【ボード】

【ナイデッカー】THRUSTER(スラスター)の評価やレビュー!

この記事ではNIDECKER「THRUSTER(スラスター)」の板についてスペックや評価をまとめています。NIDECKERというブランドは古くからスノーボードを制作している老舗ブランドとして世界中でシェアがあるボードです。

 

日本国内では、あまり知名度が高くないかもしれませんが、とても品質が良くてお手頃なボードも取り揃えています。

 

また、ROME SDS、Bataleon、ギギ・ラフのSlash、ヘルガソン兄弟のLobsterボード、Switchbackバインディング、JFペルシャのNOWバインディングもNIDECKERグループのブランドです。

 

ここでは、NIDECKER「THRUSTER(スラスター)」の板について評価をまとめています。

【NIDECKER(ナイデッカー)】THRUSTER(スラスター)のスペック

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
硬さ6(MAX10)
レベル初級者・中級者・上級者・エキスパート
サイズ展開147,150,153,156,159,162

オールマウンテン攻め込むこのボードにNideckerは長年月を有して培ったスノーボードのシェイピング技術の全てを注ぎ込みました。

 

3Dデザインを採用し、以前から大人気だったPlatinumとRaveの長所を融合して作られたThrusterはアグレッシブなハイスピードカービングを得意とするオールラウンドモデルです。

 

Nideckerが提供する最軽量コアを採用し、パワフルなキャンバーベンドにワックス吸収率ナンバー1のN-9000シンタードソール。信じられないかも知れませんが、このボードはかなり走ります。

 

ノーズの接雪展をSideKick技術によって浮き上げることで、よりスムーズなエッジへの入りを実現し、パウダーでは浮力を向上させてくれます。

 

カーボンに衝撃を吸収してくれるAbsorbnidトップシートをプラスすれば、涙が出てくるような高速域でもバタつきません。

【NIDECKER(ナイデッカー)】THRUSTER(スラスター)のジャンル評価

フリーラン
パウダー
カービング
ジブ
グラトリ(弾き系)
グラトリ(バター系)
ラントリ
キッカー
ハーフパイプ

NIDECKER(ナイデッカー)】THRUSTER(スラスター)におすすめなビンディング

THRUSTER(スラスター)の板の特徴や適性ジャンルを考えると硬めのビンディングを合わせるとより板の性能を発揮することができます。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

UNION「FALCOR」はハードなフレックスでレスポンスがとても良いビンディングです。THRUSTERの性能を十分に引き出してくれることでしょう。FALCORについてもまとめているため気になる方は確認してくださいね。

【NIDECKER(ナイデッカー)】THRUSTER(スラスター)の評価やスペックのまとめ

この記事では、スペードのTHRUSTER(スラスター)についてまとめました。ナイデッカーについては世界的に有名なブランドだということを知らない人も多いかもしれません。

 

高品質でファンが世界中にいますね。そのナイデッカーの中でもTHRUSTER(スラスター)はオールマウンテンに対応できる板だということが分かりました。

 

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード
BURTONのビンディング一覧
FLUXのビンディング一覧
UNIONのビンディング一覧
フリーランスなスノーボーダー
まさやん
フリーランスなスノーボーダーとして年間50日以上滑走しています。中国・近畿地方の山々がホームゲレンデ!1週間単位で長野・新潟にも遠征することもよくあります。
\ Follow me /