【ブーツ】

【RIDE】ORION(オリオン)の評価やサイズ感は?レビューや型落ちも!

この記事では、RIDE「ORION(オリオン)」についてユーザーレビューや特徴・サイズ感などをお伝えしていきます。

 

RIDEといえば独特のカルチャーをもったスノーボード総合メーカーです。ワシントン州レドモンドにてたった4モデルのボードからスタートしていますが、現在では多種多様なアイテムをリリースしています。

 

30年以上の歴史がある今では老舗ともいえるメーカーです。その中でもメンズブーツについては数多くあるためどんな特徴を持っているか知ることで自分がほしい性能のブーツが分かるようになりますね。

 

今回はRIDEのメンズブーツの中でも「ORION」について取り上げます。

【RIDE】ORIONの評価やレビュー

サイズ感フレックス(1柔⇔5硬)
普通3
WEGHT(1軽⇒10重)HOLD(1弱⇒10強)
26

Orionは、価格以上の性能を発揮する機能が満載です。Intuition™ Plush Foam Liner、Traditional Laces、Lock Down™ Turboを搭載したOrionは、安全で一体感のあるフィット感と豊富な快適性を提供します。

 

グリップライトソールは、+Slimeミッドソールとラバーポッドを組み合わせ、耐久性とトラクションを実現しています。Orionは、初心者から中級者向けに設計されたソフトフレックスブーツです。

20代男性
20代男性
このブーツは、これまでに所有した中で最も快適なブーツです。レスポンスの良さを実現するための十分な硬さと、足に負担をかけない超快適な可動域を実現するための十分な柔らかさ。直感的なフォームは本当にすごくいい感じです。何日か山に登っていると、インナーが足にフィットしてくるのがわかります。足を温かくドライに保つことができました。
30代男性
30代男性
私は昨シーズンの初めにこの商品を購入しました。当時、私は自分を中上級者と評価していました。慣れるまでの期間を考慮して、ハーフサイズ小さいものを購入しました。1年経った今でも、靴下のようにフィットしています。
30代男性
30代男性
これまでに履いたブーツの中で最も快適です。このブーツの短所は、ソフトなフレックスで急斜面を登る場面は向いていません。あくまでもゲレンデ使用が前提です。このブーツは、初心者から上級者まで、誰にでもお勧めできます。パークでもフレックスが大きく、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。履き心地の良さを第一に考えて設計されているので、スポーツを始めようとしている人にぴったりです。

【RIDE】ORIONの適正ジャンル

フリーラン
カービング
パウダー
ジブ
グラトリ(弾き系)
グラトリ(バター系)
キッカー
ハーフパイプ

【RIDE】ORIONの型落ち

【RIDE】ORIONのまとめ

この記事ではRIDEのORIONについてまとめました。ORIONがどのような特徴を持っているのか?おすすめ仕様ジャンルも分かったと思います!

 

まだ、しっかりと自分に合うブーが分からない人はブーツの選び方を詳細にまとめている記事も参考にしてくださいね。

 

あなたのスノーボードブーツ選びに役立てば幸いです!合わせてインソールについても知ることでよりパフォーマンスが上がりますよ!それでは楽しいスノーボードライフを!

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /