ブーツ

【DEELUXE】「ID」と「ID TEAM」の違いは?評判や使用したレビューも!

「あらゆるスノーボーダーのために、最高のスノーボードブーツを!」というコンセプトで、1996年にオーストラリアで誕生したメーカー。自分の足型に成形可能なサーモインナーを筆頭に様々なライダーのニーズを満たし続けています。

 

そのDEELUXEブーツの中でも、驚異の軽さを誇り、安定感のあるベストセラーモデルID。さらにはID TEAMというブーツもあります。ここではこのIDシリーズについてまとめました。

【DEELUXE】「ID」と「ID TEAM」の違いは?

パークジャンプやジブアイテムなどでもボードをコントロールしやすく、スタイルが出しやすいのが特徴です。また、搭載されているD-LUGソールは足裏感覚が良くて歩きやすく、かかと部分にはSLYTECHという衝撃吸収に優れた素材が内蔵されており、ジャンプなどの衝撃もしっかり吸収してくれるためパークやジャンプに向いています。

 

アウター内部に搭載されているサーモブロックにより保温性も高くなっています。

 

パワーベルトはスネ周りのフィット感が良く、かかとの浮きを軽減する役割も持っています。もちろん自分の足型に成形するサーモインナーはフィット感間違いなしです。IDとID Teamともにサーモインナーとコンフォートインナーモデルがあります。

 

DEELUXEのブーツ全体で特徴は「【DEELUXE】おすすめブーツは?評価やサイズについても【全種類まとめ】」この記事でまとめています。

IDの使用感をレビュー!

実際に使用してみて、フレックスが柔らかくて操作性にとても優れているため、初心者や中級者のスキルアップやグラトリ、パークなどのシーンに向いていると思いました。

 

また、日本人特有の甲高・幅広の足型は、海外ブランドのブーツに合わない場合が多くてブーツ選びが大変ですが、自分の足型に成形できるサーモインナーは必ず自分の足にフィットするので、ブーツ選びの悩みを解消してくれます。

 

しかも、一回成形しても購入店舗であればだいたい再成形可能なので、滑ってみて少し微調整したい部分があれば再成形できるため便利です。ただし、成形のやりすぎはブーツの寿命を縮めてしまうため、成形しすぎることはおすすめしません。

 

柔らかいブーツのため操作性が良く、初心者や中級者の上達を手助けしてくれることは間違いないです。もちろんグラトリやジブでの相性は抜群で、とてもやりやすく感じました。

 

また、ブーツが足全体を包み込んでくれるような感覚で、キッカーやジャンプでの着地時の衝撃吸収性は良く、足への負担も少ないです。

 

シューレースのタイプなので、締めるのにあまり手間はかからないので楽です。ブーツ正面の上部にはマジックテープでの固定もできるので、さらにがっちり締めることが可能です。

 

ただ、柔らかいため高速域での滑走やカービングターンでは体重移動時のレスポンスの悪さが気になるところです。DEELUXのブーツの特徴でもある耐水性の悪さは改善されていますが、耐久性はまだ難があるため劣化は早い方だと思います。

 

サーモインナーとなる成形をショップで任せた方がいいため、どうしても安い通販で買うことができません。成形しないIDもあります。そちらは通常のインソールで対応している商品ですね。成形することにこだわっていなければ、ネットで買うのもありかと思います。

ID Team

「ID Team」に関しては、名前の通りIDをベースとしています。違うところは「C3レーシングシステム」が搭載されていることです。

 

このC3レーシングシステムがあることで、より足首周りのフィット感が向上しています。違いはそんなところですね。足にしっかりフィッティングする方が好きな方はID Teamを選択しましょう。

まとめ

DEELUXEのIDですが、オールマイティに使用することができるブーツだということが分かりました。特徴からおすすめするのは、グラトリ、キッカー、ジブになります。高速フリーランでクイックな動きを求める方にはおすすめできません。他の選択肢があります。

 

サーモインナーという熱でインソールを足形に成形することができますが、これはシーズンごとにショップで焼き直してもらった方が良いでしょう。ただ、何度も焼くと耐久性が落ちてきます。そうなるとブーツの買い替え時になりますね。

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST