スノーボーダー

平野歩夢が大怪我した映像がエグイ!尋常ではない高さ!

この記事では平野歩夢選手が大怪我をしたことについてまとめています。怪我したのは大会での出来事のため、当時の映像が残っています。

 

あの高さから着地して、その勢いで倒れてしまっていますから、、、。

 

ということで平野歩夢選手の大怪我について映像と共に振り返ってみました。その後、平昌五輪で銀メダルを獲得していますが、とんでもない精神力の持ち主ですよね!


平野歩夢が大けがした映像がエグイ!尋常ではない高さ!

2017年3月、大技に失敗したことでなんと左膝の内側即副じん帯を損傷、さらには腹部も強打して肝臓までも痛めるという大怪我となって戦線を長期離脱していました。

 

それまでずっと一緒にあったスノーボードから離れ、リハビリする毎日。この間に、これまで築き上げてきた自信が無くなっていくのを感じていたそうです。無理もないですよね。

 

上述したように、順風満帆とも言える結果を残し続けてきたわけで、その中でこうした大怪我で大きくストップをかけられてしまったわけですから。ご本人もすごく長く感じた、と語っています。

 

そして復帰した2017年年の9月で開幕戦で2位という存在感をアピール!

 

そして、その後に優勝と復帰を遂げ、この時にはさすがに「ようやく自分のスノーボードが帰ってきた」とホッとした表情を見せていました!なんにせよ、平昌五輪に間に合ってよかったですよね〜。

平野歩夢が平昌五輪で銀メダル

そんな大怪我をされてもまだ怖がらずに続ける精神力がすごいと思いました、普通、少なからず恐怖心が芽生えるはずですが、その後の平昌五輪で銀メダルを獲得して完全復活しています。

 

個人的な採点だとショーン・ホワイトよりも良かったですからね。平野歩夢選手の方が技の難易度も高いです。ショーンホワイトはグラブできない(ブーツを掴んでいた)トリックがあったので、それが減点されていない・・・と感じました。

 

ショーンホワイト自身も演技していましたからね。完ぺきにメイクできたと。ただ、ショーンホワイト自身がそのことを最も分かっていますから心中はどうなんでしょうかね?平野歩夢選手の方が構成も難易度が高い且つ完ぺきにメイクしています。

 

ビデオアシスタントがオリンピックでも導入されていくかもしれません。スノーボードの採点についても今後見直してほしいモノです。

平野歩夢が大怪我のまとめ

平野歩夢選手は平昌五輪に向けて出場した試合で雪面に叩きつけられたことで左ひざ人体損傷、さらには腹部強打による肝臓損傷という大怪我を経験しています。

 

その後に回復して平昌五輪に何とか間に合った状態でしたが見事銀メダルを獲得するという偉業を達成しています。次の冬季北京では金メダルの獲得を期待したいですね!