スノーボードウェアといってもいろいろなブランドが商品をリリースしていますね!シーズン前にはどんなウェアにするかとても悩む人も多いと思います!ファンションと同じでウェアにもトレンドがあったりするので、そのあたり敏感に感じる人もいることでしょう!

 

ここでは、2019-20のトレンドを意識しつつおすすめメンズウェアを紹介していきます!ざっと20点くらいピックアップしてみましたので、最後までお付き合いくださいね!

スノボのメンズウェアおすすめ20選

ここでは、基本的に有名なブランド・メーカーから商品を選んでみました!そうすることで、その年のウェアのトレンドが分かったりもしますね!それではおすすめブランドとウェアを見ていきましょう。GORE-TEXという言葉がよく出てきますが、このはウェアの素材のことです。

 

GORE-TEX社が開発した素材を多くのメーカーが利用しています。その素材についてはおすすめウェアを紹介したあとに解説していきます!今は「めっちゃ性能が高いウェア」とだけ覚えておいてください!

HOLDEN

細身の着こなしとえいばHOLDEN!代名詞といえるのは「細身のスキニーパンツ」です。かならずお気に入りが見つかるブランドとしておすすめできます。

 

HOLDENはブランドの希少性を高めるために、どのウェアも少数生産となっています。そのため、早い内に人気のあるウェアは売り切れてしまうことも多々ありますよ。

 

気になるウェアが合った場合にはチェックしておくことをおすすめします!

HOLDENの代名詞とも呼べるスキニーパンツ。毎年とても人気があるモデルのパンツのために品薄になることが多いです。

メンズウェアでも人気のあるコーチジャケット。スキニーパンツと合わせることで普段着のような着こなしができます。最近とても流行っている着こなしですね!

コーチジャケットが好みでないという方には、こちらのフィッシュテールジャケットがおすすめです。HOLDENのウェアの中でも特に売れているウェア。デザインも洗礼されてとてもおしゃれな仕上がりとなっています!

HOLDENのメンズウェア一覧

AA HARDWEAR

AA HARDWEAR(ダブルエーハードウェア)に関しても、HOLDEN同様に細身のウェアが特徴です。シンプルなデザインですが、AAということが遠めでも分かる存在感がありますね。

 

幅広い層から支持されているウェアです。初心者からもちろん上級者まで着用している方が多いです。個人的には初心者が迷ったらこのウェア!ということでブランドはAA HARDWEARをおすすめしています!

AA HARDWEARでウェアを揃えるなら、この2点がおすすめです!ジャケットは「BARLY JACKET」で、AA HARDWEARといえばこれ!といったウェアです。THRASHERが好きな方は、このBARLY JACKETのTHRASHERバージョンで決まりですね!パンツに関しては、「SMOKER PANTS」がおすすめです。

AA HARDWEARのメンズウェア一覧

BURTON

BURTONは説明不要かもしれませんね。スノーボードのパイオニアであるメーカーでウェアから板まで全てを揃えることができます。とくに板・ビンディング・ブーツに掛けている可発費用は億越えだとかw他のメーカーよりもかなり力をいていることが分かります!

BURTONの中でも人気のある「[ak]R GORE-TEX Cyclic Jacket」。こちらは9種類ありカラーバリエーションがあります。人気色は早期に売り切れることもよくあります。

[ak]R GORE-TEX Cyclic Jacketに合わせるならこちらのパンツです。「GORE-TEX」というとても良い素材を使っているので耐水性・通気性は抜群に良いです!一度着ると他に変えられないウェアですよ!

BURTONのメンズウェア一覧

686

ロサンゼルスが発祥の地でもある686。アメリカのスノーボードウェアのシェアではトップ3に入るほどの人気があいります。そのブランド力を生かしてスノーボードウェア以外にも、夏のアイテムも揃えています!

ロックバンド「Motörhead」とのコラボレーションモデル。毎シーズンですが、有名人とコラボするウェアがあります。

昨年は世界的に活躍しているDragon76(日本人)さんとコラボレーションしていました!かなり迫力があるデザインでコラボレーションウェアの売り上げも良かったんでしょうね!型落ちがあったので紹介ました!

このウェアは世界初のハイドレーションシステム【給水システム】をビルトインさせたウェアです!その容量は750mlと意外と入ります。水分補給すら勿体ないと思うスノーボーダーにはおすすめですね(笑)ハイクアップされる方には良いかもしれませんね!

686のメンズウェア一覧

Hein outerwear

Hein(ヘイン)ですが、こちらも根強い人気のあるウェアブランドです。2006年にブランドが立ち上がっている老舗と比べると若いブランドですが、流行に左右されるデザインではなくて、Hein独自のスタイルが売りのブランドです。そのため根強い人気があるということです!

このジャケットとウェアで着こなすのがHeinではお馴染みですね!それほど種類が多いブランドではないために、着こなしを考えるのは楽ですwデザインセンスが良いの僕はかなり好きなブランドです!

Heinのメンズウェア一覧

Volcom

VOLCOM(ボルコム)といえばスノーボードウェアでなくても聞いたことがあるブランドだと思います。スノーボードウェアだけでなく、アパレル全般に商品を展開しています。そのブランド独特なデザイン性は多くのファンがいます。僕は、奇抜すぎて受け付けないデザインもありますけどねw

ここではVOLCOMのシンプルなウェアの組み合わせを紹介しておきます(笑)VOLCOMに関してはウェアがとても多いので選ぶ楽しさがありますね!ファッション好きな人にはおすすめです!

VOLCOMのメンズウェア一覧

THIRTYTWO

THIRTYTWO(サーティーツー)は1995年にスケートボードのカルチャーを引き継いで誕生した横乗りを代表するブランドです。アメリカではスノーボードのブーツブランドとして幅広くファンがいます。最近では日本でもコアなファンが増えています。近年ではアパレルも展開していますね!

THIRTYTWOの代表的なウェアとして挙げられるのが「TM Jacket」です。そのジャケットに合わせるなら紹介している「Basement Pant」「Woodeson Pant」「Servic Pant」を合わせるのがおすすめです。

THIRTYTWOのウェア一覧

SESSIONS

アメリカのカリフォルニアで立ち上がったブランドSESSIONS。その歴史は30年近く老舗ブランドとしても有名です。初めは、スケートボードに対するアパレルが多かったですが、横乗りというジャンルでブランドを展開しています。

SESSIONSのメンズウェア一覧

Quiksilver

Quiksilver(クイックシルバー)はオーストラリアが発祥です。ロゴマークは葛飾北斎の「富士山と波」がモチーフとなっています。日本に由来があるとはなんだか親近感ですね!始めはサーフィンのボードショーツを売り出していました。姉妹ブランドとしてROXY(ロキシー)という若い女性向けの横乗りブランドも展開しています。

 

Quiksilverは150店舗ほど世界中で展開している大きな企業ですが、2015年9月に破産申告しています。その後は経営のテコ入れが始まり、オークツリーキャピタルマネジメント、バンクオブアメリカが投資することで復活を遂げています。・・・という豆知識w

Quiksilverといえば、トラビスライスが広告塔になっていますね!トラビスが使用しているモデルのウェアなどには「TR」が頭文字に付きます。ウェア以外にもトラビスモデルはグローブ・バックパックなどもありファンには堪らないですね!

Quiksilverのメンズウェア一覧

L1 PREMIUM GOODS

L1 Premium Goodsはスノーボード界のレジェンドともいわれているジェレミー・ジョーンズが参加しているウェアブランドとして注目されています。スノーボードの歴史上、最も影響力のあるライダーの一人。20年以上もビデオパートで活躍しています!そんな彼が参加したウェアブランドとなる話題筆頭です!

代表するウェアといえば「SKINNY TWILL PANT」と「THUNDER PANTS」。こちらに着こなしとして合わせるジャケットはこちらです!

「KENSINGTON JACKET(ケンシントンジャケット)」がおすすめです!定番着こなしですね。僕の趣味にマッチしています!実際このKENSINGTON JACKETを持っていたりしますw

L1 PREMIUM GOODSのメンズウェア一覧

MTN.ROCK STAR

MTN.ROCK STAR(マウンテンロックスター)というブランドですが、まだそれほど知名度があるウェアブランドではありません。ですが、ウェアのデザインが密かに注目を集めています!これから人気が出てくるであろうブランドとして紹介しておきます!

MTN.ROCK STARを代表するジャケットいえば「HARUMAKI JACKET」です!名前がユーモラスで良いですよね?(笑)パンツはWORK PANTSを合わせるのが定番となっています!このほかにもかなろオリジナリティあるデザインのウェアがあります。

さきほどのHARUMAKI JACKETのRainbowカラーです!最近のウェアとしてはかなり斬新なデザインというか奇抜ですよね!シンプルイズベストというようなトレンドがありますが、こういうの嫌いじゃないですよ!

MTN.ROCK STARのメンズウェア一覧

番外編:UNIQLO

ユニクロにスノーボードウェアなんてあるの?と思ったかもしれませんね!実はユニクロは平野歩夢選手のスポンサーです。もちろん、ユニクロ初スノーボーダーのスポンサー。その契約金も破格らしいですw平野歩夢選手についてはこちらにまとめましたので、良ければご覧ください。

話を戻しますが、そんな平野歩夢選手とスポンサー契約しているために2019-20シーズンにはユニクロよりスノーボードウェアが発売されると個人的に推測しております!そのクオリティと価格に注目ですね!

GORE-TEX(ゴアテックス)とは?

これまで人気あるブランドのウェアを紹介してきました。各ブランドにはまだまだいろいろな種類のウェアが損存在しています!ウェアを紹介するうえで「GORE-TEX」という言葉が使われていました。

 

このGORE-TEXですが、GORE-TEX社が開発したウェアなどに使われている生地のことを言います。「高い耐水圧」があるため、ウェアに最適です。水の侵入をどれだけ防げるか?という数値です。「高い透湿性」はウェア内の水分(水蒸気)をウェア外に排出する性能のことをいいます。

 

つまりGORE-TEXは「水は通さず、水蒸気は通す」という不思議な感じですw

 

このGORE-TEXは業界で最も評価されている素材といっても過言ではありません。多くのメーカー・ブランドで採用されています。ただし、素材が良いためにお値段が張ってしまうのでは致し方ありませんね。

 

メーカー・ブランドによってはGORE-TEXバージョンと通常の生地バージョンと2つのラインナップにしている場合もあります。

メンズスノーボードウェアのトレンドは?

2019-20メンズのスノーボードウェアのラインナップを見てきましたが、これまでのトレンドを引き継いでいるようです。どのメーカー・ブランドにおいても「細身」を意識したウェアが揃っています。

 

カラーバリエーションとしても、バイカラー系が多いですね。バイカラーとは、1つのアイテムの中に2つの色を使っているデザインのことを言います。たとえば、こちらです。

あとは昨シーズンのトレンドでもある『胸元付近の色だけが異なるバイカラーの切り替えデザイン』も健在ですね!

 

まとめるとジャケットはバイカラー、パンツは細身がトレンドです!

スノーボードウェアの選び方とは?

スノーボードウェアを選ぶときにデザインのみで選ぶ方もいることでしょう。性能で選ぶ方もいますよね?ここからは、どういったウェアを選べばいいか?など、ウェアの選び方を紹介していきます!

スノーボードウェアのサイズ選び

こちらに大まかなサイズ表を用意しました。体格によっても異なる場合がありますが、おおよそはこの通りにサイズを選べばいいでしょう。「タイト」になると膝・肘・お尻のプロテクターを装着できないこともあるため充分に留意してください。

 

170㎝でSサイズを選んだ場合は、プロテクターはかなり薄めのモノでないと装着できないと思います。細身を切る人はプロテクターつけてない人も多いですね。プロテクターを付けるのであれば「レギュラー以上」を購入すれば、おおよそは問題ありません。

スノーボードウェアの生地の性能で選ぶ

これは少し触れているのですが、「GORE-TEX」という生地があると説明してきました。そこで「耐水圧」「透湿性」について触れています。そこのあたりをさらに詳しく見ていきましょう!

耐水圧

この耐水圧というのは読んで字のごとく、水の圧力にどれだけ耐えられるのか?ということです。つまりどれだけの防水性能があるのかを表しています。これは数値で表すことができます。

 

GORE-TEXの耐水圧:20,000mm以上

 

ちなみに雨がどれだけ強くても1,000~1,500mmです。そのため耐水圧レベルが20,000mmともなれば、雨の水圧で立つことができないです(笑)

 

登山・スノーボード・アウトドアで使用するレベルでは全く問題ないです。そのため、ウェアの耐水圧はそこまで高くても問題ない、、、と思うかもしれませんが、高いウェアにはそれなりの理由があります。

 

どこのブランド・メーカーか分からないようなウェアは粗悪なことが多くスグに濡れてしまいます。安物買いの銭失いとはこのことです。

透湿性

透湿性とは、ウェアの生地が通す水蒸気がどれくらいなのかを数値がしています。となると、ウェアの外の水蒸気もウェアの中に入り込んでしまうのでは?という疑問があるかと思いますが、これは大丈夫なんです。

 

ウェアの中の水蒸気は暖かいです。その暖かい水蒸気は冷たい方へ流れていくという性質を持ちます。そのため、雪山ではウェア外の水蒸気が入ってくることはありません。熱帯雨林とか行けば吸い込んじゃいそうですが、そんなところでウェア来ませんよね?w

 

GORE-TEXの透湿性:10,000g以上

 

そのため透湿性が低いとウェアの中が蒸れてしまいとても不快な気分になってしまいます。・・・GORE-TEXでもお尻が濡れたことがある!という人がいるかもしれませんね。

GORE-TEXでウェアが濡れる理由

このGORE-TEXでもウェアが濡れるという現象ですが、原因は2つしかありません。「外からの雨が侵入した」「自分の汗」です。

 

「外からの雨が侵入した」ですが、ウェアの着方が正しいか?です。しっかりと襟や袖口を締めていたか、ジッパーは最後まで上げていたかなどを確認するといいでしょう。

 

あと考えられるのはウェアに開いた小さな穴です。さすがにGORE-TEXといえども小さな穴が開いていると、そこから水が浸入してしまいます。お尻が濡れる場合はウェアに穴が開いていないか確認してください。

 

「自分の汗」で濡れた場合はじっとりとしているはずです。汗は水蒸気ではありませんから、さすがにGORE-TEXでも対応してきれません。そうなるとウェアの中に何を着ているのか?が重要です。

 

吸湿速乾性のアンダーウェアを着て汗を水蒸気に変えることが重要となります。おすすめのアンダーウェアについては、以下ご参考にしてください。

ちなみにですが、座っているとお尻が濡れちゃったという経験ないですか?これは水蒸気の逃げ場がなくなり透湿性が下がっている状態になります。

 

つまり、汗が原因とうことです。直接、水が浸透してきているわけではないようです。リフトに座っている時間が長いとお尻が濡れることがありますが、何かしら対策できるかもですね、、、!

さいごに。

おすすめウェアから始まり、最後はウェアの選び方や豆知識をお伝えしました。スノーボードウェアは、デザイン性に目が行きがちですが、性能について知るとさらにウェア選びが楽しくなると思います。

 

デザイン性だけでなくて、ウェアの透湿性・耐水圧にも注目しながらウェアを選んでみてはいかがでしょうか?