【RIDE】C-10の評価はオールマウンテンなハイエンドモデル!A-10よりナローな反応が程よいと評判!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

スノーボードの世界は、技術の進化と革新的なデザインによって、絶えず進化しています。

その中心には、ライダーのパフォーマンスと快適さを向上させるための新しいビンディングの技術があります。

今回は、RIDEの最新モデルであるC-10スノーボードビンディングに焦点を当て、その特徴と独自性を深堀りします。

A-10の技術をベースにしながらも、よりアクセスしやすい価格帯とユニバーサルなデザインで市場に登場したこのビンディングは、どのような魅力を持っているのでしょうか?この記事で、C-10の全てを解説していきます。

要点

C-10はA-10だとレスポンスが良すぎる人におすすめ。カッチリしているより若干の遊びがある方が良いライダーはC-10にしましょう!

RIDE「C-10」の評価やスペック

flex(1柔⇔10硬)Weight(1軽⇔10重)
106
ビズホール
2*44*43DCHANNEL
OKNGNGOK
ブーツサイズ
S:22-26M:24-28L:28-33+XL:-

C-10は、A-10の特色を持つが、異なる素材を使用したユニバーサルビンディングです。ナイロンベースには特別なファイバーグラスが混ぜられ、アルミの部分が強化されています。

このデザインは、ブーツの調整を容易にし、乗り心地を向上させます。アルミ部分は耐久性を高め、コンポジット部分は柔らかさを提供します。

3つの部分からなるストラップは、快適さと機能性を両立。Carbon Slimeback™ Highbackは、振動を減少させ、操作性を向上させます。

2つの異なるディスクを選べるので、好みに合わせてカスタマイズが可能です。

特別なフットベッドの設計は、ボードのコントロールを強化してラバーの使用は乗り心地を柔らかくします。効率と快適さを求めるライダー向けです。

C-10の特徴
  • C-Series Performance Chassisは、アルミニウム製のヒールカップとガラス充填ナイロン製のベーストレイを組み合わせている。
  • より小さなシャーシサイズで提供されるようになり、ユニセックスとして使用できる。
  • このデザインにより、任意のブーツサイズに対して最適なつま先-かかとのセンタリングが可能だ。
  • アルミニウム製のヒールカップは耐久性を向上させ、コンポジットトレイはよりスムーズな乗り心地を提供する。
  • 3ピースのアンクルストラップは、快適さ、耐久性、パフォーマンスのために設計されている。
  • Carbon Slimeback™ Highbackは、カーボンファイバーの応答性とウレタンの減衰を提供する。
  • アルミニウムとコンポジットのマウントディスクの両方で利用可能だ。
  • 傾斜したフットベッドは、関節を2.5度の角度で整列させ、ボードの先端と尾部の上でより大きなレバレッジを提供する。
  • 統合されたゴムのポッドにより、さらにスムーズな乗り心地が得られる。
まさやん
まさやん

RIDEのCシリーズはベースがナイロン素材。Aシリーズはベースがアルミニウム素材。Cシリーズの方が動きがナローになりルーズ感を出すことができます。またAシリーズと比較するとCシリーズの方がビンディングの重量が重くなります。

オールマウンテンに適正が高いと評価

C-10はオールマウンテンの評価が高い
フリーラン
パウダー
カービング
ジブ
グラトリ(弾き系)
グラトリ(バター系)
キッカー
ハーフパイプ
  • オールマウンテン: これは山全体でのライディングを意味します。オールマウンテンバインディングは、さまざまな地形や雪の条件でのパフォーマンスを最適化するように設計されています。C-10は、その耐久性と応答性により、オールマウンテンのライダーにとって理想的な選択です。
  • パウダー: パウダーは新雪のことを指し、このような条件では、バインディングの応答性とフィット感が特に重要です。C-10は、深い雪の中での操作性と浮力を向上させる特性を持っています。
  • グルーマー: グルーマーは、整備された斜面を指します。これらの斜面でのライディングには、正確なエッジコントロールと応答性が求められます。C-10の設計は、グルーマーの斜面での滑走をスムーズにし、エッジングの精度を高めます。

C-10のスノーボードビンディングは、オールマウンテンパウダー、およびグルーマーのジャンルに適しています。

総合的に、C-10は多様な地形と条件に適応することができるハイパフォーマンスなビンディングです。

RIDE「C-10」の口コミ

C-10のレビュー
20代男性
20代男性

応答性が素晴らしい – C-10のバインディングは、カーブやエッジング時に即座に反応し、コントロールが非常に容易です。特に急な斜面や深い雪の中でも、その応答性を明確に感じることができました。

30代男性
30代男性

驚くほどの快適さ – 3ピースアンクルストラップと特別なフットベッドの設計により、長時間のライディングでも足が疲れにくくなりました。また、バインディングのフィット感がブーツにぴったりで、不快な圧迫感がありません。

30代男性
30代男性

多様な地形での適応性 – オールマウンテンからパウダー、グルーマーまで、さまざまな地形でのライディングを楽しんできましたが、C-10はどの条件でも一貫して高いパフォーマンスを発揮しました。特に新雪の中での浮力と、整備された斜面でのエッジングの精度には感動しました。

型落ちは4万円台だけど数量わずか!

RIDE「C-10」は型落ちを検討しても良いと思います。昨季よりあまりリニューアルされていませんから、性能的には遜色ありません。人気モデルのため型落ちがあれば購入することをおすすめします!

まとめ:RIDEのC-10の評価について

RIDE「C-10」について評価や適正ジャンルなど紹介しました。C-10はパークにとても向いているビンディングだということが分かりましたね!

C-10以外にもRIDEのビンディングを紹介しています。多種多様なモデルがあるため自分にあったビンディングを見つけてくださいね^^

それではあなたのスノーボードライフがより良いものになりますように!

ABOUT ME
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました