【ボード】

【RICE28】leverageの評価はレベチなグラトリ専門ボード!いぐっちゃんが0から設計!

leverageの評価
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

RICE28は1995年よりスタートした国産ブランドです。当時は日本でスノーボードはマイナーなスポーツでしたが、日本人に合わせた日本人のためのスノーボード作りを行っています。

クオリティは言うまでもなく、各方面から高い評価を受けています。ブランドの特徴としては、グラトリに対してとても適正が高いボードがリリースされています。

今回は、その中でもRICE28「leverage(レバレッジ)」について取り上げていきます。他の記事でRICE28にはさまざまなスノーボードを紹介しているため、気になる方はご確認ください。

sponsored

【RICE28】leverageのスペック

対象メンズ・レディース
形状ハイブリッドキャンバー
(CA1・可変)
シェイプツインチップ
硬さ(Max10)3(柔らかい)
レベル初級者から上級者
サイズ展開137,140,143,148,151,154

CA1 Camber (ハイブリッドキャンバー)

leverageにはCA1 Camberというキャンバー形状が採用されています。これは、ボードの中心にわずかな逆キャンバーを持ち、ノーズとテールにかけて正のキャンバーを組み合わせることで、力の伝達を最適化し、安定性を向上させる設計です。

このハイブリッドキャンバーは、プレッシャーを均等に分散させることでライディング時のコントロールを容易にし、エッジグリップを強化します。

フレックスバランス

ボードには2つの異なるフレックスパターンが示されており、各モデルでノーズ、センター、テールのフレックスが微妙に異なります。これにより、ボードの曲がり方や、どのように力を伝達するかが変わってきます。

一つはトータルフレックスが44%、もう一つは38%となっており、よりソフトなフレックスはマニューバビリティを、硬めのフレックスはスピードと安定性を求めるライダーに適しています。

コアマテリアル

コアの構成は、複数の木材の層が交互に配置されていることが示されています。異なる硬さと反発性を持つ木材を組み合わせることで、ボードの耐久性、フレックス、反発力のバランスを取っています。これにより、ボードはしなやかで反応性が高く、さまざまな雪面で安定したライディングを実現します。

ライディングスピード & トーション

レバレッジは「2〜6」のスピードレーティングを持ち、「fast」と表示されており、ボードが高速でのライディングに対応していることを示しています。

また、トーションレーティングは「soft 3」となっており、足元の微妙な動きに対するボードの反応がソフトであることを意味します。

これはトリックや複雑な地形でのライディングにおいて有利な特性です。

【RICE28】leverageのジャンル適正評価

leverageのジャンル適正評価

適応ジャンル:グラトリ

グラトリ(弾き系)
グラトリ(乗り系)
ラントリ
軽さ
カービング
キッカー(小~中)
キッカー(中~大)
ジブ
パウダー

グラトリ

  • フルツイン形状:ボードの前後が同じ形状であることは、グラトリの動きにおいて前進方向と後進方向の違いを感じさせません。これにより、スイッチスタンス(逆足先行)でのトリックも通常のスタンスと同じ感覚で行うことができます。
  • ハイブリッドキャンバー:leverageに採用されているCA1キャンバーは、安定感を保ちながらもボードの中央で良好なフレックスを提供するため、プレスやバタートリック時のコントロールが向上します。
  • ソフトトーションフレックス:「soft 3」とされるトーションフレックスは、ボードの捻りが容易であることを意味し、足の小さな動きでボードを曲げたり、ひねったりするグラトリに最適です。

フリースタイル

  • フルツイン形状により、前後方向が同じであり、スイッチ(逆足先行)ライディングを含むフリースタイルのトリックにおいてバランスの取れたパフォーマンスを提供します。
  • ハイブリッドキャンバーはポップ感と安定性を与え、ジャンプやレール、ボックスでのトリック実行時にエッジグリップと反発力を提供します。

パークライディング

  • leverageは「fast」と評価されていることから、パークのジャンプラインやハーフパイプでのスピードが必要なトリックにおいて、安定感を保ちつつ、必要な反応性を維持します。
  • ソフトなトーションフレックスは、パーク内のレールやボックスなどのジブ(滑走技)フィーチャーで足元のコントロールを容易にします。

【RICE28】leverageに合わせるビンディング

「RICE28 leverage」スノーボードに合わせるビンディングを選ぶ際には、そのボードのテクニカルな特性とライディングスタイルを考慮する必要があります。

leverageはハイブリッドキャンバーでフレキシブルな特性を持ち、フリースタイルやグラトリ、オールマウンテンに適しています。

これに基づいて、以下のような特徴を持つビンディングが適合します。

中程度のフレックス:しっかりとした反応性が求められる一方で、フレキシブルなトリック実行のためにある程度の柔軟性も必要です。そのため、ミディアムフレックスのビンディングが適しています。

快適なフィット感とサポート:ライディング中の足の動きに応じて、適切なクッション性とサポートがあるビンディングを選びます。特にグラトリのような動きでは、足首の動きを制限しすぎないモデルが好まれます。

調整可能性とカスタマイズ性:ストラップやハイバックの微調整が可能で、ライダーの好みに合わせてパーソナライズできるビンディングが望ましいです。

以下は、これらの条件にマッチするおすすめなビンディングを挙げていきます。

【BURTON】Malavita

  • 相性: Malavitaはフリースタイルとパークライディングに強いビンディングです。leverageのハイブリッドキャンバーと組み合わせることで、高いパフォーマンスとコントロール性を発揮します。特に、ジャンプやレールなどのトリックにおいて、そのミディアムフレックスが安定したランディングと適切なフレックスを提供します。
  • フレックスと反応性: Malavitaのフレックスはleverageのソフトトーションフレックスとバランスが取れており、グラトリや小回りが必要な場面でのコントロールを向上させます。

【UNION】CONTACT PRO

  • 相性: Contact Proは特にフリースタイルに特化しており、軽量であることがleverageの動きやすさを強化します。足の自然な動きをサポートする設計は、leverageの柔軟性を生かしたフラットトリックやグラウンドマニューバでの使いやすさを向上させます。
  • カスタマイズ性: ライダーがビンディングの微調整を行えるため、leverageのフレックスパターンに応じて最適なライディングスタイルを見つけやすくなります。

【ROME】Vice

  • 相性: Viceはカスタマイズ性に富んでおり、ミディアムフレックスがオールラウンドな性能を提供します。leverageのようなボードに合わせることで、オールマウンテンでのライディングからパークまでの多様なライディングスタイルに対応し、ボードのポテンシャルを引き出します。
  • 汎用性: オールマウンテンビンディングとして、様々な地形に適応するleverageの特性を強化し、ボードのミディアムフレックスと相まって、快適なライディングを保証します。

【NOW】IPO

  • 相性: IPOのキングピン設計は、エッジへの力の伝達を改善し、leverageのハイブリッドキャンバーと合わせて、精密なエッジコントロールを可能にします。特に、高速でのカービングやシャープなターンが求められる場面で、レバレッジとの相性が良いです。
  • ダイナミズム: NOWのキングピンテクノロジーは、ボードの動きに対して直接的な反応を与え、leverageのトーションフレックスと相まって、トリックや小回りにおいてダイナミックなライディングをサポートします。

これらのビンディングはいずれも、leverageのボード特性を最大限に活用し、ライダーに快適さとパフォーマンスのバランスを提供するよう設計されています。

そのため、どのビンディングを選ぶかはライダーの個人的な好み、ライディングスタイル、そして特定のライディング環境によって左右されます。

【RICE28】leverageに合わせるブーツ

leverageのスノーボードに合わせるブーツを選ぶ際は、ボードのミディアムからソフトなフレックスとハイブリッドキャンバーの特性を補完するモデルを考える必要があります。

フリースタイルやオールマウンテンに適したボードであるleverageは、グラトリやパークライディングにも適しているため、快適性、適度なサポート、そして良好なフィールを提供するブーツが理想的です。

【BURTON】PHOTON

高いパフォーマンスと快適さを求めるライダーにおすすめのブーツで、Boa®クロージャーシステムにより、正確なフィット調整が可能です。ミディアムからハードのフレックスは、レバレッジのような多目的ボードでのアグレッシブなライディングに最適です。

【DC】JUDGE

パワフルなサポートと応答性を提供するために設計されたブーツで、ミディアムフレックスはフリースタイルの動きにも柔軟に対応します。Dual Boa®システムで足全体のフィット感を簡単にカスタマイズできます。

【K2】Haven

レディース用ブーツで、Boa®フィットシステムを採用し、ミディアムフレックスで日常的なライディングからパフォーマンス指向のセッションまでこなせます。leverageの多用途性をサポートする設計です。

【SALOMON】KIANA

ミディアムフレックスを持つブーツで、カスタムフィットが可能。多様なライディングスタイルに対応し、パークやフリースタイルのセッションでも快適に過ごせます。

これらのブーツはそれぞれ異なる特徴を持ちますが、共通しているのは「RICE28 leverage」スノーボードと組み合わせた際に、良好なパフォーマンスを発揮するための設計が施されている点です。

最終的な選択は、ライダーの好み、足の形状、ライディングスタイル、および予算によって決まります。適切なブーツの選び方をまとめた記事もあるため参考になれば幸いです。

まとめ:RICE28「leverage」の評価について

この記事ではleverageを紹介しました。グラトリ性能が高いボードだということが分かりましたね。

開発者のいぐっちゃんがレベチというほどのボードの仕上がりになっているためグラトラーはとても気になりますね!

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました