【ジャンル】

バックカントリーにおすすめなスプリットビンディング厳選8モデル【23-24最新情報】

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

バックカントリーでのスノーボーディングは、一般的なリゾート滑走とは異なり、特別な装備とテクニックが求められます。

その中でも、スプリットビンディングの選び方は非常に重要なポイントとなります。

この記事では、2023-2024シーズンに向けて、バックカントリーでのスノーボーディングに最適なスプリットビンディングを厳選してご紹介します。

各モデルは、耐久性、快適性、そしてパフォーマンスに優れ、バックカントリーでの厳しい条件でも信頼できるものばかりです。

ぜひ、この記事を参考にして、自分に最適なスプリットビンディングを見つけてください。

sponsored

バックカントリーにおすすめなスプリットビンディング

スプリットボードのビンディングは他のビンディングと比較して形状が特殊です。ボードが中心で割れてスキー板のようになるためビンディングも従来と方向が異なります。

また、スキー形状にしたときに着脱の簡易さも求められているため専用のマウンティングになっています。

基本的に各ブランドに1モデルある程度、スプリットボードのビンディングを取り扱っていないブランドもあります。

その中でもスプリット専門ブランドもあり「karakoram」「SPARK R&D」が2強です。ここでは、おすすめのスプリットビンディングをさまざまなブランドから紹介してきます。

【BURTON】HITCHHIKER(ヒッチハイカー)

HITCHHIKERは、ハイキングと滑走の両方で優れた快適性を提供するビンディングです。特にバックカントリーでの使用において、その信頼性と性能が際立ちます。

遠くのトレイルでさえ、BurtonとスパークR&Dの共同開発によるこのビンディングの高い快適性と耐久性が明らかになります。

このビンディングは、冒険心をくすぐるような雪山での体験をさらに刺激的にします。独自の設計と頑丈な構造により、長い時間の使用でも快適性が維持されます。

テスラ T1ベースプレートは、モードの切り替えをスムーズかつ迅速に行い、確かなストラップシステムが持続的な使用をサポートします。

バックカントリーを探求する冒険者にとって、HITCHHIKERは最適な選択肢です。その多機能性と信頼性で、アウトドア活動をより楽しく、快適にします。

【BURTON】STEP ON SPLIT(ステップオンスプリット)

STEP ONには新しいモデル「STEP ON SPLIT」がついに登場!シンプルで効率的なシステムで、スプリットでのライディングに新たな体験をもたらします。

この新しい機能により、より簡単にスプリットでの乗り心地を楽しむことができます。

さらに、スプリットビンディングは快適性と安定性を向上させ、滑走中に安心感をもたらします。

これにより、より自由な滑走スタイルを追求することができるでしょう。

スプリットバインディングは、ライダーにとって革新的な選択肢となり、新しい冒険を可能にします。

【K2】FAROUT(フォールアウト)

K2ファーアウトスプリットボード・ビンディングは、バックカントリー探索に最適なサポートを提供し、モード切替の時間を短縮します。

中程度の剛性を持つアルミ製フレームを採用し、CNC加工で精密に成形されています。高耐久のレキサン製ハイバックは、ツーリングと滑走の間で簡単に設定変更が可能です。

スプリットモードでは、ヒールロックを短時間でスライドさせることで、ビンディングを素早く固定・解除できます。

Sender™ 3Dアンクルストラップはパッドレス設計で快適性が高く、PerfectFit™ 2.0トウストラップは各種スノーボードブーツに適応し、優れた操作感と反応性を実現します。

【UNION】EXPLORER(エクスプローラー)

EXPLORERは、ユニオン独自のインターフェイスを備えたスプリットボード用ビンディングです。ツーリングモードとライディングモードを簡単に切り替えることができ、シンプルで使いやすいデザインです。

ボードのフレックスを損なわない耐久性に優れたナイロン製ベースプレートや、自由度の高いアンクルストラップが搭載されており、滑走性に重点を置いています。

さらに、独自のエルゴノミックハイバックデザインにより、快適なライディング体験を提供します。

また、調整可能なハイバックレバーとツーリングモードへの切り替えが容易なツーリングフリーバックルも特長です。

これらの機能により、ユーザーはあらゆる条件下で快適かつパフォーマンスを発揮できます。

【UNION】CHARGER(チャージャー)

UNIONが新たにリリースした頂点に位置するスプリットボードビンディングは、フォージドカーボンの採用により、軽量性と耐久性を両立しています。

ユニオン特有の接続システムを搭載し、ツーリングと滑走モードの切り替えが非常に簡単です。

この最新ビンディングは、ユーザーに画期的な操作感を提供するだけでなく、長い時間の山岳探機でも安心して使用できる快適性と安定感を備えています。

デザイン面でも優れており、エレガントな外観が加わっています。

このUNIONのフラッグシップスプリットビンディングは、高地や雪山地形でのアドベンチャーに最上級の性能と信頼性が高いです。

【karakoram】NOMAD(ノマド)

NOMAD(ノマド)は、散策や登山に最適なバインディングです。X-Typeシャーシ、C4ハイバック、AirPodストラップを備え、軽量かつ耐久性に優れています。

NOMADは、自由な散策や壮大な雪山登山を楽しむのに最適です。快適な装着感と確実なフィット感を提供します。

洗練されたデザインも魅力です。NOMADは、あなたのアウトドアアクティビティを充実させるために必要不可欠です。

カラコラムのスプリッドビンディンの中でも最もリーズナブルなモデルとなっています。ビンディングという括りで見ると相当高価ですが、、、。

【karakoram】LAYBACK(レイバック)

レイバック(LAYBACK)ビンディングは、サーフィン風の滑走体験を実現するための特別な設計が施されています。

その柔軟な反応性とフレキシビリティにより、波乗りのような自然な感触を提供します。新たに導入されたサーフサイドウォール技術は、ライダーに無制限の動きをサポートして、より直感的な滑走を可能にします。

3D形状のEVAフットベッドは、ブーツにぴったりとフィットし、優れたクッション性を誇ります。

加えて、特別設計されたサーフストラップが足首の自由な動きをサポートし、操作性にも優れています。

レイバックビンディングは、サーフライクな乗り心地だけでなく、快適性と自由度の高さも併せ持つ、非常に完成度の高い製品です。

スプリットボードに装着するには別売り「Connect Split Kit」を購入する必要があります。

【SPARK R&D】SURGE ST(サージ エスティー)

SPARK R&Dはスプリットボードが大好きなライダーたちによって運営されている業界で革新とリーダーシップを誇るブランドです。

その中の「SURGE ST」は、プロフェッショナルな山岳ライダーや地元の名人から高く評価される強力なビンディングです。

堅牢な基盤設計と硬質なハイバックをグラスファイバーで補強して、独自設計のストラップでサポート力を高めています。

これにより、過酷な環境でも優れた操作性を提供します。全てのSurge STビンディングにはTesla T1技術が搭載、ST BracketとST Whammy Barには先進のスムースツーリング(ST)テクノロジーが導入されています。

特別な熱可塑性プラスチックを金属部分に適用することで、摩擦を低減し、耐久性とツーリング効率を向上させています。

22-23シーズンからは、男女別ではなく、全てのスプリットボード愛好者向けのユニセックスラインとしてリニューアルされました。

まとめ:バックカントリーにおすすめなスプリットビンディングについて

バックカントリーでのスノーボーディングは、特別な装備と準備が必要です。特に、スプリットビンディングの選び方は非常に重要です。

この記事では、最新の23-24シーズンにおすすめのスプリットビンディングを厳選してご紹介しました。各モデルは、耐久性、快適性、そしてパフォーマンスに優れています。

例えば、HITCHHIKERはBurtonとスパークR&Dの共同開発により、高い評価を受けています。また、レイバックはサーフィンのような乗り心地と高い快適性を提供します。

これらのビンディングは、長時間のハイキングや厳しい条件でも信頼できる性能を発揮します。是非、この記事を参考に、自分に合ったスプリットビンディングを見つけてください。

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました