【ボード】

【NIDECKER】スラスターの評価はオールラウンドだけどパウダー適性が高い!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

NIDECKERはスイス発祥のブランドで1887年創業しています。高品質のスノーボード、ブーツ、バインディングで知られています。製品は、耐久性が高く、様々なコンディションで優れたパフォーマンスを発揮するように設計されています。

 

優れた性能に対するコミットメントは、世界で最高のスノーボード会社の一つとしての評判を築き上げました。彼らは常に革新し、スノーボーディングで可能な限りのことを推し進めています。製品は世界の一流スノーボーダーによって使用されいます。

 

ここでは、その中でもNIDECKER「THRUSTER(スラスター)」について評価をまとめました。また、別記事では、ナイデッカーのボードを全てまとめ評価していますので参考になれば幸いです。

sponsored

スラスターのスペック

形状 キャンバー
(POSITIVE CAMBER)
シェイプ ディレクショナル
硬さ 10段階中7(やや硬め)
レベル 中級者・上級者・エキスパート
サイズ展開 153,147,150,156,159,162

THRUSTER(スラスター)は、多目的で高性能なスノーボードです。方向性のあるシェイプとミディアムフレックスにより、このボードはターンがしやすく、高速での安定性を提供します。キャンバー形状とカーボンファイバーの構造により、反応性が高いです。

 

また、シンタードベース9000を採用することで高速でスムーズな滑りができます。パフォーマンススノーボードを形作る数十年の経験を注ぎ込み、新しいオールマウンテンボードとしてスラスターが誕生しました。

 

過去のベストセラーモデルであるプラチナムとレイブの要素を組み合わせ、最新の3Dデザインを取り入れて、スラスターは攻撃的な高速カービングに最適です。

 

Nideckerラインで最も軽いライトコアに構築され、強力なキャンバープロファイルと超高密度のN-9000シンタードベースを備えています。

 

サイドキックは、ワイドポイントを雪から持ち上げ、エッジをスムーズに接続することで、ノーズを深い雪やクラッドから押し出すのに役立ちます。

スラスターの評価

適応ジャンル:オールラウンド

カービング
フリーラン
パウダー
グラトリ
キッカー(小~中)
キッカー(中~大)
ジブ

スラスターにおすすめなビンディング

THRUSTER(スラスター)の板の特徴や適性ジャンルを考えると硬めのビンディングを合わせるとより板の性能を発揮することができます。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

UNION「FALCOR」はハードなフレックスでレスポンスがとても良いビンディングです。THRUSTERの性能を十分に引き出してくれることでしょう。FALCORについてもまとめているため気になる方は確認してくださいね。

スラスターにおすすめなブーツ

スラスターにおすすめなブーツ

スラスターはやや硬めなオールラウンド性が高いボードです。そのため、合わせるブーツはミディアムからハードのレスポンスが速いものがおすすめです。個人的に合わせるならこのブーツを挙げておきます!

まとめ

この記事では、ナイデッカーのTHRUSTER(スラスター)についてまとめました。ナイデッカーについては世界的に有名なブランドだということを知らない人も多いかもしれません。

 

高品質でファンが世界中にいますね。そのナイデッカーの中でもTHRUSTER(スラスター)はオールマウンテンに対応できる板だということが分かりました。

 

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました