH LABELの「DEATH SERIES」「DEATH SERIES LTD2」についてまとめています。どちらの板...

【DC SHOE】PLY

  • 形状:ハイブリットキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(5)

DC SHOEのPLYですが、特徴的なのはジブとキッカーにとてもセグメントした板です。要するにスロープスタイルのために作成されたとでもいう感じでしょう。

 

ハイブリットキャンバーと表記はしていますが、かなり複雑な構造となっているため、、割愛させてください!ただ、普通のハイブリットキャンバーとは違います。

 

「スケートボードに似たライディング」ということを言っているだけあって、その通りの言葉ですね。価格帯もDC SHOEの中でも割と検討していも良いレベルです。

【GBP】TRADITIONAL CAMBER

  • 形状:キャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(4)

GBPのTRADITIONAL CAMBERですが、キッカー、グラトリでも弾き系におすすめする板です。マニアックな方が使っているブランドのため生産数も少ないですね。板が被りたくない!という方はぜひ!

【SALOMON】HUCK KNIFE

  • 形状:キャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(4)

SALOMONの中でも最もHUCK KNIFEが初心者・初級者が選ぶ飛び板には向いています。オーソドックスなシェイプでキャンバー。フレックスが若干ソフトということで、扱いやすさが良いですね!キッカー初心者におすすです!

【SALOMON】HUCK KNIFEとPROの評価はパーク・フリースタイルボード!SALOMONの中でもHUCK KNIFEという板についてスペックやレビューをまとめています。SALOMONは板の本当にたくさんの種類が...

【NOVEMBER】KJ

  • 形状:キャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(6)

NOVEMBERの中でもKJ(ケージェイ)が初級者以上の仕様ですね。若干硬さがありますが、それほど気になるところではありません。フリーランからハーフパイプまでこなすことができるオールラウンドボードでもあります。

[char no=”5″ char=”管理人”]予算があるならKJは結構おすすめです![/char]
【NOVEMBER】KJの評価レビューや特徴は?この記事ではNOVEMBER「KJ」についてまとめています。KJの評価を表にして分かりやすくまとめました。スノーボードのジャンル適正も分...

【NOVEMBER】ARTISTE

  • 形状:キャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:ミディアム(4)

NOVEMBERの中でも初心者が始めて買う板としてもおすすめできます。そのため、キッカーでもストレートジャンプレベルであれば十分対応が可能です。KJで板の硬さが気になる方は、ARTISTEという選択肢になります。

アーティストの評価
【NOVEMBER】ARTISTEの評価やユーザーレビューは?型落ちや特徴も!この記事ではNOVEMBER「ARTISTE(アーティスト)」についてまとめています。ARTISTEの評価を表にして分かりやすくまとめま...

【ROME】NATIONAL

  • 形状:ハイブリットキャンバー
  • シェイプ:ディレクショナルツイン
  • フレックス:ミディアム(6)

ROME SDSのNATIONAL(ナショナル)は、初心者から卒業して初級者として上達を目指すにも向ている板です。キッカー向きの板としては珍しくディレクショナルツインというシェイプをしていますね。

 

フリーラン・ワンメイク(キッカー)が最も板の性能を発揮します。もちろんオールマイティにも十分利用できる仕様となっています。

【BURTON】PROCESS

  • 形状:キャンバーとダブルキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:5(ミディアム)

マーク・マクモリスが使用しているモデルとしても有名なPROCESS。キャンバーとダブルキャンバーの2種類を展開しているため、これまで紹介したことを参考にどちらの形状にすれば良いか選ぶと良いと思います。

【BURTON】PROCESSの評価レビューやスペックは?マークマクモリス使用!BURTON(バートン)はスノーボードのパイオニアです。スノーボードのすべてはこのBURTONより始まりました。このブランドがなければス...

まとめ

この記事では、キッカー向きの板ということで選び方から具体的におすすめする製品を紹介していきました。

 

判断基準はメーカーのホームページなどで性能・仕様を確認しつつレビューを見てから判断していますので、あながち外れてない?と思います(笑)

 

これでないとダメだ!ということはありませんので、もちろん参考程度になれば幸いです。

キッカーにおすすめなビンディング
スノーボードのキッカー向きのビンディングおすすめ10選【2022-23】スノーボードには、いろいろとジャンルがあります。その中でも憧れるのはキッカー(ワンメイク)ですよね?最近はワンメイクとも言います。 ...
スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード