【ボード】

スノボ用品を一式揃えると値段はいくら?予算相場についても!

レンタルから卒業したい!そんな初心者スノーボーダーも多いと思います!マイボードを持つことで愛着をもつことができますし、自分に合ったボードを選ぶことで、より効率よく上達することができますね。

 

そのため、マイスノーボードを揃えることをおすすめします。ですが、初心者であれば「何をどう揃えれば良いのか?」ということが疑問になることでしょう。どれくらい予算が必要なのかも気になるところですよね?

 

この記事では、初心者スノーボーダーがマイスノーボードを揃えるときに何が必要か?そしてその予算相場はおおよそいくら必要になるのか?という疑問を解決していきます。

スノーボードの予算相場は?

スノーボードの予算相場

スノーボードを揃えるときに、どんな用具を揃えたら良いか分かるように、具体的なモノを挙げながら予算を考えていきましょう。スノーボードといってもさまざまなアイテムが必要です。

 

ここで想定しているのは、ある程度ブランド力のあるメーカーの製品について語っています。どこのブランドか分からない粗悪な商品であれば板・ビンディング・ブーツの3点セットで30,000円程度のモノもあります。ここでは、そういった製品の相場は外して考えています。

 

結構、数字を挙げるとむずかしい部分がありますが、まとめていきますねー!

板の予算相場

まず、スノーボードを揃える時に思い浮かべるのは板ですね。この板については、本当にピンキリです。メーカー品でも定価50,000円の板もあれば100,000円を超えるようなボードまで多種多様となります。

 

ただ、スノーボードを始めたばかり、初心者ということであればそれほど高価なものは必要ないです。各メーカーが「エントリーモデル」と呼ばれる板をリリースしています!

 

スノーボードの初心者向けの板を製品ラインナップに加えています。エントリーモデルの板の相場はおおよそ「定価50,000円前後」と考えておきましょう。

 

これが昨季モデルの型落ちでも良い場合は「30,000円前後」まで下がります。型落ちは選び幅はとても狭くなるので、その点がデメリットですねー!欲しい板があればラッキー。自分が思ったような板があるかはあなたの運次第といった感じです!

 

こちらの「【コスパ重視】安くて高性能なおすすめグラトリ板は?型落ちやエントリーモデルに注目!」で詳しくは書いています。グラトリとありますが、初心者向けとグラトリ向けは似ているところが多いために参考になります。

ビンディングの予算相場

ビンディングについても、各メーカーが特徴あるモデルをリリースしています。そのため、目移りしてしまうかもしれませんね。ビンディングの価格相場もいた同様です。

 

高価なものであれば「50,000円前後」、安価なものであれば「20,000円前後」になります。こちらも型落ちになると相場はかなり落ちます。半額近くなるものよく見かけます。

 

ビンディングについては「スノーボード初心者おすすめビンディング16選!注目人気ブランドもチェック!」を参考にしてください。具体的な商品を挙げています。

ブーツの予算相場

ブーツについても各メーカーさまざま製品をリリースしています。履いて感触を確かめた方が自分に合ったものを買うことができます。

 

高価なものであれば「50,000円前後」、安価なものであれば「15,000~20,000円ほど」になります。こちらも型落ちになると相場はかなり落ちます。半額近くなるものよく見かけます。

 

ブーツについては「スノーボード初心者におすすめなブーツ10選!種類や選び方はスタイルやジャンルでも変わる!」をご参考にしてくださいね!

スノーボードウェアの予算相場

ある程度名の知れたウェアブランドを選ぶのであれば上下で「30,000~50,000円程度」を考えていれば事足りるでしょう。

 

最近ではショップがオリジナルブランドを立ち上げて、ブランド料を省いたお値段の割に高性能でデザイン性が良いウェアをリリースしています。個人的におすすめなウェアとしてはハイマスマニアが安くて品質も良くておすすめです。

個人的に予算のことを考えないなら、おすすめなブランドは「HOLDEN」や「L1プレミアム」です。細身ウェアを中心にデザイン展開しているおしゃれなブランですね!

インナーの予算相場

インナー関しては、それほど高価なものは必要ありません。こだわることがあればでいいでしょう。

 

普段使用しているユニクロのインナーでも問題はありませんが、専門的なことをいえば、ヒートテックなどは雪山に向けた製品ではないためおすすめできません。

 

その件に関しては「スノーボードウェアの肌着(インナー)選び方や注意点は?おすすめ商品も紹介!」でまとめています。

グローブの予算相場

グローブに関してもとても多くの製品があります。こだわる方はゴアテックス製品を購入する方もいますね。

 

相場はいろいろとありますが「10,000円」もあれば良いグローブを買うことができます。コスパを考えると、僕が購入したコスパがやばいゴアテックス製のグローブがおすすめです!

ゴーグルの予算相場

初心者スノーボーダーにありがちなのが、ゴーグルはおでこにするものだと思っているかもしれません。ゴーグルは、視界を確保したり、目を保護する物です。そのため、ある程度の製品を買うことをおすすめします。

 

粗悪なゴーグルで良ければ「1000円程度」で買うこともできるでしょう。アマゾンにあるどこのブランドかもわからないゴーグルです。

 

ある程度品質を保ちつつ、リーズナブルなゴーグルだと「10,000円前後」は予算がほしいところですね。ハイエンドモデルになると「30,000円」を超えるような高級品もあります。

 

ゴーグルに関しては詳細な製品について以下の記事でまとめていますので、ご参考にしてください。

ビーニー(ニット帽)の予算相場

ビーニーに関しては、それほどこだわる必要はありません。普段お使いのモノがあればそれでも構いません。購入しても1000~2000円ほどのもので問題ありません。

便利アイテム

ここまでは必需品ということでまとめました。以下、挙げていくのは「なくてもいいけどあった方がいいよねー」というものです!

パスケース

パスケースにつていは、リフト券を見えやすい位置につけるためのモノです。最近はICチップでリフトゲートを通るシステムを導入しているところも多いために、コードが伸びるパスケースや手の甲に装着するモノがおすすめです。

リーシュコード

初心者スノーボーダーにはとても重要なアイテムです。このリーシュコードとは、ビンディングとブーツを繋げておくワイヤーになります。

 

よくゲレンデで板が流れていっているのを見かけませんか?あれは本当に危険です。その板が他人に当たって怪我をさせると、、、責任が問われることになります。1000円程度で購入することができます。

フェイスマスク

フェイスマスクもあると便利です。日焼け防止にもなるので良いですね。雪山だと気温が低い場合は口周りがとても痛くなりますねー(^^;)

 

そうなると乾燥してきて唇が切れたりすることもあります。そうはなりたくないので、必要がなくても携帯しておくことをおすすめします。フェイスマスクも「3000円」もあれば良いものを買うことができますよ!

予算相場をまとめると

ここまでスノーボードの必需品から便利アイテムを見てきました。ここで予算相場をまとめた方が分かりやすいので合計を表としてみました!

エントリーハイエンド型落ち
50,000円100,000円25,000円
ビンディング20,000円50,000円15,000円
ブーツ20,000円50,000円15,000円
ウェア30,000円50,000円20,000円
インナー10,000円
グローブ2,000円10,000円5,000円
ゴーグル10,000円30,000円5,000円
ビーニー3,000円
合計132,000円303,000円85,000円

おおよその予算相場が算出できましたね!これはなんども言いますが、粗悪な3流ブランドのような用具をまとめた結果ではありません。ある程度名前が知れているブランド・メーカーのモノを参考に出している数値となります。

 

初心者スノーボーダーがマイスノーボードを0からウェア・小物類も含めて、すべて揃えるときにはエントリーモデルでおおよそ150,000円ハイエンドモデルを揃えるときはなんと300,000円。

 

ということで、かなりスノーボードはお金がかかる趣味です(笑)そりゃ、板に傷が付くとショックです!型落ちでコスパを求めるのもありですね。

 

そこまで費用をかけれない場合は、3点セットで3万円のようなレンタル板相当のものでもありですね。参考までに激安スノーボードセットについてまとめているため興味ある方はご覧ください。

 

全て型落ちで揃えるとおおよそ85,000円程度です。あくまでも安いものをピックアップしてと考えてくださいね。型落ちを揃えるとしても予算としては100,000円は見ておくべきでしょう。

 

ちなみに、型落ちについてはオンラインショップで買った場合を想定しています。個人的にはおすすめオンラインショップは「スノーボードのおすすめ通販サイト!安い型落ちをセールするショップは?」をご参考にしてください。

さいごに

ここでは、初心者スノーボーダーがマイボードを揃える上で必要な用具・予算を見てきました。大まかことが把握できたと思います。以下、それぞれの予算相場です。

  • ハイエンドモデル:300,000円
  • エントリーモデル:150,000円
  • 型落ち:85,000円

あくまでも概算のために、これ以上費用が掛かる場合もあるし、かからない場合もあります。ですが、マイスノーボードをすべて揃えるための目安とはなる数値ですのでご参考にしてください。

 

この冬のシーズンは、マイスノーボードで満喫しましょう!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード
BURTONのビンディング一覧
FLUXのビンディング一覧
UNIONのビンディング一覧
フリーランスなスノーボーダー
まさやん
フリーランスなスノーボーダーとして年間50日以上滑走しています。中国・近畿地方の山々がホームゲレンデ!1週間単位で長野・新潟にも遠征することもよくあります。
\ Follow me /