ボード

【BURTON】スノーボード初心者におすすめの板【4製品レビュー】

そろそろレンタル卒業したいというスノーボード初心者の方はいませんか?レンタルだと板がとても貧相で性能が低く思ったように滑ることができないと感じている人も多いと思います。

 

ですが、マイボードを買おうにもどれがいいのか?と悩むことが出てきそうです。そんな初心者の方向けに「BURTON」で初心者におすすめできる板を紹介していきます。

 

この記事を読むことでBURTONの中で、どの板が最も初心者向けなのか分かるようになります。それでは、早速確認していきましょう!結果だけいうと最初に紹介する「Instigator」が最も初心者向け!

Instigator

「Instigator Flat」はBURTONの板の中で最も初心者向けに開発されています。その理由としては、足元はフラット形状、ノーズ・テールはロッカーが施されています。

 

そのため、エッジ掛かりが軽減されていることで逆エッジなどが起こりずらい構造となっています。構造上は起こりづらいだけで、絶対に大丈夫ってことはないので勘違いしないでくださいね!

 

そのほかにも、ノーズが若干長いこと、ワイドな点が操作性を向上させています。つまりターンをスムーズに行いやすい施しがされていることになります。この部分が初心者に最もおすすめできる点ですね。

 

BURTONの中でTHE初心者ボードといえば「Instigator」です。その他、検討しても良い板を紹介していきます!

Name Dropper

「Name Dropper」はパークをメインに想定された板です。フレックスが柔らかく取り扱いやすいです。キャンバー形状でポップするため、パークでイチオシですね。スムーズなテイクオフやランディング精度も兼ねそろえています。パウダーでも対応できる板ですね!

 

初心者におすすめできる点はやはり板が柔らかく操作性が良い点です。将来的にパークを攻めたいな!と考えているスノーボード初心者は検討しても良いと思います!

Descendant

「Descendant」の特徴としてはポップアップキャンバーという形状です。足元フラットで股したがキャンバー、ノーズ・テールは通常より反り上がっています。複雑そうな形状ですが、エッジ掛かりを軽減して扱いやすい形状ですね。

 

板のフレックスも柔らかく操作性を高めています。パークでも扱いやすい板ですが、「Name Dropper」よりもオールラウンド性能があります。そのため、パークやキッカー、フリーランなどさまざまなことに挑戦したい初心者スノーボーダーが検討していも良い板でしょう!

Process Flying V

この「PROCESS」はBURTONでも名の知れた板になります。世界中で行われるスロープスタイル・ビックエアの退会で幾度も優勝した経験を持つマークマクモリス選手が使用しているボードです。このPROCESSには「キャンバー」と「Flying V」という2種類の形状で板をリリースしています。

 

初心者におすすめできるのは『Flying V』となりますのでご注意ください!FlyingV形状はエッジ掛かりをスムースにして逆エッジなどが起きにくい構造になっています。その点も初心者に扱いやすですね。

 

おすすめできる理由としてはクオリティーももちろんですが、その価格にあります。これだけの性能であの価格帯で売られていることに驚くほどですね!そのため、初心者が将来的なことを考えると推したい板となっています!

 

予算が、、、という方には型落ちもおすすめしています!

4種類のボードを徹底比較!

難易度硬さ熟練度おススメ
InstigatorBEST
Name DropperGOOD
DescendantNICE
Process Flying V中高GOOD

BURTONの中で初心者向けの板といえば、解説してきた中でも言いましたが圧倒的に「Instigator」をおすすめします。ですが、本当に初心者向けのため、シーズン10回、20回とスノーボードを取り組んで上達していく予定だという方は「Descendant」が良いでしょう。

 

シーズンに数回行く方でマイボードを検討しているなら「Instigator」で十分すぎる性能です!あとは、それぞれグラフィックデザインの好き嫌いもあると思いますので、そのあたりを考慮しつつという感じですね!

[char no=”5″ char=”管理人”]どれもビギナーが使っても問題ないので!あえて比べるとこんな感じです![/char]

まとめ

ここではBURTONでビギナーにおすすめできる板を見てきました!

 

結果、BURTONでは「Instigator」が最もおすすめできますが、スノーボードへの取り組み方などでさらに上位のモデルを選んでも問題ありません。

 

BURTONの板に合わせるならビンディングもBURTONが良いです。ビンディングについて前もって知っておくことを「BURTONのビンディングを全て網羅!特徴を知り快適なスノーボードを!」でまとめています。

 

いろいろな考え方がありますので、人それぞれ感じるところがあるはずです。ひとつの意見として参考になれば幸いです!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST