【ボード】

【BURTON】Free Thinkerの評価はダニー・デービス愛用モデルでパーク向け!

この記事ではBURTON「Free Thinker(フリーシンカー)」の板についてスペックや評価をまとめています。

 

BURTONにはさまざまな板がありますが、フリーシンカーはとてもパーク向きなオールラウンドボードです。

 

ここでは、BURTON「Free Thinker(フリーシンカー)」の板について特徴をまとめて、ジャンルごとの適正も紹介します。

 

他の記事でBURTONのスノーボードの板を全てまとめて紹介している記事もあるので、どんなボードがあるかざっくりと知りたい方はご覧ください。


【BURTON】Free Thinkerのスペック

形状キャンバー
シェイプツインチップ
硬さ7(硬め)
レベル初心者から上級者
サイズ展開150,154,157,160,157W,160W

BURTON「Free Thinker」はオーソドックスなキャンバーのオールラウンドボードです。とくにダニー・デービス愛用していることを考えるとパーク・ハーフパイプなどハードな種目で十分通じることが分かります。

【BURTON】Free Thinkerのジャンルごとの評価

フリーラン
パウダー
カービング
ジブ
グラトリ(弾き系)
グラトリ(バター系)
ラントリ
キッカー
ハーフパイプ

【BURTON】Free Thinkerにおすすめなビンディング

Free Thinkerの板の特徴や適性ジャンルを考えると硬めで俊敏性が高いビンディングを合わせると、より板の性能を発揮することができます。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

まとめ

この記事では、BURTONのFree Thinkerについてまとめました。パウダーに特化したボードだということが分かりましたね。

その他にも「CUSTOM」「CUSTOM X」「PROCESS」も似た特徴を持っているので比較検討されると良いかもしれません。

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード