【ブーツ】

【DEELUXE】DEEMON L3 BOA(デーモン)の評価はオールラウンドブーツ!レビューや型落ちは?

デーモン
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事では、DEELUXE「DEEMON L3 BOA」についてまとめいています。DEELUXE「DEEMON L3 BOA」のユーザーレビューや特徴をお伝えしていきます。

さらにおすすめする仕様ジャンルも分かるように評価していきます!DEELUXEにはたくさんブーツの種類があるため悩みますよね?

それぞれの特徴を知ることで自分にフィットするブーツを探してみましょう。他の記事ではDEELUXEのスノボブーツを全種まとめた記事もあります。

それでは、デーモンについて詳細を見ていきましょう。

sponsored

【DEELUXE】デーモンのスペック

サイズ感フレックス(1柔⇔10硬)
熱成形でジャストフィット7
WEGHT(1軽⇒10重)HOLD(1弱⇒10強)
68
サイズ
STAGE4:21.5cm~30.5cm(1.0cmピッチ)
STAGE5:21.5cm~30.5cm(1.0cmピッチ)

DEEMON L3 BOAは、フリーランやフリーライドのスタイルにおすすめのアイテムとされています。ダブルBOAシステムを使用した締め具合の調節が可能で、フレックスは7/10となっています。

BOAシステムはワイヤーを使用した簡単な締め具合の調節ができるシステムであり、滑走中でも容易に調整できるため、便利な機能として評価されています。

オールラウンドブーツとして、あらゆるコンディションやジャンルに対応できる設計となっています。さまざまな状況でのパフォーマンスを求めるライダーに最適な選択肢になります。

まさやん
まさやん

キッカーメインで使用していますが、とても使いやすいブーツです。硬さが若干ありますが、あまり気にならないです。むしろアプローチで安定感が増して飛びも精度が向上しています。

【DEELUXE】デーモンのジャンル評価

デーモンのジャンル評価
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
まさやん
まさやん

オールラウンダーなブーツといえますが、どちらかといえばフレックスが硬めのためカービング・フリーラン・パウダーのジャンルと相性が良いです。キッカーもかなり相性がよくて性能が生かせます。

【DEELUXE】デーモンのレビュー

デーモンのレビュー
30代男性
30代男性

DEEMON L3 BOAはBOAシステムを採用しているため、ブーツを簡単に締めることができます。ワイヤーを使ったシステムなので、滑走中でも手軽に調整でき、フィット感をカスタマイズできます。快適なフィット感で滑走することができました。

30代男性
30代男性

しっかりサポートしてくれるけど、柔らかすぎず自由な動きもできる。フリーライドもフリーランもバッチリです。さらに、パークやパウダーでも快適な滑りが楽しめ。まさにパフォーマンスと快適さのベストバランスです!

【DEELUXE】デーモンの型落ち

デーモンの型落ち

DEELUXEのブーツは人気があるため型落ちが少ないです。サイズも無くなっていることからデーモンの型落ちを見つけたらとてもラッキーですね!以下よりデーモンの型落ちを探すことができます!

デーモンと合わせるブーツはUNION一択!

DEEMON L3 BOAと合わせるビンディングはUNIONのビンディングを選ぶと良いでしょう。DEELUXEとUNIONは共同開発を行っているモデルもあることから、互いをよく知っているブランド同士です。

そのため、両者のブランド同士の製品はとても相性が良いことは業界でもよく知れられています。DEEMON L3 BOAのブーツの特性を考えるとUNIONの中でも以下がおすすめ候補です。

まとめ

この記事ではDEELUXEのデーモンについてまとめました。デーモンはオールラウンドでさまざまなジャンルで特性を発揮するビンディングだと分かりました。

まだ、しっかりと自分に合うブーツが分からない人はブーツの選び方を詳細にまとめている記事も参考にしてくださいね。

あなたのスノーボードブーツ選びに役立てば幸いです!合わせてインソールについても知ることでよりパフォーマンスが上がりますよ!それでは楽しいスノーボードライフを!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました