【ボード】

【SPREAD】LTA-Fは乗り系トリックが得意なグラトリ板!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事ではSPREAD snowboards「LTA-F」の板についてスペックや評価をまとめています。あまり聞き慣れないSPREADというブランドですが、2017年に誕生した国産スノーボードブランドです。

 

グラトリで有名な尾川慎二さんを筆頭にグラトリ大会でも上位成績を収めているメンバーがライダーとして活躍しています。とくに江端翔兵さんといえば知っている人も多いかもしれませんね。

 

SPREADの板はグラトリ特化していると考えていいでしょう。そんなSPREAD「LTA-F」についてどんな板か?スペックなど評価をまとめています。

【SPREAD】LTA-Fのスペック

23-24モデルの早期予約が始まっています。生産数量も限られているため早く売り切れることが想定されるため検討されている場合はお早めに!
形状 キャンバー
シェイプ ツインチップ
硬さ 2(かなり柔らかい)
レベル ビキナーから上級者
サイズ展開 145,148,151,153,156

SPREAD「LTA-F」をベースにしています。違うところはセンターのフレックスをさらに柔らかくしていることでキャンバーも従来より低い設定になっています。そのため、LTAよりも乗り系トリックへの適性が高くなっています。

【SPREAD】LTA-Fのジャンル評価

フリーラン
パウダー
カービング
ジブ
グラトリ(弾き系)
グラトリ(バター系)
ラントリ
キッカー

SPREAD】LTA-Fにおすすめなビンディング

LTA-Fの板の特徴や適性ジャンルを考えると柔らかめで扱いやすいビンディングを合わせるとより板の性能を発揮することができます。さまざまなビンディングがありますが、以下のビンディングが個人的におすすめですね。

【SPREAD】LTA-Fの評価やスペックのまとめ

この記事では、スペードのLTA-Fについてまとめました。まだ新しいブランドの板のため乗っている人が極端に少ないですね。

 

ゲレンデで板が被りたくないという思いがあって、グラトリをメインに取り組んでいる方は検討の余地ありです。それでは、あなたのスノーボードライフが良いいいものになりますように!

ABOUT ME
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました