いぐっちゃん

【WRX】Mk-S(マークエス)評価や型落ちは?いぐっちゃん開発!

この記事ではWRX「Mk-S(マークエス)」についてまとめています。評価レビューも行いながら解説していきます。購入している人は型落ちも検討していると思いますので、そちらも紹介していきます。

 

WRXといえばYoutuberとして活躍している「いぐっちゃん」が2020年より始動したブランドです。まだまだ認知度は低いかもしれませんが、グラトリする人の中では徐々に広まりつつありますね。

 

そんなWRXのMk-Sについてサクッとまとめると・・・

Mk-Sを一言で!

WRX「Mk-S(マークエス)」はラントリにおすすめなグラトリボード!

さらに詳しいことは以下まとめています。3分ぐらいでサクッと読める量なのでぜひ最後までご覧ください!

【WRX】Mk-S(マークエス)の評価レビュー

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

【レベル】

初心者・初級者・中級者・上級者・最上級者

形状シェイプ
キャンバーディレクショナルツイン
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
初心者・初級者・中級者・上級者・最上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
size
138・142・148.5・152・154

WRX「Mk-S(マークエス)」グラトリボードなのにカービングが楽しい、カービングボードなのにグラトリが楽しい。そんな二面性のある楽しさを兼ね備えたのがWRX。

朝一のピステンバーンから夕方の荒れた雪まで1日通して遊び方を変えながら様々なシーンで楽しめるカーブトリック、ラントリックに焦点を当てたスノーボード。 ソールにはこだわりの滑走性が高いマイクログラファイトを使用。

出典:WRXSBより

【WRX】Mk-S(マークエス)のテクノロジー

WRX「Mk-S(マークエス)」には、さまざまな技術・素材が使用されています。そのあたりをまとてめています。それを知ることで板の特徴がより分かってきますよ!

抜群の滑りやすさ

同くじのアウトランを設計。やや長めの有効エッジでターンの底上げしてくれるシェイプになっています。また、滑走性能が高いマイクログラファイトを使用して、日本全雪質に対応しています。

遊べるトリック性

トリックで遊びときに引っかかりを軽減するために可変ボトムを採用しています。板をフラットにして加重したい際は、接雪長が短くなること、よりトリックしやすい仕組みとなっています。

しなやかで強靭な高反発

独自設計のプレートとファイバーの組み合わせによってしなやかさと粘り強さを両立しています。さらに高反発を生み出すプレートが滑りの衝撃などもカバーします。

【WRX】Mk-S(マークエス)の評価レビュー

WRXのMk-S(マークエス)ですが、とてもグラトリしやすい板になっていますね!FNTCのTNTRとどちらにするか悩みましたが、WRXのデザインの方が好みなのでWRXを選びました!
WRXと言えばいぐっちゃん!いぐっちゃんの大ファンななので、板はWRX一択ですね!いつも動画見て勉強しています。アンチが湧くこともあるけど気にしないでどんどん動画上げてほしいな!WRXはめっちゃ滑りやすいし、ラントリにかなりおすすめ!操作性がよくてグラトリする人は1度は乗って欲しいですね!

WRXでは2021-22からMk-Sという新たなボードもラインナップされています。他の記事でWRXのMk-Sについてもまとめています。

【WRX】Mk-S(マークエス)の型落ち

WRXのMk-S(マークエス)は型落ちを見つけることができませんでした。というのも、受注生産もしくは少数生産のため残っている板がない可能性が高いです。

 

まだ2020年から始まったブランドですから、本数はかなり限られていることでしょう。むしろ、WRXを見つけた時点で即買いしないと次に見たときには売り切れている可能性すらありますので!

【WRX】Mk-S(マークエス)に合わせるビンディング

板については分かった!Mk-S(マークエス)を購入したいけど、どんなビンディングを合わせると良いのか知りたいという人も少なくないと思います。Mk-S(マークエス)の特徴から以下のビンディングをおすすめ候補として挙げてみました。

この記事ではWRX「Mk-S(マークエス)」についてまとめました!ほかの記事でもWRXのスノーボードを取り上げていますので、参考になれば幸いです(^^)