【ボード】

【011artistic】X-FLYシリーズの評価はグラトリが得意!だけどオールラウンドにも使える!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

011artistic(通称ゼロワン)は、スノーボード界においてその独自の技術とデザインで名を馳せるブランドです。

冬の雪山を舞台に、最高のパフォーマンスを追求するスノーボーダーたちにとって、011artisticのボードはその信頼性と革新性で選ばれ続けています。

特に、ブランドが誇る「X FLYシリーズ」は、最新の技術と独自のデザインが融合され、国産最軽量キャンバーボードとして、多くのライダーからの注目を集めています。

それぞれのモデルが持つ特性と魅力、そしてどのようなライディングスタイルに適しているのかを深く探っていきましょう。

sponsored

X-FLYシリーズ3種類のスペックを評価比較

X FLYX FLY SPINX FLY PRO
対象メンズ・レディースメンズ・レディースメンズ
形状ハイブリッドキャンバー
(FLAT TWIN CAMBER )
ダブルキャンバー
(SPIN CAMBER)
ハイブリッドキャンバー
(FLAT TWIN CAMBER )
シェイプツインチップツインチップツインチップ
ボードの硬さ10段階中4
(やや柔らかい)
10段階中4
(やや柔らかい)
10段階中5
(普通)
対象レベル初心者から上級者初心者から上級者中級者以上
サイズ138,141,144,148
150,152,154,155
138,141,144,148,149
150,151,152,153,154,155
150,152

X FLY:軽量性と高反発性能

「X FLY」は、軽量性と高反発性能を生かしたモデルであり、特にグラトリやジビングにおいてその性能を発揮します。

スーパー繊維PEファイバーの採用により、ボードの高反発性能と振動軽減性能が向上し、トリックの際の浮遊感や安定性を高めます。

さらに、カーボンシートの配置や超軽量フォームコアの使用により、瞬時の反応性とキレの良さが得られ、テクニカルな動きや高度なトリックにも対応します。

また、このボードの軽さにより、1日中の滑走でも疲れにくくなります。そのため、長時間のパークライディングや連続したトリックの実行にも適しています。

さらに、船底のような形状のソール(コンベックスソール)は、ジビングやグラトリでのエッジの引っかかりを最小限に抑え、滑りが非常になめらかになります。

この特性は、特にグラトリやジビングを得意とするライダーにとって非常に魅力的です。

X FLY SPIN:最軽量のダブルキャンバー

X FLY SPINは、スノーボード界に新たな風をもたらす、国産最軽量のダブルキャンバーボードとして注目を浴びています。

このボードの核となるのは、カモメの翼を彷彿とさせる独特のダブルキャンバーソール形状。この形状は、低速でのスピンやドライブが非常に容易になり、まるで魔法の絨毯に乗っているかのような滑走感を実現しています。

さらに、PEファイバーという新素材繊維を採用することで、高反発性能と振動軽減性能を両立。これにより、トリック時の反発や安定感が格段に向上しています。

また、新しい軽量ハイブリッドコアの採用により、従来のウッドコアの持つ強度と反発を保ちつつ、さらなる軽量化を実現。

ジビングやスピン時のエッジの引っ掛かりを最小限に抑える技術も取り入れられており、スノーボードの新たな可能性を追求した一品となっています。

X FLY PRO:キャンバー高反発

X FLY PROは、キャンバー高反発モデルとしての位置づけられ、その名の通り、高反発性能を持つボードとして登場しています。

このモデルは、PEファイバーを加えることで、更なる高反発性能を実現。このPEファイバーは、カーボンよりも優れた高反発と振動軽減性能を持ち、トーションを変えずに強い反発を得ることができます。

また、新しい軽量ハイブリッドコア「FOAM CORE」を採用することで、従来のウッドコアの強度と反発を保ちながら、さらなる軽量化を果たしています。

さらに、船底のような形状の「CONVEX SOLE」を採用することで、ジビングやグラトリ時のエッジの引っ掛かりを最小限にし、滑りのスタイルを選ぶことができます。

このボードは、高速ランやカービングにも安定感を持ち、ライダーを次のレベルへと導く一品となっています。

X-FLYとX-FLY SPINを比較

 X-FLYX-FLY SPIN
形状(ベント)キャンバーハイブリッドダブルキャンバー
ビべリングなしあり
コンベックスハイグレードグラウンドハイグレード
定価(税抜)107,800円108,020円

X-FLYについてはキャンバー形状でビべリングなしということなので、雪面をグリップする力が強いです。そのため、グラトリであれば弾き系のトリックに向いています。オーリー、ノーリーを利用するトリックには特におすすめ!

キッカー・カービングにおいても、板の性能を十分に発揮することができます。011でキッカーに取り組むなら僕であればこの「X-FLY」を選択しますね!

X-FLY SPINについては、X-FLYよりもかなり操作性が良くなっています。ビべリングあり、コンベックスも強いため板をドライブ・プレスといったトリックが行いやすいです。

ブリットダブルキャンバーのため弾きも申し分ないです!全体的にグラトリにおすすめできますね。とくにバター系トリックに向いているので、プレス、スクラッチなどのトリックが含まれていると、エッジ掛かりが軽減されてトリックしやすいです。

X FLYシリーズはグラトリ特性が高いと評価

適性が高いジャンル

グラトリ

X FLYX FLY SPINX FLY PRO
グラトリ(弾き系)
グラトリ(乗り系)
カービング
パウダー
キッカー(小~中)
軽さ

X FLY:オールラウンド

「X FLY」は、国産最軽量キャンバーボードとしての特性を持ち、その軽さと反発性能を活かしたオールラウンドな滑走が得意です。

スーパー繊維PEファイバーの採用により、高反発性能と振動軽減性能が特徴で、1日中の滑走でも疲れにくいのが魅力です。

X FLY SPIN:グラトリ、ジビング

「X FLY SPIN」は、ダブルキャンバーソール形状を持つことで、低速でのスピンやドライブが非常に容易となっています。この特性により、特にグラトリやジビングを主体とするライダーにとって、非常に魅力的なボードとなっています。

また、ジビングやスピン時のエッジの引っ掛かりを最小限に抑える技術も取り入れられており、滑りが非常になめらかです。

X FLY PRO:グラトリ、カービング、高速ラン

「X FLY PRO」は、キャンバー高反発モデルとして、PEファイバーを更に加えた高反発性能を持つボードです。

この高反発性能と新しい軽量ハイブリッドコアの採用により、グラトリだけでなく、カービングや高速ランにも非常に適しています。

まとめ:011X FLYシリーズの評価について

011artisticのX FLYシリーズは、最新の技術と独自のデザイン哲学を融合させた、スノーボード界における革新的なモデル群として登場しています。

オールラウンドな滑走から、テクニカルなグラトリ、そして高速ランやカービングまで、各モデルが持つ独自の特性を理解し、選択することで、雪山での最高の体験を実現することができます。

X FLYシリーズは、その名の通り、飛ぶような軽さと高反発性能を持つボードとして、多くのスノーボーダーから支持を受けています。

このシリーズを通じて、あなたのスノーボードライフがさらに豊かになることは間違いないです!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました