【SUP】

SUPライフジャケットおすすめ製品!選び方や種類について!

この記事では、SUPライフジャケットおすすめ製品を紹介しています。SUPでは必ず水中に落ちます。

 

そのため、湖であれ、海であれ、ライフジャケット着用は大人こども関わらず必着となります。選び方も解説するため、自分に合ったものを探してみましょう!

 

SUPでライフジャケットを着用しない場合は命を危険に晒すことだと考えていいです。そのためライフジャケットは必ず買っておきましょう。

 

ここではライフジャケットの種類・選び方や実際のおすすめする製品を紹介します。

SUPライフジャケットおすすめ製品

まず、ライフジャケットには2種類あります。

浮力材の入った固形式ライフジャケット

膨張式のライフジャケット

  • 自動膨張式
  • 手動膨張式

細分化すると上記の3種類になります。

固形式救命胴衣:浮力材等が入ったライフジャケット

固形式救命胴衣ですが、浮力材がジャケットに収められています。そのため、見た目ごわついているように見えます。着用してもちょっと邪魔になることもありますね。

 

SUPであれば、パドルを持って漕ぎますから、この固形式救命胴衣はちょっとおすすめできません。

 

ただし、子供をSUPに載せたりする場合はメリット的にもこの固形式ライフジャケットにしましょう。必ず浮力を得られる点を外すことができませんので!

メリット
  • 確実に浮力を得られる
  • 安価な商品がある
  • ポケットが多く収納性に優れたもの
  • 水に入る釣りでも使用可能
  • 転倒時など、体を保護できる
  • 子供用が種類豊富
デメリット
  • ムレる
  • 動きにくい
  • 持ち運びがかさばる
  • 股ベルトが体にこすれる

自動膨張式ライフジャケット(肩かけ型、腰巻き型)

メリット
  • 軽くて動きやすい
  • コンパクトで持ち運びやすい
デメリット
  • 稀に開かないことがある
  • 定期的な点検・パーツの交換が必要
  • 価格は高め
  • 子供用の種類は少ない

手動膨張式ライフジャケット(肩かけ型、腰巻き型)

メリット

自動膨張式のように、雨や水に触れた時に誤作動しない

自動膨張式よりリーズナブル

デメリット

自分で作動しないとライフジャケットが開かない

ライフジャケットの肩かけ型と腰巻き型の違い

ライフジャケットですが、肩かけ型と腰巻き型で違いがあります。肩かけ型の場合は、固形式の浮力材があるため必ず浮力を受けることができます。ただ、かなりかさばりますので、動く際に邪魔になることもあります。

 

それに対して腰巻き型については邪魔になることがありません。ただ、用途によっては購入する製品も違います。さらに稀に起動しないこともあるため、一抹の不安を感じる人もいるかもしれません。あとお値段が少し高めです。

 

どちらも良し悪しがあるため自分の用途にあったライフジャケットを購入してみましょう!

SUPライフジャケットおすすめ製品!選び方や種類のまとめ

この記事ではSUPでおすすめするライフジャケットについてまとめました。必ず必要になるためしっかりと用意しておきましょう。水回りの事故は命に関わりますので、しっかりと対策してくださいね!

 

他の記事ではおすすめSUPも紹介しているため、そちらも合わせて御覧ください^^

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /