【その他】

シャトルデイパックのレビューはダサい?新作と旧作の違いやスリムと比較も!ビジネスに最適!

シャトルデイパックのレビュー
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

旅行やアウトドアに欠かせないアイテムの一つ、ノースフェイスのシャトルデイパック。

軽量でありながら耐久性に優れ、多数の機能が装備されていバックですが、どのような特長を持っているのでしょうか?

ここでは、サイズや素材、機能性など、選ぶ際には様々な点に注目しています。

それでは、ノースフェイスのシャトルデイパックの特長や使い方、スリムとの比較など、詳しく解説していきます。

sponsored

ノースフェイスのシャトルデイパックの特長

シャトルデイパックには、荷物をコンパクトにまとめることができる機能が多数装備されています。

例えば、多くのシャトルデイパックには背面にパッドが備わっており、長時間の使用でも疲れにくい構造となっています。

また、通気性の高いメッシュ素材を使ったベルトや背面が多く、汗をかいても快適に使用できます。

シャトルデイパックのメリットとしては、軽量でありながら耐久性に優れていることが挙げられます。

シャトルデイパックには、小物や飲み物を収納できるポケットが装備されているため、旅行やアウトドアでの移動中に必要なものを手軽に取り出せる点も魅力的です。

しかし、容量が小さいため、長期旅行には向かないというデメリットもあります。

また、ダサいと感じる方も一部いるようですが、ビジネスで使用される場合にはとてもマッチするデザインでオフィス街で使用している方もよく見かけますね。

シャトルデイパックの使い方

シャトルデイパックがダサい

シャトルデイパックは多用途に対応する便利なバッグです。

日帰りの山登りでは、軽量でありながらも、水筒、非常食、応急処置セット、地図、コンパス、防寒着などの基本的なハイキング装備を収納するのに適しています。

これにより、快適で安全な登山体験が可能になります。

一方、都市部での使用時には、シャトルデイパックは異なる機能を発揮します。

カメラ、水筒、観光パンフレット、小型のタブレット、財布、携帯電話など、都市散策に必要なアイテムを整理して持ち運ぶことができます。

デザインが洗練されているため、街歩きやショッピングにも最適です。

さらに、このデイパックはタウンユースやビジネスシーンでも活躍します。

その軽量さと適切な容量は、書類やノートパソコン、ランチボックスなど、日常的な持ち物をスマートに運べるように設計されています。

シャトルデイパックは、様々なシーンでのニーズに応える汎用性の高いアイテムと言えるでしょう。

シャトルデイパックのスリムと比較

シャトルデイパックの比較

シャトルデイパックには、「シャトルデイパック」と「シャトルデイパックスリム」があります。それらを比較してきます。

シャトルデイパックスリム
25,300円
(旧モデル23,100円)
23,100円
(旧モデル20,900円)
約980g約770g
H46×W29×D18cmH45×W27×D13cm
24.5L15.5L
1050Dリサイクルコーデュラバリスティックナイロン1050Dリサイクルコーデュラバリスティックナイロン

機能面としての違いはシャトルデイパックには背面にウィーラーを通せるスリットが付いていることです。他の機能面については同じとなっています。タウンユース・ビジネスでしか使うことがない場合はスリムという選択もありですね。

あとは新作は値上がりしていることが分かりました。機能面では変更がないため、旧作を購入するのもありですね。新旧・スリムにも採用されている機能面は以下のとおりです。

  • PCや書類、タブレット端末を収納しやすいコンパートメントに止水ファスナーを採用
  • セカンドポケット上部はファスナーつきメッシュポケットとスマートフォンポケット
  • セカンドポケット下部はクッション性のあるACCポケット
  • トップにクッション性のよい成形のグラブハンドル
  • ジオデシックデザインに成形された背面パネル
  • パッド入りのフロントフェイス
  • キークリップ
  • 引手は擦れに強いデュラブルファスナーを採用
  • リフレクティブロゴ

以下より、シャトルデイパックを最安値を探せるようにしています。購入を検討されている方は確認してみてはいかがでしょうか?

シャトルデイパックのレビュー

シャトルデイパックのレビュー
20代男性
20代男性

シャトルデイパックの背面にはパッドが備わっており、長時間の使用でも疲れにくいと感じました。また、通気性の高いメッシュ素材を使ったベルトや背面が多く、汗をかいても快適に使用できました。

20代女性
20代女性

デイパックには小物や飲み物を収納できるポケットが多数あり、旅行やアウトドアでの使用が便利。例えば、ボトルホルダーやフロントポケットにはスマートフォンや財布を入れることができ、手軽に取り出すことができます。

30代男性
30代男性

シャトルデイパックは、日帰りの山登りや都市部での観光などに最適です。ハイキングやサイクリング、ショッピングなど、様々なシーンで使用することができます。

30代女性
30代女性

シャトルデイパックは軽量でありながら耐久性に優れているため、長期間の使用でも劣化しにくいと感じました。また、コンパクトにまとめることができる機能が多数備わっており、荷物を効率的に収納することができました。

まとめ:ノースフェイスのシャトルデイパックのレビューについて

シャトルデイパックは、軽量でありながら耐久性に優れ、様々なサイズやデザインが特徴となっています。シャトルデイパックの使い方は、旅行やアウトドアによって異なりますが、日帰りの山登りや都市部での観光などに最適です。

シャトルデイパックの選び方には、サイズや素材、機能性などが重要であるため、使用用途に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました