【FLUX】FFの評価はスノーサーフィンに最適!広すぎる可動域と自由さ・新素材に注目!

FLUXのフリーフット
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事では、FLUXのビンディング「FLAR ROCKER series FF」に評価など気になる特徴もまとめています。FLUXには16種類のビンディングがラインナップされています。

それぞれ特性があるため、しっかりと違いを知ることで自分に合うビンディングを選ぶことができます。そのためにも、使用者レビューや評価を参考にできるようにしています。

FFのジャンル適正はどのようになっているのでしょうか?新素材を使用した開発に4年も歳月をかけていることからその期待が膨らみますね!

FLUX「FF」は足の可動域制限がなくなるレベルでグニャグニャなビンディング!スノーサーフィンにフィット!

また、別の記事ではFLUX全種類のビンディングをまとめた記事も執筆していますので、ご興味ありましたらご確認ください。

【FLUX】ビンディング全種類の評価!おすすめやサイズ・特徴や型落ちは?
【FLUX】ビンディング全種類の評価!おすすめやサイズ・特徴や型落ちは?
sponsored

FLUX「FF」スペック

flex(1柔⇔10硬)Weight(1軽⇔10重)
23
ビズホール
2*44*43DCHANNEL
ブーツサイズ
S:22.5-25.5M:25.0-27.5L:27.0-30.0XL:-

FLUXのFFモデルはパウダーやサーフライドといった自由なライディングスタイルに適したバインディングで、価格は49,500円(通常価格)で、カラーはブラックです。サイズ展開はS、M、Lがあり、店頭販売限定モデルとなっています。

FLUX「FF」のジャンル評価

フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ

FLUXのタイタン、RK、SRの発展形モデルとして4年ほどのライダーテストを行い21-22シーズンに限定販売。2023-24から満を持してラインナップ!フレックスや可動域といった言葉でなく、足の解放感があるビンディングです!

FLUX「FF」はについては、ソフトな高機能素材「Super Tough Urethane Soft」を使用して制作されています。このソフトな素材をハイバック、ベース、ディスクに使用していることから経験したことがない可動域を生み出すことができそうです。

どんな乗り心地になるかとても気になりますね。可動域という概念がなくなるレベルに柔らかそうですから、グラトリ・フリーランユーザーなどを中心に人気が出そうなモデルです。

また、FLUXビンディは高品質なビンディングが多いですが、FLUX「FF」を含めて全種類ビンディングもまとめてみました。FFの登場で来季のビンディング選びがとても悩ましいですね!

メリット・デメリット

メリット
  • パウダーとサーフライド向けに設計された特性は、ソフトなライディングと快適なパフォーマンスを提供します。
  • 耐久性と柔軟性を両立させるウレタンブレンド素材は、温度変化に強いという利点があります。
  • 調整が簡単で、工具不要のセッティングが可能なToolless Leverが装備されています。
  • ワッフルストラップとビアバックルにより、快適な装着感と確実なフィット感が得られます。
  • カスタムフィットをサポートする調整可能なトー&ヒールクッションが含まれています。
デメリット
  • 特定のライディングスタイル(パウダー、サーフライド)に最適化されているため、ハードパックやアイス上でのパフォーマンスは限定的かもしれません。
  • ソフトなフレックスは、高速走行や大きなジャンプでの支持力が不足する可能性があります。
  • 店頭販売限定モデルであるため、購入が不便な場合があります。また、売り切れの際には入手困難になる可能性があります。

FLUX「FF」の口コミ

20代男性
20代男性

試乗会で乗った感想になりますが「雪上でサーフィンを。」というテーマに特化したボードで、ULTIMA BASEとSOLID HIGHBACKの組み合わせに、やわらかく粘りのあるFREE FOOT BLENDを採用することで、横に動きやすさを実現しています。

また、ディスクにも同素材を採用することで自由な可動域。雪上でもサーフィンのような滑走を楽しめますね。

30代男性
30代男性

とても気になるビンディングです。サーフィンをしているので、スノーサーフィンも楽しんでいます。スノーサーフィン特化モデルとのことでこれは買わないといけないという思いで即予約しました。冬が楽しみです!

FLUX「FF」の予約について

FLUX「FF」は2021-22シーズンに限定リリースされました。そして2023-24シーズンより本格的にリリースされます。

そのため、これから取り扱いショップに通達して販売数を取りまとめると思われます。

早速、各ショップFFの予約を付けつけています。ネットショップでも見かけるため、購入を検討されている人はお早めに!

以前のCVの爆売れ在庫切れのようにはならないと思いますが、気になっている人も多いと思います。

FLUX「FF」のテクノロジー

FLUX「FF」が利用しているテクノロジーについてまとめていきます。少々マニアックな話になりますが、そこまで知って見極めたい方はご覧くださいね!

ハイバック

Solid High back横方向へはやわらかいが、ラウンド形状により後方ヘは硬めに機能するハイバック。
Urethane Blendまた温度変化に強い新しいウレタン素材を採用しています。
Micro Adjuster1メモリ前に移動させると約2.5度前傾する。より細かいハイバックセッティングが可能。

ベースプレート

Ultima Base plate板のフレックスを使いながら軽量でエッジtoエッジにクイックなレスポンスを誇る。
Free Foot BlendFREE FOOTの為に開発された特殊ナイロンブレンド。温度変化に強くやわらかく粘りがありながらも高い耐久性で、サーフィンのような自由なライディングスタイルを可能にします。
Footon過酷な環境下でも雪が付きにくい素材を採用。ダイレクトな足裏感を味わいつつもライディングに必要なクッション性も備える。
Adjustable Toe & Heel Cushionブーツサイズやボード幅に合わせてトーサイド、ヒールサイトそれぞれの調整が可能な可動式クッション。

ストラップ

Waffle Strap装着していることを忘れるほどの快適なホールド性と動きやすさを備えたワッフルクッションと、ダイレクトなパワー伝達を行うPower Strapの2層構造。
Beer Buckle最後の一締めまで確実に締め上げる新設計ラチェットバックル。乾杯のときに困らない栓抜き機能付き。
F.T.M VER.5.0力の伝達力を高めるべく、センターのラインは強度を持たせ、上下の両端は柔軟性を高めブーツとのフィット感を高めたTransfer専用ストラップ。
L-Guideベルトをスムースに収納し、トーサイドターン時に雪への引っ掛かりを回避。

その他

UU Fitヒールカップとハイバックの間にストラップベルトを取りつけることで、360°方向からブーツ包み込むシステム。これにより自然なホールド感と圧力の均一化を実現。
Multi Disc4x4, 2Hどちらでも取り付け可能なマルチディスク。前後もしくは左右に5mm,10mmずらしての取り付けも可能。
Free Foot BlendFREE FOOTの為に開発された特殊ナイロンブレンド。温度変化に強くやわらかく粘りがありながらも高い耐久性で、サーフィンのような自由なライディングスタイルを可能にします。
Toolless Lever工具がなくてもベストなセッティングが可能。ストッパー付でネジの緩みも防止。

まとめ

FLUX「FF」についてまとめました。FFのみに開発されたFree Foot Blendの影響で強くやわらかく粘りがありながらも高い耐久性があります。まるでサーフィンのようなライディングを実現させてくれます。

唯一無二なFFですが、FLUXにはさまざまな種類のビンディングがありますよ。他のビンディングも気になる方はご確認ください。

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実しますように!

あわせて読みたい
【FLUX】ビンディング全種類の評価!おすすめやサイズ・特徴や型落ちは?
【FLUX】ビンディング全種類の評価!おすすめやサイズ・特徴や型落ちは?
sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました