RIDE

【RIDE】WARPIG(ワーピグ)評価レビュー!長さの選び方は?

この記事ではRIDE「WARPIG」についてまとめています。評価レビューも行いながら、解説していきます。長さの選び方も説明していきますね。

 

RIDEといえば世界的にも知られているメーカーですね。多種多様な板を揃えていることから多くのファンがいます。その中でもWARPIG(ワーピグ)はとても面白い板です!もちろん良い意味でですよ!

 

「WARPIG」についてザックリとまとめると

WARPIGを一言で!

RIDE「WARPIG」はカービングターンが最高に気持ち良い板です!

さらに詳しいことは以下まとめています。3分ぐらいでサクッと読める量なのでぜひ最後までご覧ください!また、WAPIGの上位互換でもあるRIDEのSUPERPIGの評価も知っておくと板選びの幅が広がりますね!



【RIDE】WARPIG(ワーピグ)評価!長さの選び方は?

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

【レベル】

初心者・初級者・中級者・上級者・最上級者

形状シェイプ
パウダーロッカーディレクショナル
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
初心者・初級者・中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
size
XS(142cm) S(148cm) M(151cm) L(154cm) XL(158cm)

RIDE「WARPIG」はパウダロッカー(フラットロッカー)のため敬遠されがちなベントです。ただ、深いサイドカーブ、テーパードシェイプから発揮される性能で、とてもカービングが気持ち良い板です。

自分の思い描いたラインを滑ることができる、なぜだか分からないけど面白いように滑ることができます。ソフトめなフレックス、ワイドな板幅のためグラトリでもバター系トリックはそつなくこなすことができます。

【RIDE】WARPIG長さの選び方

RIDE「WARPIG」には、XS(142cm)・S(148cm)・M(151cm)・L(154cm)・XL(158cm)の5つの長さ展開があります。どの長さを選ぶか悩むところではありますね。WARPIGの場合は、通常のスノーボードの長さの選び方よりも短い板を選ぶと良いです。

 

たとえば、身長170cmであればS(148cm)が丁度良いサイズになります。どうしてもM(151cm)を選びたくなりますよね。

【RIDE】WARPIGの評価レビュー

RIDEのWARPIGはとても驚く板ですね!その見た目とは全然違う乗り心地ですから、新雪・フリーラン・カービングとハイレベルに性能を発揮する面白い1枚ですね!

【WARPIGの総括】

ノーズ部分はきつく、テールをワイドなラディウスで組み合わせたサイドカットにより、ターン時にスピードを損なわずに最大限のグリップを発揮。

アスペン、竹、キリを組み合わせたパフォーマンスコアはボードの強さと軽さを完璧なバランスで実現。

トップシートを省き、ファイバーグラスに直接グラフィックを印刷するトップレス構造は、耐久性を向上させながら軽量化をもたらした。

WARPIGは、数々のテストを経て完成した中級者から上級者向けのオールマウンテンボード。さあこの1本で、極上のパウダーを滑り倒そう!

【RIDE】WARPIGの型落ち

RIDEのWARPIGは型落ちだとかなりお得な価格になっています。型落ちといっても性能が違う板のように変わることはないので、安心して購入することができますね。以下、安く買うことができるショップを挙げていますので参考にしてください。サイズがあればラッキー!

【RIDE】WARPIGに合わせるビンディング

板については分かった!WARPIGを購入したいけど、どんなビンディングを合わせると良いのか知りたいという人も少なくないと思います。WARPIGの特徴から以下のビンディングをおすすめ候補として挙げてみました。

FLITE PROについて詳しく知りたい方は「【UNION】フライトプロの評価はグラトリや初心者向き!型落ちがお買い得!」を参考にしてください。

【RIDE】WARPIG評価のまとめ

この記事ではRIDE「WARPIG」についてまとめました!ほかの記事でもRIDEのスノーボードを取り上げていますので、参考になれば幸いです(^^)