【ボード】

【BURTON】CUSTOMの評価と特徴は?レビュー詳細やスペックも!

BURTONの中でもCustomという板についてスペックやレビューをまとめています。BURTONは板の種類がたくさんあるので選ぶのが大変ですよね。

 

ざっと細かく分けるとメンズで20種類以上はあるので(笑)この記事ではCustomがどんな板なのが理解を深めることができます。

Customの評価やスペックについて見ていきましょう!ちなみにBURTONには「Custom」「Custom X」「Custom Twin」これら別の板になるので混同しないように注意してくださいね。ちなみに「CUSTOM」は平野歩夢選手が使用するモデルです。

記事の内容
  • Customのスペックや評価
  • Customに乗るべき人
  • Customのセットアップ(ビンディング・ブーツ)

他の記事でBURTONのスノーボードの板を全てまとめて紹介している記事もあるので、どんなボードがあるかざっくりと知りたい方はご覧ください。


【BURTON】Customのスペック

サイズ150154156158162154W158W162W166W170W
推奨体重54-82 kg54-82 kg68-91 kg68-91 kg82-118 kg+54-82 kg68-91 kg82-118 kg+82-118 kg+82-118 kg+
ウエスト幅248mm250mm252mm254mm256mm258mm262mm264mm266mm270mm
セットバック-12.5-12.5-12.5-12.5-12.5-12.5-12.5-12.5-12.5-12.5
バインディングMM/LM/LM/LLLLLLL
ニングレングス1085mm1125mm1145mm1165mm1205mm1125mm1165mm1205mm1245mm1285mm
サイドカット半径7.4m7.6m7.8m7.9m8.2m7.6m7.9m8.2m8.4m8.7m
サイドカット深度20.0mm20.8mm21.1mm21.5mm22.2mm20.8mm21.5mm22.2mm23.0mm23.7mm
推奨スタンス505mm530mm530mm560mm560mm530mm560mm560mm560mm560mm
ノーズ288.1mm291.5mm294.3mm297.0mm300.5mm299.5mm305.0mm308.5mm312.0mm317.4mm
テール288.1mm291.5mm294.3mm297.0mm300.5mm299.5mm305.0mm308.5mm312.0mm317.4mm
有効エッジ1135mm1175mm1195mm1215mm1255mm1175mm1215mm1255mm1295mm1335mm

Customのベント①CAMBERとFryingV

BURTON「CUSTOM」には2種類のベントがあります。しっかりとより雪面にエッジングできるキャンバー、より高回転をスピン時に安定感を求めるFlying V。

キャンバー

キャンバーは、パワフルなターンやポップ、正確性など、スノーボード本来の性能を備えています。反発力に優れたサスペンションのように作用し、ボードに対し均等にウェイトをかけることで、ノーズからテールまでスムーズかつ連続したエッジコントロールを可能にします。

Flying V

Flying Vのベンドは、両足の間と両外側にロッカー形状を持つことで浮力とルーズな遊びやすさをもたらし、両足下のキャンバー形状が正確なエッジコントロールを可能にし、切れ味鋭いスナップ、高いポップ感、パワフルなターンを生み出します。

Customのシェイプ②DIRECTIONAL

昔ながらのスノーボードシェイプ。ノーズが若干長めで、短めに設計されたテールには強い反発力が秘められています。高い浮力と地形や雪質を問わないオールラウンドな適応力が持ち味です。

Customのコア③スーパーフライⅡ™

キャンバー

700gコア反発力と強度のアップ、ウェイト削減のため、コアの特定エリアに強くて軽いウッドを使用しています。

Flying V

インパクトゾーンにウッドの木口を使うことで、強度を損なわずに軽量化を実現するDragonfly 600gコア

Customのエッジ④デュアルゾーン™ EGD™

トウ&ヒールエッジ沿いの木目をウッドコアに対して垂直に走らせ、正確なエッジグリップと耐久性を実現します。

Customのグラスファイバー⑤カーボンハイライト45°

カーボンハイライトはファイバーグラスの各層を最適化します。ノーズからテールにかけてカーボンレイヤーをプラスすることで重量を軽減し、さらにトーションのフィールを微調整することで異なるライディング特性を生み出します。

60°の角度でファイバーグラスを配列することで操作性と自由度を向上させ、45°の角度でファイバーグラスを配列することでレスポンスを高めます。

ハイボルテージ搭載モデルではさらなるカーボンレイヤーを追加し、より一層の反発力と軽量化を実現します。

BURTON Customの評価

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

グラトリジブキッカー
ハーフパイプフリーランカービング
ビギナーパウダーオールラウンド

Customは中上級者のオールラウンドに遊べる板を探している方におすすめです!

BURTON Customのレビュー

BURTONの板の中でも代名詞ともいえるCUSTOM。1996年から常に毎年改良を重ねてリリースしているため、とても多くのファンがいるモデルでもありますね。とてもオールラウンドに遊べて汎用性が高いです。

どのジャンルでもある程度の性能を発揮できます。パークでは安定したアプローチ、ランディングをサポートしてくれます。オールマイティボードですから、フリーランでも遊びやすくパスダーでも機能します。

レベルの高いオールラウンドボードを探しているなら、ぜひ候補として加えてくださいね!

BURTON Customの価格について

Customの定価は「82,000円(税別)」です。

BURTONのCustomは人気モデルのため生産数量は多めです。そのためシーズンオフになると必ず型落ちを見かけます。定価よりもかなりお値打ち価格になっているため、最新モデルという強いこだわりがないなら、充分過ぎますね!

セットアップにおすすめなビンディングとブーツ

BURTONですからセットアップのビンディングとブーツは同じBURTONから選ぶ方が無難ですね。数ある中でも以下の製品をおすすめします。

まとめ

この記事では、BURTON「CUSTOM」についてまとめました。オールラウンドなボードで得意にキッカー・ハーフパイプというハードな種目でも使用されている板だということが分かりましたね。

その他にはBURTONには「Custom X」という上位グレードがあるため、比較検討されると良いですね。

以上、BURTONのCustomについてまとめました!

 

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード