【ボード】

【NIDECKER】ESCAPEの評価は高次元まオールラウンド性能!個人的にパークにおすすめ!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事ではNIDECKER「ESCAPE(エスケープ)」の板についてスペックや評価をまとめています。NIDECKERというブランドは古くからスノーボードを制作している老舗ブランドとして世界中でシェアがあるボードです。

 

近年では日本国内でも広がりを見せているスノーボードブランドです。ボード、ビンディング、ブーツと幅広く展開しています。とても品質が良くてお手頃なボードも取り揃えています。

 

この記事では、その中でもNIDECKER「ESCAPE」の板について評価をまとめています。また、NIDECKERのボードを全種類まとめた記事もあるため参考になれば幸いです。

 

それでは、エスケープがどのような性能を持っているかレビュー等も含めながら解説してきます。

sponsored

ESCAPEのスペック

対象 メンズ
形状 ハイブリッドキャンバー
(CAMROCK)
シェイプ ディレクショナル
硬さ 10段階中6(普通)
レベル 中上級者
サイズ 152,156,159,159W,162W,165W,162XW,169XW

オールラウンドボード「Escape」がアップグレードされました。新しいテールとノーズ形状は、どんな地形でも攻め倒すことができます。ウッドコアには、4つの木材から作られた「Master Core」が採用され、軽量でありながら力強いライディングが可能です。

 

また、Triaxグラスファイバーとカーボン補強がされており、高いコントロール性能を実現しています。ミッドフレックスに仕上げたEscapeは、新雪のツリーランからパークラップまで幅広いライディングを可能にします。

 

ノーズとテールにはロッカー形状を採用しているため、幅広いライディングスキルを持つライダーに愛されるボードとなっています。10mmのセットバックはスイッチライディングを苦にせず、凸凹の斜面やパウダーで後ろ足の疲れを軽減してくれます。

 

トップシートにはアッシュベニヤを採用することで、木材がもたらす衝撃吸収を与え、ルックスも多くの人に愛されるものに仕上がっています。

ESCAPEのジャンル評価

適応ジャンル:オールラウンド

カービング
フリーラン
パウダー
グラトリ
キッカー(小~中)
キッカー(中~大)
ジブ
ハーフパイプ

ESCAPEのレビュー

ESCAPEのレビュー

30代男性
30代男性
Escapeを購入しましたが、滑走感が素晴らしく、ゲレンデでのパフォーマンスがかなり向上しました。どんな地形でも安定して滑ることができ、ジャンプをする際にも信頼性が高いです。おすすめのボードです。
30代男性
30代男性
オールマウンテンで素晴らしいパフォーマンスを発揮することができると思います。私は初心者ライダーで、まだスキルがあまりないのですが、このボードを使ってからは自分でも驚くほど上達しました。

ESCAPEにおすすめなビンディング

ESCAPEにおすすめなビンディング

ESCAPEの板の特徴や適性ジャンルを考えるとミディアムからハードフレックスのビンディングを選ぶと相性が良いです。たくさん候補として挙げられますが、ナイデッカーからビンディングがリリースされているため、同ブランドで合わせると間違いないですね。

ESCAPEにおすすめなブーツ

ESCAPEにおすすめなブーツ

ナイデッカーではブーツもリリースされています。フレックスが硬めなESCAPEには、ブーツも硬めだと相性良いですね。同一ブランドで統一されると余計な心配はありませんよ。

まとめ

この記事では、NIDECKERのESCAPEについてまとめました。ナイデッカーについては世界的に有名なブランドだということを知らない人も多いかもしれません。

 

高品質でファンが世界中にいますね。そのナイデッカーの中でもESCAPEは高次元なオールラウンド性能があることが分かりました。

 

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました