【ボード】

【NIDECKER】ALPHAの評価はパウダー適性が高いけどパークも遊べる欲張りなボード!

ナイデッカーのALPHA
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事ではNIDECKER「ALPHA」の板についてスペックや評価をまとめています。NIDECKER(ナイデッカー)というブランドは古くからスノーボードを制作している老舗ブランドとして世界中でシェアがあるボードです。

 

日本国内では、あまり知名度が高くないかもしれませんが、とても品質が良くてお手頃なボードも取り揃えています。最近では同ブランドのビンディングSUPERMATICがバズっていますね。

 

ここでは、NIDECKER「ALPHA」の板について評価をまとめています。別記事では、ナイデッカーのボードを全てまとめています。そちらも参考になれば幸いです。

sponsored

ALPHAのスペックは上級者向け!

形状 パウダーロッカー
(SURFY CAMROCK)
シェイプ ディレクショナル
硬さ 10段階中6(普通)
レベル 中級者・上級者・エキスパート
サイズ展開 148,153,158,162

Alphaは厳しい自然界に適応した形状を取り込むことで生まれた新しいオールマウンテンボードです。楽にパウダーをグライドするも良し。

 

ゲレンデで綺麗なラインを描くも良し。針の穴を通すようなツリーランを楽しむも良し。Alphaは「流れるように全てをこなす」というコンセプトのもとに作られました。

 

ノーズ部のスプーンのような3D形状は海洋生物を模写しており、新雪での素晴らしいフロートと簡単なターン導入を可能にします。テールのコンタクトポイント外に急激な凹みを入れているのは猛禽類の尾羽を模写しており、これを搭載することで新雪でのテールの沈み込みを促します。

 

Alphaのウッドコアにはサステイナブルなスイスポプラ―を採用し、高いポップを生み出すようにカーボン補強を取り入れています。トップシートにはAbsorbnidを採用することでバタつきを軽減してくれます。

 

Alphaのとてもスムーズなエッジトゥエッジと幅広いライディングを可能にするフレックスはとてもクリエイティブなオールマウンテンライダーであるマシュー・クレペルのゴートゥーボードです。

おすすめなジャンルはパウダー

ナイデッカーのアルファのおすすめなジャンルはパウダー

適応ジャンル:パウダー

ツリーラン
カービング
地形
フリースタイル
オープンバーン
浮力
管理人:まさやん
管理人:まさやん
おすすめジャンルはパウダーですが、普通にパークでも遊べるオールラウンドな側面もあります。よりパウダーに性能を傾けたモデルが「BETA」です。

ALPHAにおすすめなビンディング

ナイデッカーのALPHAにおすすめなビンディング

ALPHAの板の特徴や適性ジャンルを考えると硬めでレスポンスが良いビンディングを合わせるとより板の性能を発揮することができます。

 

さまざまなビンディングがありますが、同ブランドで合わせるといいですよ。個人的なおすすめを紹介しておきます。

ALPHAにおすすめなブーツ

ALPHAにおすすめなブーツ

ALPHAはミディアムフレックスなボードですが、パウダー、パークを得意としています。そのため、ボードの性能を最大限引き出すにはミディアムなブーツがおすすめです。個人的には以下のブーツが相性良いと思います。

まとめ

この記事では、ナイデッカーのALPHAについてまとめました。ナイデッカーについては世界的に有名なブランドだということを知らない人も多いかもしれません。

 

高品質でファンが世界中にいますね。そのナイデッカーの中でもALPHAは向きだけどいろいろ遊べる板だということが分かりました。同ブランドであれば「BETA」「MEGALIGHT」もパウダーが得意なボードですね。

 

それでは、あなたのスノーボードライフが良いいいものになりますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました