【ボード】

【BURTON】STYLUSの評価は初心者ライダーに評判高い:イージーベベルが操作性を高める!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事ではBURTON「Stylus(スタイラス)」についてまとめています。評価レビューも行いながら、解説していきます。

BURTONといえば誰もが知る世界的なスノーボードのメーカーですね。ボード・ビンディング・ブーツの開発に多額の資金をかけて常に新しい試みを行っています。

その中でもStylus(スタイラス)について見ていきますが、まず結論から言いましょう。

あやか
あやか

メーカーで初心者向けに制作されたスノーボードです。これからマイボードを手に入れたいと考えているレディースにおすすめです。イージーベベルという技術が操作性を高めています。

さらにStylusについて詳しいことをまとめています。3分ぐらいでサクッと読める量なので検討されている方はぜひ最後までご覧くださいね。

また、他の記事でBURTONのスノーボードの板を全てまとめて紹介している記事もあるので、どんなボードがあるかざっくりと知りたい方はご覧ください。

sponsored

【BURTON】STYLUSの評価

形状フラットロッカー
シェイプツインチップ
硬さ3(柔らかい)
レベル初心者
サイズ展開138,142,147,152
主なテクノロジー
  • イージーベベル: 超ソフトなフレックスとコンベックスベースを採用しており、エッジが雪面から浮くため、エッジが引っかかることが少ない。
  • Flat Top 形状: 安定性が高く、バランス感も向上。エッジコントロールもスムーズ。
  • ツインシェイプ: ノーズとテールが同じ設計で、レギュラーでもスイッチでも同じライドフィール。
  • ツインフレックス: ノーズとテールのフレックスが同じ。
  • Biax™ファイバーグラス: ジブに適したソフトなトーションフレックス。
  • エクストルーデッドベース: スピードと耐久性に優れたベース。
  • The Channel®: 究極のスタンス調節とボードコントロール。

【BURTON】Stylusのレビュー

適応ジャンル:オールラウンド(初心者向け)

カービング
フリーラン
パウダー
グラトリ
キッカー(小~中)
キッカー(中~大)
ジブ

スタイラスは、初めてスノーボードに乗るレディースに最適なボードです。初心者の方でも、安心して挑戦できるよう、快適で安定した乗り心地を提供します。

スタイラスは、まるで白い紙に文字を書くように、自分自身のバランス感覚とボードコントロールを発見するお手伝いをします。

さらに、このボードは気軽に乗れる心地よさと、寛容なフレックスを備えています。これにより、初心者の方でも簡単にスノーボードを楽しむことができます。

また、浮遊感も味わえるため、より一層スノーボードの魅力を感じることができます。さらに、スタイラスは、初心者の方が基礎を固めるのに役立つよう、様々な技術を学ぶことができるように設計されています。

例えば、前方へのカービングや、スピン、ジャンプなどのテクニックを追求することができます。結果として、スタイラスは初心者にとって理想的なスノーボードとなります。

【Stylusの総括】

Stylusはパフォーマンス重視のボードに移る前に、しっかりと基礎を築いておこうという初心者ボーダーにおすすめです。性能はオールラウンダーな側面がありますが、フリーランなどスノーボードの基礎を固めるために最適です。

【BURTON】Stylusに合わせるビンディング

板については分かった!Stylusを購入したいけど、どんなビンディングを合わせると良いのか知りたいという人も少なくないと思います。Stylusの特徴から以下のビンディングをおすすめ候補として挙げてみました。

【BURTON】Stylusに合わせるブーツ

ボード・ビンディングときたら、ブーツも必要になりますね。Stylusに合わせておすすめするブーツを以下の通りです。

まとめ:【BURTON】Stylus評価

この記事ではBURTON「Stylus」についてまとめました。そのほかにもBURTONであれば「Hideaway」が似た特徴を持っているため比較すると良いですね。それでは、あなたのスノーボードライフがより楽しいものになりますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました