【ボード】

【NIDECKER】BETA APXの評価はパウダー性能が高いBEATの上位互換モデル!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

NIDECKERはスイス発祥のブランドで1887年創業しています。高品質のスノーボード、ブーツ、バインディングで知られています。製品は、耐久性が高く、様々なコンディションで優れたパフォーマンスを発揮するように設計されています。

 

優れた性能に対するコミットメントは、世界で最高のスノーボード会社の一つとしての評判を築き上げました。彼らは常に革新し、スノーボーディングで可能な限りのことを推し進めています。製品は世界の一流スノーボーダーによって使用されいます。

 

ここでは、その中でもNIDECKER「BETA APX」について評価をまとめました。また、別記事では、ナイデッカーのボードを全てまとめ評価していますので参考になれば幸いです。

sponsored

BETA APXのスペック

形状 パウダーロッカー
(SURFY CAMROCK)
シェイプ ディレクショナル
硬さ 10段階中7(やや硬め)
レベル 中級者・上級者・エキスパート
サイズ展開 157,162,165

Beta APXはバックカントリーマスターであるBetaに最高峰のマテリアルを搭載したハイブリッドモデルです。シェイプはナチュラル地形に完璧マッチするよう作られ、ノーズはテイパーが広く、テールは2股に分けられています。

 

ノーズに大きなボリュームを配置することでサーフライクなライディングを可能にし、レスポンス性能を引き上げるためにTriaxグラスファイバーとスリムサイドウォールを実現してくれるNidactive APXコンストラクションを採用することで、エッジが雪面をホールドする力を強めています。

 

ノーズとテールをカーボン補強することでポップを生み出しながら、バタつきを抑えることでN-9000ソールが可能にする高速域でのライディングもスムーズにこなしてくれます。

 

このボードは日本が誇るトップフリーライダー、美谷島慎から愛され、彼のように自然を愛し、赴くままに自由なラインを滑りたいライダーたちにお勧めします。

BETA APXのジャンル評価

適応ジャンル:パウダー

ツリーラン
カービング
地形
フリースタイル
オープンバーン
浮力

BETA APXにおすすめなビンディング

BETA APXにおすすめなビンディング

BETA APXの板の特徴や適性ジャンルを考えるとハードなビンディングでレスポンスを上げることを考えた方が良いでしょう。その方が板の性能をより発揮することができます。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

BETA APXにおすすめなブーツ

BETA APXにおすすめなブーツ

BETA APXはやや硬めなパウダー適性が高いボードです。そのため、合わせるブーツはミディアムからハードのレスポンスが速いものがおすすめです。個人的に合わせるならこのブーツを挙げておきます!

まとめ

この記事では、ナイデッカーのBETA APXについてまとめました。やや硬めなパウダー向きなボードだということが分かりましたね。

 

もう少しオールラウンド性をもたせたモデルとして「ALPHA APX」があるため検討されると良いかもしれません。それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました