スノーボードブランドのK2

スノーボードは各ブランドがさまざまな種類が出ていますね。特徴や得意なジャンルがありどんなことに向いているのか初心者には理解しずらいと感じている人も多いでしょう。

 

未だ僕自身もあまり興味がないブランドに関しては板の特徴は分かりません。いつも勉強しています(笑)ここでは大手スノボーブランドであるK2(ケーツー)についてみていきます。K2の板についてみていきますが、グラトリに向いている板を紹介します。

K2のWWWの特徴とは?

スノーボードブランドのK2

フレックスは柔らかく、ツインチップ形状なのでグラトリやジブ向けの板です。また有効エッジが長めの設定なので普段使っている板よりも短くしても安定性があります。

 

板自体は軽量とは言い難いですが有効エッジが長い分板自体を短くできるのでその分取り回しがよいです。反発力はあまり強いとは感じません。

 

回転系よりもプレス系のほうがスタイルが出ます。でも回転系が飛べないこともありません、反発力が低めなのでゆっくりと溜めを作ることができるのでその分力をためることができダイナミックな軸ずれ回転なんかもでき自分なりのスタイルが出せます。

 

板が柔らかいのでバインディングも柔らかいものだと力が伝わり難いので軽量硬めのバインディングが一番合いました。

 

あとは、板自体が比較的安めの設定なので気兼ねなく思う存分乗り潰せます。そのせいか初心者用の板として有名ですが十分初心者以上でも楽しむことができ、プレス系でスタイルを出す渋い乗り方ができます。

K2のWWWの感想は?

わたしがこの板を選んだのはある程度フリーライディングに慣れ、次のステップでグラトリやジブに入りたいと思った時でした。(キッカーは仕事もあるので怪我が怖いためグラトリからまず始めようと思い)

 

それまでは硬めの板に乗っていたため初めは板が柔らかすぎて慣れるまで時間がかかりましたが慣れてくるとまずはプレス系で板が容易に上がるため上半身も自分のスタイルが出しやすいし、オーリー・ノーリーを覚えてくるといろいろな地形を使ってのポコジャンが楽しくて仕方ありませんでした。

 

有効エッジが長いせいか安定性もそこそこあり、フリースタイルでの地形を使って遊んだり、グラトリで遊んだり、実はオールマイティにも使える板でもありました。

 

なので、私のように初心者からのステップアップで安全なグラトリから入り、回転族だけでなく自分なりのスタイル作りを重視したい人にはお勧めできます。

 

そしてこの板を乗り潰した頃には自分のスタイルが十分に完成されていると思うのでもっと反発のある板にしたいとか、軽量な板にしたいとか、はたまた次はキッカーだとか、いろいろな道に進めばいいかと思います。

 

値段も安いですし、初心者や学生さんには丁度いいと思います。ただ、私はほかの板も持っていますが一番長く乗っていた相棒なので今でも楽しく乗れています。

初級から中級者向けフラットロッカーのFUSE(フューズ)

スノーボードブランドのK2

初級者向けということなので乗りやすさは抜群です。フラットロッカーということで、逆エッジが気になりません。レンタル板から次のステップへという意味ではおススメできるボードになります。

 

あと、型落ちがかなり安くなります半額以下の20,000円程度で見かけたこともありますね。チェックしてみてはどうでしょうか?

さいごに。

K2に関してはグラトリ向きといえばWWW。これだけの紹介でもいいくらいです(笑)それだけグラトリ向けの板としては定番になっています。お値段もお手頃なところもおすすめできます。

 

しかしながら、もっと上を目指すのであれば011artisticやmossなどのメーカーをおすすめします。板の性能が全く違うので使い心地も違いますが、お値段もかなり張ります。こちらのランキングで紹介しているので、ご参考にしてください!

この記事も読まれています。

スキー場のバイトは超おすすめ!求人の探し方や人気先ランキングは!

011(ゼロワン)グラトリおすすめ板は?初心者はフラットキングやXFly?

グラトリのビンディングおすすめランキング2018-19最新版!

北海道のスキー場バイトでおすすめや求人の探し方は?ニセコ・ルスツ・キロロなどを調査!