【ジャンル】

バックカントリーでの最高のパフォーマンスを追求!おすすめブーツの厳選最新モデル【2023-24】

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

バックカントリーでのスノーボードを楽しむためには、適切なブーツの選び方が非常に重要です。

本記事では、2023-24年の最新情報をもとに、バックカントリーに特化したブーツの選び方やその特徴を詳しく解説しています。

特に、バックカントリーにおすすめのスノーボードブーツのモデルやその理由、さらにはブーツの選び方に関する基本的なポイントなど、初心者から上級者まで幅広く役立つ情報を提供しています。

ブーツ選びで迷っている方やバックカントリーをより楽しみたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

sponsored

バックカントリー向きなスノボブーツの選び方のポイント

バックカントリー向きなスノボブーツの選び方のポイント

スノーボードのバックカントリー向けブーツを選ぶ際には、特定の要因や特徴を考慮することが重要です。以下は、バックカントリー向けのスノーボードブーツを選ぶ際のポイントです。

バックカントリー向きなスノボブーツの選び方ポイント
  1. 耐久性: バックカントリーは厳しい環境下でのライディングが多いため、ブーツは耐久性が高くなければなりません。高品質の素材と頑丈な構造を持つブーツを選ぶことが重要です。
  2. 快適性: 長時間のハイクやライディングを行うため、ブーツは快適でなければなりません。適切なクッションやサポート、通気性を持つブーツを選ぶことが求められます。
  3. ヒールホールド: バックカントリーでは急な斜面や不安定な地形でのライディングが多いため、ブーツがしっかりと足にフィットし、ヒールが動かないことが重要です。
  4. トラクション: アイスや雪の上でのハイキングを行う際には、ブーツのソールがしっかりと地面をつかむことが重要です。高いトラクションを持つアウトソールを選ぶことが求められます。
  5. ウォークモード: 一部のバックカントリー向けブーツには、ハイキング時に足首の動きを容易にするウォークモードが搭載されています。これは、上り坂の際の快適さを向上させるための重要な機能です。
  6. 軽量性: 長時間のハイクやライディングを行うため、ブーツは軽量であることが望ましいです。
  7. 保温性: バックカントリーは低温の環境が多いため、ブーツは十分な保温性を持つことが重要です。
  8. 調整機能: BOA®やレースアップなど、ブーツの締め付けを細かく調整できる機能があると便利です。

これらの要因を考慮しながら、自分の足の形やライディングスタイルに合ったブーツを選ぶことが、バックカントリーでの快適なライディングを実現する鍵となります。

バックカントリーにおすすめなスノボブーツ7選

バックカントリーにおすすめなスノボブーツ7選

バックカントリーにおいては、基本的には硬度の高いブーツを選びます。各ブランドの中でも硬度が上位2モデルないし1モデルがバックカントリーに向いていることが多いです。バックカントリーにおすすめなスノーボードブーツを紹介していきます。

【BURTON】DRIVER X(ドライバーエックス)

DRIVER-Xは、パワフルなライディングとハードな環境に対応するよう設計されたスノーボードブーツです。

バックカントリーでの迅速な移動、読みにくいディープパウダー、アイシーなハーフパイプ、カービングなど、過酷なシチュエーションに挑むスノーボーダーにとって、信頼性のあるブーツは必須のアイテムです。

このブーツは1ピース構造を基にしており、多機能を備えています。さらに、業界で最も硬いと評されることも魅力の一つです。

【BURTON】TOURIST(ツーリスト)

ツーリストはスプリットボード対応のブーツで、山を探索する際に確実に足元をさぽーとします。広い可動域でトレイルを効率的に開拓することができる点が好評です。

チームライダーやベテランクルーとの共同開発により生まれたツーリストは、Spark R&Dによってバックカントリー対応のアイテムとして作られました。

アウトソールからアッパー、レースからライナーまで、すべての部分が高いパフォーマンスを発揮します。

また、リバースフレックスが優れており、スキントラックの滑りを良くすることで歩行をスムーズにします。

【K2】ASPECT

ASPECTは究極のバックカントリースノーボードブーツです。耐久性があり、反応性があり、プレミアムな機能が詰まっています。

バーリーなVibram Mountaineerアウトソールは、非常に優れたグリップ力を提供し、セミオートクランポンとの互換性も持っています。

Endo 2.0構造はブーツのフレックスと形状を維持し、熱成形可能なIntuition Pro Foam Linerは足を乾燥させ快適に保ちます。

BOAによってパワードされたCondaヒールリテンションシステムにより、ヒールホールドの調整がリアルタイムで可能です。

インステップ部分のレースロックは、確実なフィット感があります。ASPECTは経験豊富なバックカントリースノーボーダーにフィットするブーツです。

【SALOMON】TREK

TREKは、特別なカフ機能を持つブーツで、新しいレース方式とHike & Ride BOAの革新的技術を融合しています。これにより、上りのハイクアップや下りの滑走でもスムーズに動けます。

この靴は、グリップ力のあるMTN GOATソールを使用し、ContagripWや天然のゴム成分も取り入れています。

さらに、Fuze Surgeの柔らかいミッドソールやDriveの熱成形ライナーを組み込むことで、一日中心地よく過ごせる設計となっています。

【DEELUXE】X-PLORER

X-PLORERは、バックカントリーだけでなくゲレンデでの滑走性も非常に重視したモデルです。

このモデルは、ハイクアップに適した高品質なビブラムソールを搭載しており、さらにワンタッチアイゼンにも完璧に対応しています。

また、クラシックレースによって硬さを自由に調整することも可能です。これにより、あらゆる地形や状況で最適なパフォーマンスを発揮することができます。

【RIDE】TRIDENT

TRIDENTブーツは、足元の快適さを向上させるためのいくつかの特別な機能を備えています。

特別な「Slime Tongue™」技術により、振動が減少、以前のようなハーネスの装着は不要になりました。

滑りにくい「Michelin®-Traverse」ソールのおかげで、アイスエリアでも安心して歩くことができます。

3つの調整ダイヤルを持つ「トリプルBOA®」システムを使用して、しっかりとしたフィット感を実現しています。

これにより、さまざまな環境に適応する頼りになるブーツとなっています。

【RIDE】INSANO

Insanoブーツはその名の通り、驚異的な性能を持つアイテムです。Intuition™の中央舌技術により、足に完璧にフィットする設計が施されています。

H4-BOA®の独自のフィットシステムは、2つのゾーンを独立して調整することで、足首の安定感を最大限に引き出します。

ファイバーグラス補強のSlime Tongue™は、足元の不快な振動を軽減し、Michelin®のソール技術はグリップ力と反応性を高めています。

Insanoは、高い反応性を求めるスノーボーダーのために設計された、RIDEの最も剛性のあるブーツとして位置づけられています。

まとめ:バックカントリーにおすすめなスノーボードブーツについて

  • バックカントリーにおいては、基本的に硬度の高いブーツを選ぶ
  • 各ブランドの中でも硬度が上位2モデルないし1モデルがバックカントリーに向いていることが多い
  • ウォークモード: 一部のバックカントリー向けブーツには、ハイキング時に足の動きを容易にする機能が搭載
  • 軽量性: 長時間のハイクやライディングを行うため、ブーツは軽量であることが望ましい
  • 保温性: バックカントリーは低温の環境が多いため、ブーツは十分な保温性を持つことが重要
  • 調整機能: BOA®やレースアップなど、ブーツの締め付けを細かく調整できる機能があると便利

バックカントリーでのスノーボードは、特別な装備と技術が求められるアクティビティです。特に、ブーツの選び方はその成功の鍵となります。

この記事では、バックカントリー専用のブーツとしておすすめのモデルを詳しく紹介しました。

これらのブーツは、長時間の使用にも耐える耐久性や、雪山での安全性を確保するための特別な機能を備えています。

また、各ブランド最新の技術を取り入れた設計により、快適さとパフォーマンスの両方を追求しています。

バックカントリーでのスノーボードをこれから始める方や、新しいブーツを探している方にとって、この記事が役立ては幸いです。

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました