【ゴーグル】

スノボゴーグルの選び方は?曇らないレンズや色についても!

この記事は、スキー・スノボゴーグルの選び方について解説しています。さらに曇らないレンズの特徴についてもまとめています。

 

スノーボードゴーグルってみなさんは重要度がどれくらいでしょうか?良く初心者がおでこにつけたまま滑っているのを見かけます。重要な役割があるんですが、、、。

 

ゴーグルにもピンキリでさまざま製品が各ブランドからリリースされています。ゴーグルと言ってもレンズの色もあるし、レンズの形も違っています。

 

全くどれを選んでいいのやら、、、となっている人も多いと思います。そこで、ここではスキー・スノボゴーグルの選び方についてまとめています。どういった点に注意すればいいのか?も解説していきます!

スノボーゴーグルの役割とは?

スキー・スノーボードに欠かすことができないですが、どうしてか知っていますか?大きく3つの役割があるので、理解しておく必要があります。そうするとゴーグルの重要性が伝わるかと思います。おでこに付けるものではないことが分かってくるはずです。

視界の確保

まず、当たり前のことですが視界の確保です。山の天候はさまざま。その都度コンディションになったレンズカラーをチョイスして視界を確保するために重要になります。

 

また、安いゴーグルには装着するだけで曇ってしまうようなモノもありますからね。視界が良くなるゴーグルがみなさんも欲しいことでしょう。品質の高いゴーグルであれば、曇りづらく、凸凹も見やすいです。

 

そのため、中華系のAmazonで格安で売っているようなどこのブランドか分からないようなゴーグルはやめておきましょう。安物買いの銭失いになりますよw

目の保護

次に挙げるのは、スノーボードゴーグルは目を保護するためです。雪山では紫外線がとても強いです。空から降り注ぐ紫外線と雪に反射した紫外線のダブルパンチになります。

 

裸眼で目に紫外線を浴びすぎてしまうと角膜が傷つくこともあります。そのため雪目になることもあるので要注意です。雪目(雪眼炎)とは「結膜の充血」「目がゴロゴロする」「涙が出る」「目が痛くてまぶしい」という症状が目にあらわれます。

顔の保護

これは経験した人にしか分からないことですが、顔面を雪面から守るためです。大きな転倒をした時に顔を雪面に擦ることや強打することがあります。その時に顔を守ってくれるという重要な役割があります。

曇らないレンズの特徴

曇らないレンズの特徴はダブルレンズのゴーグルです。レンズの曇りですが使い方や保管方法に大きく原因が良いゴーグルを買ったとしても使い方が雑だと曇ってしまいます。

スキー・スノボゴーグルの選び方は?

スキー・スノボーのゴーグルの選び方ですが、いろいろな基準が合って良いかと思います。ですが、重要な要素があります。それはフィット感です。自分の顔にフィットしないとゴーグルが曇りやすくなったりしますので、重要な項目になります。

 

その他にもブランドであったり、レンズカラーなどいろいろなことを考慮して決めていきます。それではゴーグルの選び方のポイントを挙げていきます。

ゴーグルレンズの形を決める!

レンズには球面レンズと平面レンズの2種類があります。それぞれ特徴があるのでどちらが良いか決めてみましょう。

 

球面レンズは視野が広く見やすいです。しかしながら、レンズが歪曲している分、見え方が気持ち悪い、違和感がある人もいます。僕は全く気になったことがありませんが、そういった声も聞きます。

 

平面レンズですが、視界がフラットに見えます。つまり、ゴーグルをしないときの視界と見え方が変わらないです。しかし、平面な分、球面よりも視界が狭くなる面があります。

 

ふたつのレンズの種類がありますが、基本的には球面レンズの方が価格が高いくなります。最近は球面レンズのゴーグルが増えてきました。ハイエンドモデルは殆ど球面レンズですね。

 

これといってこだわりが無ければ平面レンズで良いでしょう。個人的におすすめは球面レンズですけどねw球面の方が価格が高くなりがちです。

ゴーグルのフレームあり・なし

スノボ・スキーゴーグルはフレームあり・なしが存在しています。一面フレームで施されたゴーグルが登場しています。このレームレスのゴーグルですが、レンズフレームがあるものより視界が広い特徴があります。

 

ただ、マグネットなどでレンズが付いているため大きな衝撃を加えるとレンズが吹っ飛ぶことがあります。価格的にもハイエンドモデルで採用されるため効果になりがちです。

好きなブランドや価格で決める!

ゴーグルに好きなブランドがあれば、そこから選択していく方が良いでしょう。自分が好きなブランドで買った方が愛着が湧きますからね!

 

それほど、ブランドを気にしないのであれば価格帯で決めるようになります。ブランドによって価格帯もことなるので!代表的なゴーグルブランドをいくつか挙げておきます。

  • OAKLEY(オークリー) 価格帯:20,000~50,000円
  • SMITH(スミス) 価格帯:10,000~40,000円
  • VONZIPPER(ボンジッパー) 価格帯:10,000~30,000円
  • ELECTRIC(エレクトリック) 価格帯:10,000~30,000円
  • DRAGON(ドラゴン) 価格帯:10,000~35,000円

ザっと思いつくブランドを挙げてみました。オークリーはスノーボードゴーグルだけでなくて、サングラスをアスリートが使用している場面を見たことがあるでしょう。

 

やっぱり各ブランドごとにエントリーモデルという低価格帯のモノとクオリティーを求める高価なハイエンドモデルが存在しているので価格帯で見るとどれも同じように見えますね。

 

もし予算に余裕があるならオークリー、スミス(I/O)をおすすめします。予算がそれほどない場合は、ボンジッパー、エレクトリック、ドラゴンから選んでいけばOKです!

 

またレンズがダブルレンズになっているかでも大きく価格が変わってきます。曇りづらいレンズを選ぶ場合はダブルレンズを選択しましょう。

顔にフィットするか?

先ほどもお伝えしましたが、最重要なことは顔にフィットするのか?ということです。これは実際にショップなどで装着することをおすすめします。

 

基本的にはどのメーカーもフィットしますが、顔のサイズに対してレンズが多き小さいがあるので、そちらを注意すると良いでしょう。中には「AsianFit」という鼻が低い人向けのモノもあります。欧米人は鼻がとても高いですからね。

レンズカラー(色)や可視光線透過率で決める!

レンズカラーでゴーグルを決めることも重要な基準です。このレンズカラーが曲者なんですよね!ゴーグルには同じ形・デザインでもレンズの色が違います。

 

これは天候によってレンズカラーを変える必要があるためです。はじめに言っておきますが、全天候をカバーできるような万能なレンズは存在しませんので、、、あ、ひとつだけあるか!それはあとで紹介します。

可視光線透過率とは?

ひとまずは「可視光線透過率」ってなんだ?ということですよね。これは全てのゴーグルに記載されています。この可視光線とは、人間の目で見える光のことです。

 

可視光線透過率(VLT)とは、人の目で見える光の量がレンズの外側から内側にどれくらい通過するかの割合を示しています。

 

・・・つまりレンズの明るさです。数値が0であれば暗くなり、高ければ明るくなります。

スノーボードゴーグルのレンズ

数値が小さいゴーグルは晴れた日に向いているレンズです。10%とかのレンズでナイター滑ると全く見えませんからね。そういうことですw

 

そのため、レンズがもう一枚付いているゴーグルもあります。メインではカバーできない部分を補填するためです。すべてのゴーグルではありませんが、15,000円位してくると殆どありますね。

レンズカラー(色)とは?

ゴーグルの内側レンズにはベースカラーのレンズがあり、外側のレンズにコーティングをしてある物が一般的です。

 

たとえば、見た目がゴールドであっても内側のレンズがピンクのレンズであれば視界はピンクになります。ミラーレンズは、晴天の時に効果を発揮します。

 

デコボコもはっきり見えるブルーライトを遮断しますので。しかし、ナイター等の暗いところでは、視界が真っ暗になります。視界がゴールドになっていないはずですw

 

ここでいうレンズカラーはその内側のピンク色したレンズのことを指しますので、それをこれから見ていきます。

  • ピンク系・・・オールマイティー(おすすめ)
  • オレンジ系・・・オールマイティー
  • イエロー系・・・曇りや夕暮れ
  • ブルー系・・・曇りや夕暮れ
  • グレー系・・・晴天や晴れ
  • クリア系・・・ナイター、屋内、夕暮れ

レンズカラーはこのような分類に分かれます。好き嫌いが分かれるところですが、僕のおすすめピンク系レンズになります。曇っても視界を明るくしてくれます。

 

そのあたりは各種メーカーによって異なるのでしっかりと確認しておきましょう。「晴れ・曇り用」「ナイター用」などレンズに分かりやすく解説があると思います。

  1. 平面or球面
  2. フレームあり・なし
  3. 好きなブランド・価格
  4. 顔にフィットするか
  5. 可視光線透過率を確認

別記事でおすすめゴーグルを紹介しているため、そちらも参考にしてくださいね!

スノボゴーグルの選び方のまとめ

スノボゴーグルと一言でまとめても、さまざまな種類があることが分かったと思います。基本的なゴーグルの選び方を知って自分にフィットするゴーグルを探してみましょう!

 

他の記事でさらにおすすめするスノボゴーグルについてまとめています。そちらの記事も参考にしてくださいえ!

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /