【サップ】

サップフィッシンにおすすめロッドやホルダーは?リールの番手は?

  • サップで釣りしたいけどロッドの長さって?
  • サップにロッドホルダーは必要なの?
  • リールはどうしたいいの?
  • 結局、どの竿やホルダーか分からない、、、

サップで釣りを楽しむために最適なロッド・ホルダーはどんなものが良いのか分かりませんよね。普段釣りはしているけど、それを流用していいのか?気になるところかと思います。

 

僕は、サップ釣り歴10年ほどです。これまでさまざまな経験をしてきたことから、サップ釣りにおけるロッド・ホルダーについて自分の最適解をお伝えしてきます。

 

結果からいえば、ロッドは取り回しが良い長さ2~2.5メートル前後のがおすすめです。ホルダーもサップに取り付けることができるなら非常に便利なため検討すると良いですね。リールについては狙う魚種によって番手がことなり防水性が高い製品が良いです。

SUP(サップ)フィッシンにおすすめロッド

サップフィッシングは不安定なサップの上で行います。そのため、ロッドやリールが海水を浴びることになります。海水に対応しているロッドを選ぶ必要があります。淡水ようだとガイドが錆びることがあるため、使用後はより入念にメンテナンスの必要があります。

 

全長2~2.5メートルであれば問題ないでしょう。短い方が小回りが効くため使いやすがUPします。狙う魚種にもよりますが、小さめの青物程度は対応できるロッドが良いです。

 

そのことを考慮しておすすめするサップフィッシングにおすすめするロッドは以下の通りです。

SUP(サップ)フィッシンにおすすめリール

リールを選ぶことが最もサップフィッシングでは悩むことです。リールが海水にドボンすることを想定するか、しないかで選び方が変わってきますね。防水性能が高いリールであればメンテナンスが楽になります。

 

ただ、防水性が高いリールでも、サップフィッシングしたあとにリールのメンテナンスが必要です。メンテナンスを行わない場合は、サビてリールが使い物にならなくなります。

 

個人的にはサップフィッシングを何度もするためメンテナンスの楽さを考えて防水性能が高いリールを購入しています。メンテナンスがそこまで大変でないためとても楽ですね!そのため、マグシールという防水性が高い仕様を施しているDAIWAのリールがおすすめです。

 

狙う魚種にもよりますが2000-3000番台でおおよそ対応することができます。それらの条件を合わせたおすすめリールは以下の通りです。

SUP(サップ)フィッシンにおすすめなロッドホルダー

サップの釣りにおいて個人的に最も重要視しているロッドホルダー。常にロッドを手に持っておくことはできませんから、どうにかしてロッドを置いておく必要があります。

 

サップ釣りにおけるロッドの収納ですが、サップ上にロッドホルダーが設置できる場合は問題ありません。それができない場合は、後付けでも設置できるロッドホルダーを購入するか、腰回りにホルダーを収める方法があります。

 

もちろん、ロッドホルダーが最も扱いやすくておすすめですが、費用面を考えて腰回りにロッドホルダーを採用するのもありでしょう。・・・釣り専用サップを購入すればホルダーのことは全く気にする必要はありませんね。

まとめ

この記事ではサップフィッシングにおすすめするロッドやリールからロッドホルダーについて紹介してきました。ロッドはシーバスロッドで2~2.5メートルが扱いやすくておすすめですね。ロッドについては防水性が高い方がのちのちのメンテナンスが楽でいいですよ。

 

ロッドホルダーにつていは2パターン考えられるため、使用感を考えて自身に合う方を選んでみてください。それでは、あなたのサップフィッシングがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード