スノーボードにはいろいろなスタイルで滑っている人がいますね!カービング・キッカー・パーク・グラトリなど多種多様です。そのため、板に関しても様々なボードが存在しています。

 

ここでは、グラトリに注目していきます。グラトリと言ってもいくつかのスタイルに分かれています。そうなると選ぶ板の長さも変わっていきます。

 

長さだけでなく、シェイプ、形状がかなり重要になるので、板選びの際はしっかりと意識することをおすすめします。それでは、解説していきます!

グラトリ向きの板選びの前にスタイルを!

先ほども少し書いていますが、グラトリにはスタイルがあります。グラトリしかしない、キッカーもする、グラトリでもバター系・弾き系などありますね。

 

その中でも、自分がどのようにグラトリに取り組むか決めてから選ぶ方が良いでしょう。以下、僕が考えたスタイルに合った板選びの基準です。分からない用語があったとしても以降、解説していきます!

 

グラトリのみバター系

長さ:基準

硬さ:ベリーソフト

シェイプ:ツイン

形状:フラット

 

グラトリのみ弾き系

長さ:基準

硬さ:ミドルより少し柔らかめ

シェイプ:ツイン

形状:キャンバーorダブルキャンバー

 

グラトリとキッカーも

長さ:基準

硬さ:ミドル

シェイプ:ツイン

形状:キャンバーorダブルキャンバー

 

あくまで僕の経験則からのおすすめの選び方です。そのため一概にいうことはできません。いろいろな考え方があってもいいと思います!それでは、僕がどのような考え方を基準としているのか解説していきます。

グラトリ向きの板のシェイプとは?

スノーボードの板には「シェイプ」がとても重要です。シェイプが分からない方は、こちらの記事をご参照ください。

 

スノーボードのシェイプとは?ツインチップやディレクショナルなど解説!

 

シェイプの中で、最もグラトリ向いているのは「ツインチップ」です。こちらがツインチップのシェイプです。

左右対称になるツインチップですが、レギュラー・グーフィースタンスでも同じような感覚で滑ることが可能です。グラトリをするのであれば必須のため、これは外すことができません。

 

また、スノーボードのシェイプで最も多いのはこのツインチップです。

グラトリ板の目安となる長さは?

スノーボードの板の長さですが、よく言われうのが「顎の位置」の長さがいいということです。つまり、身長からマイナス15㎝~20cm程度と言われています。

 

スノーボードの板の長さが違うと何が変わるのか?ということですが、それは操作性です。長い方が操作性は低くなりますが、安定性が増します。短いと操作性は高いですが、安定性は減少します。

 

グラトリに関してはかなりシビアな繊細な操作が必要になるために、短めの板を選ぶことが基本となります。たとえば、身長が170㎝であれば、板は146-150㎝程度の板が良いでしょう。通常のスノーボード選びよりも短めです。

 

大体ですが、グラトリメインで行く場合には身長からマイナス22~24cm程度の板をおすすめします。僕の場合は身長が170㎝、板の長さは148㎝にしています。

グラトリ板の硬さは柔らかい方が良い?

まず、はじめに知っておくべきことは、板の硬さになります。よくグラトリでは「板が柔らかい方がいい」と言われていますが、最近は一概にそうだとは言えれませんね。

 

単に柔らかい方がいいと言っているブログはスノボーしたことない人が書いていることでしょう。この柔らかい板がいい!という考え方には理由があります。

 

それは、柔らかい方が「ボードをプレスしやすい」「板を曲げやすく反発させやすい」この2点のメリットがあるからです。

 

バタートリックの様なプレストリック、ノーズプレス、テールプレス、オーウェンなど、プレス系のトリックは行いやすくなります。

 

柔らかい板はグラトリにおいてメリットしかないように思われがちですが、実はデメリットも存在しています。

 

それは、板が柔らかいために、オーリー、ノーリーなどの「板を曲げて反発させるトリック」が行いづらいということです。グラトリでもスタイルの違いでメリットにもデメリットにもなります。例えば、ノーリー540・720のような高回転系のトリックは板の反発で高く跳ね上がる必要があります。

 

それを考えると「どうしたらいいのか?」と疑問に思いますが、それはあなたの滑りのスタイル、やりたいことで決めるのが正解です。

 

一概に「柔らかい板がグラトリに向いている」というのは間違いだ!と否定したのは、そのことからです。そして、さらに考えるべきは、「スノボーでどんなジャンルをメインで滑るのか?」ということでも、板の選ぶ基準が変わってきます。

 

グラトリでは「バター系」「弾き系」と分かれますが板の選び方が大きく違います。詳細についてはバター系・弾く系が分からない方はこちらの記事をご参照ください!

 

⇒グラトリの乗り系・弾き系とは?トリックや上達方法を紹介!

 

グラトリから話は逸れますが、1枚の板でグラトリもキッカーも飛びたいというのであれば、ある程度硬さがある板をおすすめします。キッカーは板が硬い方がいろいろと安定感がありますから。

 

キッカーはとても危険なジャンルなので、キッカーを優先した板選びが良いでしょう。「キッカーなんて飛ばない!グラトリ1本でやっていく!」というのであれば柔らかい板でも問題ないでしょうね。

 

ただし、グラトリの中でも、板の反発が欲しいのならば若干硬め脚力に自信がないという人は柔らか目。というようにケースバイケースです。

 

いろいろなパターンを知ることで自分にベストな板を探すことが重要でもあり、板選びの楽しいとことですね。

 

まず、ここでは板の硬さについて説明終了です!次は、板の形状です。板選びの基準は硬さだけじゃありません!

グラトリ向きの形状はロッカー?

ここでも否定しておきましょうw単純に「グラトリはロッカーボードがいい!」と謳っているブログはモグリですねw

 

それは、ロッカーボードが何かあまり分かっていない人が書いているのでしょうね。まず、ロッカーボードの特徴ですが「板が柔らかい」「雪面に対してエッジが引っかかりにくい」というこの2つが大きな特徴です。

 

つまり、逆エッジしづらいのでコケづらい、板のコントロールが行いやすい、プレス系トリックが得意、滑るとこのような印象を受けます。

 

一見グラトリに向いている?と思われがちですが、プレス系トリックは行いやすいですが、板の反発があまりないためにオーリー、ノーリーのように板を反発させるトリックには向きません。

 

また、荒れた雪面だとめっちゃ板がバタついて、コントロールしづらいということも多くあります。そのため個人的にはグラトリをメインで滑るのであれば、ロッカーボードはおすすめしません。

 

それじゃ、何が良いんですか?ということですが、形状に限って言えば「フラット」「ダブルキャンバー」「柔らか目のキャンバー」をおすすめします。

 

「フラット」「ダブルキャンバー」はある程度ロッカー要素も残り、キャンバーの良さも取り入れている形状のためにグラトリには使い勝手がいいですね。あとは、板の硬さで選べば問題ないでしょう。

さいごに。

ここでは、僕がどのような視点・基準でグラトリに向いている板を選んでいるのかまとめてきました。あくまでも、僕の経験則から言っていることなので、違う意見がある人もいると思います。

 

スノーボードは自由なスポーツなので、これ!と言った正解はないと思っています!思い思いに好きに遊べる自由度が高いスポーツですから、それだけは忘れずに!板選びもワクワクしながら考えてもらえると幸いです!