【K2】FAROUTの評価はスプリットボード専門のビンディング!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

K2のスノーボードビンディングは、その高品質と多様性で多くのプロフェッショナルからアマチュアまで高い評価を受けています。特に、耐久性とパフォーマンスに優れています

この記事では、その中でも「FAROUT(ファーアウト)」というビンディングについてまとめています。K2にはさまざまなビンディングがありますがその中でも人気なモデルです。

その中でも、FAROUTがどのジャンルに適正があるかもまとめています。さらにユーザーレビューなども紹介しています。

FAROUTの特徴

同ブランド唯一のスプリットボード専用ンのビンディング!

さらに詳しいことは以下にまとめられています。FAROUTについて詳しい評価やレビューを見ていきましょう。

また、その他のK2ビンディングについて全種類を紹介した記事もあるため参考になれば幸いです

FAROUTのスペック

対象メンズ
フレックス10段階中7(やや硬い)
ウエイト10段階中3(軽い)
ビスホール
2×4
4×4
3D
CHANNEL
サイズ
S22.5 – 25.0
M25.0 – 7.0
L27.5 –
XL29.0 – 33.0

スプリットボーディングライダーはよく知っていますが、最もエキサイティングなターンは通常、ゲレンデの外にあります。K2のFar Outはバックカントリーの冒険をサポートする設計になっています。

このビンディングは、スプリットとディセントモードの間で素早く切り替えることができます。中程度のフレックスとアルミ製フレームは頑丈で、CNC加工によって不必要な重量を削減しています。

高耐久性のLexan製ハイバックは、レバー一つで簡単にモードを切り替えられ、スキントラックでもスムーズな滑走が可能です。

特に、ヒールロック機能を使えば、厳しい下りでもバインディングを素早く固定・解除できます。

Sender 3Dアンクルストラップはパッドがなくても快適で、PerfectFit 2.0トウストラップは各種のスノーボードブーツに適応し、優れた反応性と感触を提供します。

Far Outには、便利なピボットタワーとヒールリフターも備わっています。

FAROUTのジャンル評価

適性が高いジャンル

パウダー・バックカントリー

フリーラン
カービング
パウダー
グラトリ(弾き系)
グラトリ(乗り系)
ラントリ
キッカー
ジブ

FAROUTのレビュー

FAROUTのレビュー
30代男性
30代男性

ツアーモードとライディングモードの切り替えが非常に簡単で、レバー一つで済むのは本当に便利。Sender 3DアンクルストラップとPerfectFit 2.0トウストラップは、長時間の使用でも快適です。

30代男性
30代男性

Far Outバインディングは全体的には素晴らしい製品です。特に、スプリットモードとディセントモードの切り替えがスムーズで、Lexan製のハイバックは耐久性があります。ヒールリフターは特に便利で、長いアップヒルでも疲れにくいです。ただし、価格が少し高いので、予算に余裕がある人にはおすすめです。

まとめ

K2「FAROUT」について評価や適正ジャンルなど紹介しました。FAROUTはバックカントリーに最適なモデルだということが分かりました。

K2の多種多様なビンディングを紹介している記事もあるため参考にしてくださいね。それではあなたのスノーボードライフがより良いものになりますように!

ABOUT ME
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました