レディースブランド

スノーボードのボード選びはとても悩むことが多くないですか?とくにレディースの板は数が少ないです。スノーボーダーはメンズの方が多いですからね。ですが、レディースオンリーのブランドがあったり、各メーカーもレディース用の板をリリースするなど最近は豊富になってきました!

 

ここでは、そのようなブランドを紹介していきますが、女性の板の選び方やおすすめする板も紹介していきます!

レディース選び方は長さに注目?

スノーボードの選び方ですが、いろいろなことが言われていると思います。スノーボードは自由なスポーツのために10人いれば10通りの選び方があっても良いと思います。そのため、「正解」があるとは考えていません。ですが、基準となる選び方がありますので、そちらを紹介していきます。レディース板を選ぶにあたっては「長さ」「硬さ」「形状(ベント)」「シェイプ」です。

板の長さについて

ガールズスノーボーダーで最も悩むのはこの板の長さかと思います。とくに身長がそれほど高くない方です。基本的には身長マイナス15-20㎝くらいが良いとされているスノーボードですが、身長が150㎝という方は130-135㎝の板となります。そうなると板の数が少なくなってしまいます。選択の幅が狭いのは事実のために、その中から選ぶことになります。

板の硬さについて

とくに意識してほしいのは、自分の身長を見て少し長めの板を選ぶ場合です。板が長い分、滑走時の安定感は増すものの細かい操作が難しくなる傾向があるため、板の硬さを柔らかめにした方が良いでしょう。

形状(ベント)について

形状については、操作性が良いダブルキャンバーがおすすめです。キャンバーとロッカーの良いところ取りの形状です。キャンバーほどは逆エッジはしないし、ロッカーよりも板の反発を受けやすいです。

シェイプについて

カービングだけする!という場合以外は、基本的には左右対称のシェイプをしたツインチップで良いでしょう。

レディース人気ブランドやおすすめ板を紹介!

ここからは、スノーボードのレディース向けブランドを紹介していきます!そしておすすめする板やブランドを代表する板についても見ていきます!

SABRINA(サブリナ)

レディースのブランド

サブリナの特徴はなんと言っても日本生まれのブランド。日本女性の脚力・体格に合わせて板の開発が行われています。海外ブランドのレディース向けの板だと合わない方も多いです。日本人より体格が良いために、硬さがあるため扱いづらく感じる場合もあります。

 

しかしこのSABRINAの板であれば問題ないですね。日本ブランドのため全体的に板のフレックスが柔らかめで製作されています。基本的にはどれを選んでも板の硬さについては気にすることはないと思います。

 

ソフトフレックスでブランド全体を統一しているので脚力がない女性でもボードに力を伝えることができす。そのSABRINAですが、中でもブランドを代表するおすすめできる板があります。

BULLET

  • サイズ:141 143 147
  • 形状:キャンバー
  • シェイプ:ツインチップ

ロングランで定評のある最高級オールラウンドモデル。国内生産のため、クオリティは最高級レベル。桧と桐によるコンビネーションウッドを採用し、ノーズとテールにH-TECH FIBERを装着。ハイオーリ―&クイックレスポンス、総合滑走性能の高さ、そして軽さを実感できる信頼できるボードです。

SABRINA SNOWBOARDSの中でも、最も有名なボードBULLET(バレット)。もし、購入を考えているのであれば、今のうちに予約しておくことをおすすめします。国内ブランドのため、そもそもの生産枚数が限られています。

 

その中でも、人気のあるモデルなので、売り切れる確率が高いです。楽天市場での取り扱いもかなり少なくて在庫・予約できるところが少ないです。BULLETを選択肢に入れている方は早めに決断した方が良いかもしれませんね。

 

個人的な意見ですが、BULLETについてはある程度滑ることができる人が使うべき板のように思います。サブリナブランドの中でもハイエンドモデルのため、いきなり初心者が選ぶ板ではないでしょう。

SUNNY SIDE

  • サイズ:136 138 141 143 145 147
  • 形状:ダブルキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ

このSUNNY SIDE(サニーサイド)はサブリナブランド中でも唯一のダブルキャンバー形状です。ノーズ・テールにシングルカーボンを入れたことで板の反発を十分に受けることができます。

 

ソフトなフレックスのため少ないパワーでもボードを楽にコントロールすることが可能です。プレス系・マニュアル系などグラトリもしやすく仕上がっています。サブリナブランドの中でも板サイズが最も豊富で、エントリモデルとなっています。

BULLETとSUNNY SIDEのどちらが良い?

これは『SUNNY SIDE』が良いと個人的には考えています。サイズも豊富です。そのため多くのユーザーのニーズを満たす板となっています。初心者であればなおさらですね。

ROXY(ロキシー)

ロキシーもレディースのみに特化したブランドになります。水着などのアパレルのイメージが強いかもしれませんね。このROXYは、ガールズボーダーのために、設計されたソフトフレックスが特徴です。世界のトップライダーをサポートするNO.1ガールズブランドです。

 

余談ですがLIBTECH(メンズ向け)というブランドと同じメーカーが制作しています。あとウェアなどのアパレル系だとQuiksilverも同じ系列ですね。それでは、ブランド代表するな板を見ていきましょう!

トーラ・ブライト

この『トーラ・ブライト』ですが世界的な女性スノーボーダーの名前です。もはや板に自分の名前が名付けられているとは!

 

デザイン的にはとても華やかでいいんですけどね。スペック的にはお勧めできません。ROXYの最上位モデルに位置して、ボードはそこそこ硬いので力に自信がない女性にはおすすめできません。

 

やはり海外のブランドのために日本人には硬く感じる人が多いようです。板によってはソフトフレックスでちょうど良い板もありますね。ハーフパイプ・キッカーをガンガン攻めるというガールズボーダーにはおすすめの1枚ではあります。

SUGAR(シュガー)

このシュガーは、ROXYブランドの中でもエントリーモデルです。そのためサイズも豊富。個人的な感想ですが、グラフィックスがとてもおしゃれですよね!毎年、ROXYブランドは板のグラフィックスに定評がありますから、女性受けがいいでしょう!

 

レンタルスノーボードから卒業したレディースのビギナースノーボーダーにおすすめできる1枚です。

SALOMON(サロモン)

スキーのブランドとして有名ですが、最近ではスノボーでもよく見かけますね。板、ビンディング、ブーツなど全て開発しているところもサロモンの魅力。シーズン毎にレディース向けに10種類程度リリースしています。これほどレディース用の板のラインナップがあるのも珍しいです。

 

その中でもSALOMONのレディース用板でおすすめはこちらです!

DRAMA(ドラマ)

メンズの「HUCK KNIFE(ハック ナイフ)」の妹分として 18-19シーズンから新登場する『DRAMA(ドラマ)』。チームのガールズライダー達がテストし、グラフィックから開発まで携わった注目のモデル。

 

ソフトフレックスなのにキャンバーでスノーボード本来の、ラインを描き、カービングをしっかりと楽しめる。フリーランをはじめ、なんでもチャレンジできて楽しめる、『いいとこ取り』の女の子の背中を押す板になっています。

 

もちろん、グラトリにもおすすめで弾く系トリックだけでなくバター系もそつなくこなす性能を持ち合わせています。

さいごに。

女性向けのボードはメンズに比べるとやっぱり数が少ないです。しかしながら、女性もメンズの板を使うこともあるのであまり気にしなくても良い気もします。

 

今回紹介したメーカーは女性のためにいろいろと開発を行っています。そのため、どのメーカーの板を買ったとしてもハズレはないでしょう。おすすめとしては、国内メーカーSABRINAですね。日本人女性のために制作されたボードです。

 

考え方はひとそれぞれですので、ここで紹介された板や考え方を参考にしていただければ幸いです!