【ブーツ】

【BURTON】SWATHの評価はフリースタイル特化モデル!ミッドフレックスなフィット感が好評!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事では、BURTONのブーツSWATH(スワス)について詳しく解説しています。SWATHには「スワス BOA」と「スワス ステップオン」の2種類があります。

それぞれの特徴や評価を詳細にまとめています。特にステップオンとBOAのどちらを選ぶか迷っている方には、この記事のレビューが参考になるでしょう。

また、BURTONのブーツSWATHはどのようなライディングスタイルに適しているのかも解説しています。ぜひ、ご一読ください。

スワスの特徴

ミドルフレックスで軽量!フリースタイルに向いているモデル!

他の記事でBURTONのブーツを全種類まとめている記事もあるので併せてご確認ください。それではスワスについて解説していきます。

sponsored

【BURTON】SWATHのスペックや評価について

スワスの特徴

BURTONのスワスには3種類で展開されています。それぞれ特徴が異なるためSWATHを選ぶときにはそれぞれの違いを知っておく必要があります。

スワスの種類

*レーシングとは紐を引っ張るだけでブーツを締め上げることができるシステム。BURTONの場合はSpeedZone(スピードゾーン)という名称があります。23-24モデルよりスピードゾーンモデルが廃盤となっています。

BOAモデルの評価

サイズ感フレックス(1柔⇔10硬)
普通6
WEGHT(1軽⇒10重)HOLD(1弱⇒10強)
46

スワス ボアですが、ブーツを締め上げる方式に2つのボア(BOA)が採用されています。余談にはなりますがBURTONのBOAブーツはすべてダブルBOAとなっています。

ダイヤル式になっていることからダイヤルを回すだけでブーツを締めることが可能です。力が弱くてもカンタンにブーツを締めることができます。

BURTONのボアはダブルボアになっているためアッパー(足首より上の上部)、ロウワー(足の甲の部分、下部)締め具合の調整ができます。

ダブルボアブーツのメリット
  1. 精密なフィット: 上部と下部の2つの独立した調整ゾーンがあり、ブーツのフィット感をユーザーの好みに合わせて調整できます。
  2. 迅速な調整: BOAダイヤルを回すだけで簡単にテンションを調整できるため、素早くブーツを履いたり脱いだりすることができます。
  3. 均一な圧力分布: レースを均等に締めることで、足全体に均一な圧力をかけることができ、不快な圧迫感を減少させます。
  4. 耐久性: BOAシステムは、従来のレースよりも耐久性が高く、繰り返しの使用にも耐えることができます。
  5. 簡単なメンテナンス: BOAシステムは簡単に交換や修理が可能で、長期的な使用にも適しています。
  6. 手袋を着用したままの調整: 寒い環境でも手袋を脱ぐことなくブーツの調整ができます。
  7. 一定のテンション: 一度設定したテンションが一日中維持され、頻繁な再調整の必要がありません。

シングルボアの製品だとアッパー(足首より上の上部)、ロウワー(足の甲の部分、下部)の調整ができません。全体的を締め上げます。BURTONはすべてダブルボアのため、アッパーとロウワーで締め付けを調整できます。

ステップオンモデルの評価

サイズ感フレックス(1柔⇔10硬)
普通6
WEGHT(1軽⇒10重)HOLD(1弱⇒10強)
46

スワスのステップオンですが、とても便利です!ブーツをビンディングにカチッと取り付けるだけで固定することができます。

そのため、他のスワスとは仕組みが全く違うため、ステップオンにはステップオン専用ブーツとビンディングの組み合わせとなります。

ステップオンのメリットとしては、ブーツとビンディングの固定がめちゃくちゃカンタンです。滑りながらでもセッティングできますよ(笑)

デメリットとしては価格帯は高価になること、ブーツとビンディングの種類に幅がないことです。さらにステップオンについては詳細をまとめています。

使用者のレビューについて

20代男性
20代男性

スワスのボアブーツは快適ですね!前はレーシングだったけど、BOAにしてブーツの締め付けがしやすくなりました。レーシングと感覚的に変わるところはないので、システムの好みで選べばいいですね!

20代男性
20代男性

BURTONのステップオンですが、とても快適です。いちいちビンディングとブーツを固定するために座り込んだり止まったりしなくていいですからね。腰にはかなり優しいですwそれがあるのでステップオン最高です(笑)

フィット感がよく履き心地も好評

BURTONのSWATHのサイズ感は普通です。自分の足サイズを正確に測定する必要があります。

普段履いている靴のサイズは参考になりませんので、しっかりと測定してください。

測定したサイズに+0.5mmほどを加えるとちょうどいいサイズになります。

もう少し余裕を持たせたい場合は、+1cmのサイズを選ぶと良いでしょう。

厚手の靴下を履く場合は、実寸サイズよりもワンサイズ大きめを選ぶことができます。

型落ちモデルでも5万円前後が相場

BURTON製品は全般に言えることですが生産数が多いです。大型量販店でも取り扱いがあるため、型落ちモデルが残っているケースが多いです。

現にスワスについても同様に型落ちモデルが流通しています。ただ、型落ちモデルといえども5万円前後が相場となっているため、なかなかの出費になることは覚悟しておきましょう。

現行モデルはインフレ・円安の影響もあってさらに値上がりしています。そのため、型落ちモデルでコスパを考えることも賢い選択ですね。

まとめ:BURTON「SWATH」の評価について

SWATH BOA®スノーボードブーツは、フリースタイルライダーからバックカントリーの冒険者まで、あらゆるスノーボーダーに革新的なフィットと快適性を提供します。

ダイナミックなダブルボアシステムと先進的なテクノロジーが融合し、山でのあらゆる瞬間において、パフォーマンスと快適性を最大限に引き出します。さらに快適に滑るにはスノボ専用インソールも検討すると良いですよ。

また、同ブランドではスワス以外に「フォトン」「ルーラー」を比べると良いですね。それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました