【ボード】

【ナイデッカー】BETA(ベータ)の評価は?おすすめビンディングも紹介!

この記事ではNIDECKER「BETA(ベータ)」の板についてスペックや評価をまとめています。NIDECKERというブランドは古くからスノーボードを制作している老舗ブランドとして世界中でシェアがあるボードです。

 

日本国内では、あまり知名度が高くないかもしれませんが、とても品質が良くてお手頃なボードも取り揃えています。

 

また、ROME SDS、Bataleon、ギギ・ラフのSlash、ヘルガソン兄弟のLobsterボード、Switchbackバインディング、JFペルシャのNOWバインディングもNIDECKERグループのブランドです。

 

ここでは、NIDECKER「BETA(ベータ)」の板について評価をまとめています。

【NIDECKER(ナイデッカー)】BETAのスペック

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
硬さ5(MAX10)
レベルビキナー・初級者・中級者・上級者・エキスパート
サイズ展開157,162

自然界から様々な形状を取り得れたシェイプを有するBetaはパウダーでほとんど努力しなくても勝手にボードが浮き上がり、素晴らしい浮遊感を楽しむことができます。

 

このボードは新しいInstinct Seriesの中で最もパウダーに適したボードに仕上がっています。スプーンのような3Dノーズ形状とスワローテイルが合わさることでノーズは浮き上がり、テールはしっかりと沈み込んでくれます。

 

全体のディレクショナルシェイプはパウダーシーンの土曜な地形であっても水が流れるようなスムーズライディングを提供します。

 

Betaのウッドコアにはサステイナブルなスイスポプラ―を採用し、高いポップを生み出すようにカーボン補強を取り入れています。トップシートにはAbsorbnidを採用することでバタつきを軽減してくれます。

【NIDECKER(ナイデッカー)】BETAのジャンル評価

フリーラン
パウダー
カービング
ジブ
グラトリ(弾き系)
グラトリ(バター系)
ラントリ
キッカー
ハーフパイプ

NIDECKER(ナイデッカー)】BETAにおすすめなビンディング

BETAの板の特徴や適性ジャンルを考えると柔らかめで扱いやすいビンディングを合わせるとより板の性能を発揮することができます。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

FLOWビンディングはナイデッカー傘下のブランドのため相性を気にする必要はありませんね。そのFLOWの中でも硬いビンディングとしてNX2-GTがおすすめです。

【NIDECKER(ナイデッカー)】BETAの評価やスペックのまとめ

この記事では、スペードのBETAについてまとめました。ナイデッカーについては世界的に有名なブランドだということを知らない人も多いかもしれません。

 

高品質でファンが世界中にいますね。そのナイデッカーの中でもBETAはパウダー・カービングに向いている板だということが分かりました。

 

それでは、あなたのスノーボードライフが良いいいものになりますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード
BURTONのビンディング一覧
FLUXのビンディング一覧
UNIONのビンディング一覧