【ボード】

【BURTON】Cartographer(カートグラファー)の特徴や評価は?

この記事ではBURTON「Cartographer(カートグラファー)」の板についてスペックや評価をまとめています。

 

BURTONにはさまざまな板がありますが、カートグラファーは
ここでは、BURTON「Cartographer(カートグラファー)」の板について特徴をまとめて、ジャンルごとの適正も紹介します。

【BURTON】Cartographerのスペック

形状キャンバー
シェイプツインチップ
硬さ5(普通)
レベル中級者以上
サイズ展開149,154,159,162

BURTON「Cartographer」は安定性と浮力を兼ね備え、パウダーでもプレイフルなパワーとレスポンスを保持しているボードです。

ビックマウンテンでの安定性とオールマウンテンでの操作性を兼ね備えているだけでなく、さまざまな地形が入り組んだコンディションでも安定した性能を発揮します。ビックランディングも可能ですね。

【BURTON】Cartographerのジャンルごとの評価

フリーラン
パウダー
カービング
ジブ
グラトリ(弾き系)
グラトリ(バター系)
ラントリ
キッカー
ハーフパイプ

【BURTON】Cartographerにおすすめなビンディング

Cartographerの板の特徴や適性ジャンルを考えると柔らかめで扱いやすいビンディングを合わせるとより板の性能を発揮することができます。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

【BURTON】Cartographerの評価やスペックのまとめ

この記事では、BURTONのCartographerについてまとめました。オールラウンダーなボードですが、パウダーやフリーランが得意なボードだと分かりました。それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード