【ボード】

【NIDECKER】SMOKEの評価は様々なパウダーシチュエーションで活躍するボード!

ナイデッカーのスモーク
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

NIDECKERはスイス発祥のブランドで1887年創業しています。高品質のスノーボード、ブーツ、バインディングで知られています。製品は、耐久性が高く、様々なコンディションで優れたパフォーマンスを発揮するように設計されています。

 

優れた性能に対するコミットメントは、世界で最高のスノーボード会社の一つとしての評判を築き上げました。彼らは常に革新し、スノーボーディングで可能な限りのことを推し進めています。製品は世界の一流スノーボーダーによって使用されいます。

 

ここでは、その中でもNIDECKER「SMOKE(スモーク)」について評価をまとめました。また、別記事では、ナイデッカーのボードを全てまとめ評価していますので参考になれば幸いです。

sponsored

SMOKEのスペック

形状 パウダーロッカー
(SURFY CAMROCK)
シェイプ ディレクショナル
硬さ 10段階中8(硬い)
レベル 中級者・上級者・エキスパート
サイズ展開 145,158,162

SMOKEは、Snow Surf Quiverに加わったミッドレングスのスノーボードです。様々なコンディションに対応する活発で流動的なボードです。

広々としたボウル、テクニカルなシュート、ゲレンデラップなど、山の隅々まで、肩の高さのピーラーのように切り裂かない場所はありません。

ポプラと桐のライトコアをベースに、レースグレードのN-9000を加え、独自のNidactive構造でグラス化することで、エッジチェンジを超精密なフィーリングで行うことができます。

テールはターンの出口までコントロールできるよう十分な量を確保、ノーズにボリュームを持たせることで、浮力を最大化、脚の疲れを最小限に抑えています。

足元にはキャンバー、フロントバインディングの外側にはロッカーが配置されたSurfy Camrockプロファイルと相まって、SMOKEはパウダーバンクを切り裂くことができます。

SMOKEの評価はパウダーランが得意

適応ジャンル:パウダー

ツリーラン
カービング
地形
フリースタイル
オープンバーン
浮力

SMOKEにおすすめなビンディング

SMOKEにおすすめなビンディング

SMOKEの板の特徴や適性ジャンルを考えるとある程度は硬めでレスポンスが良いビンディングがおすすめです。。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

 

FLOWビンディングはナイデッカー傘下のブランドのため相性を気にする必要はありませんね。そのFLOWの中でも硬いビンディングとしてNX2-GTがおすすめです。

ほかのブランドだと以下のビンディングを候補として挙げておきます。

SMOKEにおすすめなブーツ

SMOKEはパウダーを得意とするハードなフレックスのボードです。その特長からブーツもハードなフレックスでレスポンスの良さを重視した選択が良いですね。以下、個人的におすすめなブーツを挙げておきます。

まとめ

この記事では、ナイデッカーのSMOKEについてまとめました。ナイデッカーについては世界的に有名なブランドだということを知らない人も多いかもしれません。

 

高品質でファンが世界中にいますね。そのナイデッカーの中でもSMOKEはパウダーに向いている板だということが分かりました。上級者向けの難しい板で、玄人志向ですから購入には自分にあっているかよく検討してみましょう。

 

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました