【FLUX】グラトリ向きなビンディングDS・GT・TWのどれ?違いを比較して結論付け!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事ではFLUXのビンディングで人気のある「DS」「GT」「TW」についてグラトリに向いているのはどれなのか?違いや評判をまとめました。

もともとはビンディング専門メーカーのFLUX(フラックス)。グラトリにおすすめなビンディングは大きく分けて5種類となります。

その中でも特にグラトラーに人気があるのは「DS」「GT」「TW」というモデルです。個人的に最もおすすめなモデルは「GT」です。

これら3モデルとも男女兼用モデルのため女性のグラトラーにも同じことが言えます。

それぞれに良さがあるため、その3つのモデル「DS」「GT」「TW」についてこの記事では比較していきます。

FLUXビンディングでグラトリ向きビンディングを探している人のお役に立てれば幸いです。それでは、さっそく見ていきましょう。

FLUXのグラトリ向きビンディング

FLUXはボード・ブーツ、ビンディングと足元を一式揃えることができる総合ブランドとして知られています。一昔前は、ビンディングのみを取り扱うビンディング専門ブランドでした。

そのため、スノーボーダーの中にはFLUXのビンディングしか使わないというヘビーユーザーも少なくないです。さまざまなジャンルに対応できる多様性が人気な理由でもあります。

その中でもグラトリに特性が高い「DS」「GT」「TW」を紹介していきます。

オールマイティーに活躍するDS

硬さ10段階中5(普通)
重さ10段階中6(普通)

フリースタイルスノーボーディングを求めている人には最適です。グラトリ、ジブ、キッカーをそつなくこなすビンディングとしてド定番です。

FLUXの黎明期からあるビンディングモデルです。ここからWINGなど特徴を持たせたのがあとで紹介するGTやTWになります。

DSは、かなり人気のシリーズのためにシーズンインする前に購入しておくこといいでしょう。シーズンになると品切れが続くビンディングですのでお早めに。

DSについて更に詳しく知りたい場合は「【FLUX】DSの評価レビューや型落ちは?最も人気なビンディング!」も参考にしてください!

ウイングがあるホールド感が抜群なGT

硬さ10段階中4(やや柔らかい)
重さ10段階中4(やや軽い)

DSシリーズの中でも専用WINGがあるため最もフィット感があるビンディングです。

WINGがあることでオーリー、ノーリーのパワーが伝えやすいです。プレス時にはよりフィットしてフィーリングがいいですよ!

GTについて詳細な解説は「【FLUX】GTの評価レビューやサイズについて!最高のホールド感ならコレ【型落ちも紹介】」でまとめています!

TW

硬さ10段階中4(やや柔らかい)
重さ10段階中3(軽い)

TWはFLUX最軽量モデルです。最小の接地面積と軽量で柔軟なベースプレート、しなやかなハイバックが組み合わさっています。

このモデルは遊びやすさを重視しており、フレキシブルな設計による自由な動きと、ウィングサポートによるプレスやターン時の効果的なパワー伝達を両立しています。

ミディアムフレックス素材を使用しており、ビギナーからエキスパートまで幅広いライダーに対応します。

足の動きに自然に追従しながら、板のフレックスを最大限に活かすことができます。

TWについても「【FLUX】TWの評価レビューやサイズは?最も扱いやすい!型落ちがお得!」にまとめています。

DS・GT・TWを比較

FLUXのDS・GT・TWを比較

一通り3つのビンディングを見てきました。どれがグラトリにおすすめかは、グラトリのみで考えるとGTです。それぞれの特徴を表にまとめました。

 WINGフィット感軽さ(Mサイズ)
DSなし普通(812g)
GT幅が広い軽い(???g)
TWあり最軽量:軽い(786g)

重さについてはMサイズを比較しています。GTの重さが分かりませんが、DSよりは軽いはずです。ここからグラトリ専門としてGTをおすすめする理由は、フィット感と軽さになります。

とくにフィット感はグラトリでは重要視する項目です。オーリー・ノーリーの力が伝わりやす、プレスでの無駄がない力の伝わりやすさかおすすめできます。

個人的な見解は、グラトラーとしてグラトリ専門に取り組む人はTW、ビンディングにホールド感を求める人はGT、グラトリ外のジャンルも楽しみたい人はDSという考え方を基準にすると良いです。

まとめ:FLUXでグラトリにおすすめなビンディングについて

この記事では、FLUXのビンディングでグラトリにおすすめなモデルはどれなのか?という疑問についてまとめました。

基本的には「DS」「GT」「TW」が候補として挙げることができます。その中でも、ブランド最軽量でもある「TW」が個人的なおすすめモデルです。

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

ABOUT ME
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました