【ボード】

【SALOMON】クラフトの評価や特徴は?型落ちやユーザーレビュー!

SALOMON(サロモン)はスキー・スノボー用品が主力製品な企業です。そのほかにも登山関連の商品にも力を入れていますね。トレイルシューズなども販売しています。山の総合ブランド的な立ち位置でしょうか。

 

スノーボードに関しては、長年の開発経験より良い仕上がりものがリリースされています。板・ビンディング・ブーツとトータルで足元を揃えることもできます!愛用している人も多いブランドですね!

 

他にもSALOMONには多種多様なボードがあります。SALOMONのボードをまとめて紹介している記事もあるので参考になれば幸いです。


【SALOMON】クラフトのスペック

対象メンズ
形状ハイブリッドキャンバー
(RockOut Camber)
シェイプツインチップ
硬さ(Max10)3(柔らかい)
レベル初心者~上級者
サイズ展開150,153,155,157W,158,160W,162W

Rock Out Camber

安定性を追求してビンディング間にはフラット構造を採用。脚力の伝えやすい足の下付近だけをキャンバー構造にすることで反応性を持たせています。さらにプレスがしやすいように、トップとテールはロッカー構造になっています。

EQ Rad

Equalizer のストレートラインと Radial ラインを組み合わせた構造で、素早い取り回しが可能。ライドの楽しさを追求しました。

Popster

適所に配置された様々な厚さのウッドコアプロファイル。ウッドの自然なスナップと反発力を最大限に引き出します。スケートボードのキックテールが、スノーボードに組み込まれたような感覚です。

【SALOMON】クラフトの評価

適応ジャンル:オールラウンド

グラトリ(弾き系)
グラトリ(乗り系)
ラントリ
カービング
キッカー(小~中)
キッカー(中~大)
ジブ
パウダー

クラフトは、フリースタイルライダー向けに開発されたスノーボードです。パークに特化したボードで、ツインシェイプとフラットキャンバープロファイルで作られいます。

トリックを行う際にも安定感があり、キャッチのないライディングを可能です。

また、CraftはサロモンのEQ Radサイドカットを採用しており、バランスの良いライディングとターン開始のしやすさが特徴です。

あらゆるレベルのライダーに対応して、ジブ、プレス、バターなどのグラトリトリックに向いたボードです。

Craftは遊び心のある楽しいライディングを提供しながらも、しっかりとしたコントロールでライディングの安定性を保つことができます。

クラフトをレビュー!アサシンとの違いは?

SALOMONのCRAFTは形状がハイブリッドキャンバー(SALOMONの表記はロックアウトキャンバー)です。

そのためノーズテール側にロッカーが施されていることでエッジ掛かりを軽減しています。

SALOMONのCRAFTはとても乗りやすい板です。癖がないといった感じで他のボードに乗っていたとしても違和感なく乗ることが可能です。

エッジの抜けが良いのでワンメイクでもグラトリでもオールマイティにこなすことができます。滑走面がエクストルーデットでメンテもしやすい点もいいですね!

よくクラフトとアサシンを比較することがありますが、初心者よりなのがクラフト。エキスパートよりなのがアサシンです。そのため、現状のレベルを考えてどちらを選ぶか決めれば問題ありません。

サロモンのクラフトのセッティング

クラフトに合わせるビンディングですが、クラフトの特徴から同じくサロモンのDISTRICT HPSがおすすめです。ソフトなフレックスのためビギナー・グラトリ向きといえます。

ブーツに関しては、LAUNCHをおすすめとして挙げておきます。柔らかいブーツのため板の特徴と合わせることでより性能を引き出すことができます。

【SALOMON】LAUNCH LACE BOA SJ
サロモン(SALOMON)

まとめ

SALOMONのクラフトについてまとめました。SALOMON「ASSASSIN」も気になる方は確認してくださいね。あなたに合ったスノーボードが見つかるといいですね^^

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード