サップ

サップフィッシングにおすすめロッドやリール

この記事ではサップフィッシングで必要となるおすすめロッド・リールを紹介しています。どんな釣り竿・リールが良いのか分からないですよね?

 

適当なものを買ってしまうとあとあと公開することも少なくないです。間違ったロッド・リールを選ばないためにも、参考になると幸いです。

この記事を読むことで自分に最適なロッド・リールを選びことができます。紹介されている製品であれば、まず問題ないので自分で探すのは難しいという方は検討してくださいね。

サップフィッシングにおすすめするロッドやリール

サップフィッシングは不安定なサップの上で行います。そのため、ロッドやリールが海水を浴びることになります。絶対に耐水性は必要です。

 

ロッドの場合はどんな製品でも基本的には問題ありませんが、リールに関しては適当なものを買うとサビて1日使っただけで買い直すこともあります。

 

メンテナンスすれば問題ないですが、それすら面倒な人もいると思います(笑)メンテナンスしなくて良い製品もあるので検討してくださいね。

サップフィッシングにおすすめロッド

サップフィッシングにおいてロッドの選択肢はそれほどありません。基本的にはシーバスロッドで多くの魚種を狙うことができます。

 

投げ竿のような長いロッドはまず選ぶことはありません。長いロッドだと狭いサップ上で扱うには、とても煩わしいはずです。

 

もしくは、全長2メートルであれば問題ないでしょう。短い方が小回りが効くため使いやすがUPします。そのことを考慮しておすすめするサップフィッシング向けのロッドは以下の製品です。

シマノのムーンショットです。シマノのロッドの中でも低価格帯で購入しやすいロッドになります。サップで使っていると海水にロッド全体が浸かることもありますから、そんな高価なものは必要ありませんね。

 

サイズ展開がいくつかあるため自分に合ったロッドサイズを選んでみましょう!個人的にサップフィッシングでは、ムーンショットS90MLを使っています。

サップフィッシングにおすすめリール

リールを選ぶことが最もサップフィッシングでは悩むことです。リールが海水にドボンすることを想定するか、しないかで選び方が変わってきますね。防水性能が高いリールであればメンテナンスが楽になります。

 

ただ、防水性が高いリールでも、サップフィッシングしたあとにリールのメンテナンスが必要です。メンテナンスを行わない場合は、サビてリールが使い物にならなくなります。

 

個人的にはサップフィッシングを何度もするためメンテナンスの楽さを考えて防水性能が高いリールを購入しています。メンテナンスがそこまで大変でないためとても楽ですね!そのため、マグシールという防水性が高い仕様を施しているDAIWAのリールがおすすめです。

 

狙う魚種にもよりますが2000-3000番台でおおよそ対応することができます。それらの条件を合わせたおすすめリールは以下の通りです。

サップフィッシングにおすすめするロッドやリールのまとめ

この記事ではサップフィッシングにおすすめするロッドやリールを紹介しました。海の上のため安全第一にサップフィッシングを楽しんでくださいね!

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /