【ブーツ】

【BURTON】ドライバーXの評価や特徴は?ユーザーレビューや型落ちも!

BURTON DriverXの評価

この記事では、BURTON「ドライバーX」についてまとめいています。BURTON「ドライバーX」のユーザーレビューや特徴をお伝えしていきます。

 

さらにおすすめする仕様ジャンルも分かるように評価していきます!BURTONにはたくさんブーツの種類があるため悩みますよね?それぞれの特徴を知ることで自分にフィットするブーツを探してみましょう。

 

それでは最後までよろしくお願いします!

【BURTON】ドライバーXの評価やユーザーレビュー

サイズ感フレックス(1柔⇔5硬)
普通3
WEGHT(1軽⇒10重)HOLD(1弱⇒10強)
45

不安定な斜面やハードなコースでは、ドライバー Xの出番です。その無骨な外見とは裏腹に、暖かく快適で実用性に優れています。

RYRIDE Heat CycleとSleeping Bag反射ホイルのダブルパワーで、体の熱を捕えて反射させることで足を温め、さらに熱を奪う汗を逃がします。トータルコンフォート構造が、初めて履いた瞬間から最高のフィット感と絶妙なパワーバランスを提供します。

グリップ力の高いVibramR EcoStepアウトソールが雪面をがっちりと捕えます。これを考えると、テリエ・ハーコンセンのようなフリースタイルテクニシャンだけでなく、ハイク、スレッジ、ガイド、パトロールのライダーには、これしかないと言えるチョイスです。

出典:BURTON

20代男性
20代男性
BURTONのブーツで最高峰なだけあって、その性能は申し分ないですね!とても足が温かくてバックカントリーのハイクアップでも何不自由なく歩くことができます。ソールが滑らなくて他のブーツに変える気に全くなりません!

【BURTON】ドライバーXの適正ジャンル

フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ

BURTON最高峰ブーツということだけあって、そのクオリティーについては申し分なし性能です。

 

特に保温効果が抜群で、知るようする素材にかなりこだわっています。湿気を逃しながら保温してくれるためハイカーにはもってこいなブーツになっています。

 

もちろん、ゲレンデを滑るにも高い性能を発揮します。すべてのジャンルでオールマイティに使用することができます。

 

ただ、ハーフパイプのようなハードなランディングが求めるような頑丈さはそこまで期待できません。そのようなある種特殊な用途でない限りは満足するユーザーがほとんどでしょう。

【BURTON】ドライバーXの型落ち

BURTONのブーツは人気があるため型落ちが少ないです。サイズも無くなっていることからドライバーXの型落ちを見つけたらとてもラッキーですね!以下よりドライバーXの型落ちを探すことができます!

【BURTON】ドライバーXのまとめ

この記事ではBURTONのドライバーXについてまとめました。ドライバーXがどのような特徴を持っているのか?おすすめ仕様ジャンルも分かったと思います!

 

ドライバーXはBURTONのハイエンドモデルですから、かなり高価です。その他にも、BURTONにはさまざまなブーツがラインナップされているので、ドライバーXが高すぎる場合は他も検討してみましょう。

 

あなたのスノーボードブーツ選びに役立てば幸いです!合わせてインソールについても知ることでよりパフォーマンスが上がりますよ!それでは楽しいスノーボードライフを!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード
BURTONのビンディング一覧
FLUXのビンディング一覧
UNIONのビンディング一覧