【ボード】

スノーボードは4種類のタイプがある?オールマウンテン・オールラウンドの違い。

オールマウンテン・オールラウンドの違い

・オールラウンドとオールマウンテンの違いは?

・スノーボードには4種類のタイプがあるの?

・自分にはどんなタイプが当てはまるの?

スノーボードについて調べていると「オールマウンテン」「オールラウンド」という言葉を目にしたことがあることでしょう。

この言葉の違いが分かりますか?一見同じことを指しているように思うかもしれませんが、意味が異なります。

この記事を読むことで、言葉の意味はもちろんですが、スノーボードの4種類のタイプを知ることができます。

さらにあなたに合ったタイプを知ることができるようになるため、よりスノーボード選びが捗るようになります。


スノボーには4種類のタイプが存在する?

スノボーには4種類のタイプ

スノーボードは目的によって4つに分類されています。「オールラウンド」「オールマウンテン」「フリーライド」「レーシング」それぞれ特徴が異なっているため、そのボードがどの特徴に当てはまるか知っておくことが必要です。

オールラウンド

オールラウンドとは、圧雪された雪面を滑ることに適したボードの総称です。ターンの切り替えが容易で操作性が高く、安定性も高い特徴があります。

グラトリに向いているボードが多数あるタイプです。

オールマウンテン

オールマウンテンは、圧雪されたコースも含めて、非圧雪なコースや深雪にも適しているボードのことを言います。

サイドカントリー、バックカントリーまで非圧雪なコースや場面でも対応することができます。

そのため、特徴としてボード幅が若干広めで浮力が高い傾向があります。春・降水時でも扱いやすいです。

カービングやパウダー向きなボードが多いタイプです。

フリーライド(フリースタイル)

フリーライド(フリースタイル)はキッカー、ジブといったパークをアクティブに攻めることができるボードの総称です。そのため、安定感や丈夫さが高い傾向があります。

レーシング

レーシングでは、競技としてタイムを競う競技者向けのものです。ターンの切れ味をよくするために幅が狭い特徴があります。雪面からエッジが離れないようにするためにトーションしずらく扱いが難しいものが多いです。

オールマウンテン・オールラウンドの違い

オールマウンテン・オールラウンドの違い

スノーボードにおけるオールマウンテンとオールラウンドの違いについては滑る適性があるシチュエーションです。

  • オールラウンド ⇒ 整備されたゲレンデ
  • オールマウンテン ⇒ 整備されたゲレンデ+不整地(自然)

このように明確な違いがあります。違いがありますが、オールラウンドで不整地を滑ることはできるため、より不整地に適正があるボードがオールマウンテンです。

まとめ

スノーボードの4つのタイプについて解説しました。あなたが求めているのは、どのタイプのスノーボードかわかりましたか?

用語の意味が難しかったりもしますが、少しづつ慣れていきましょう!それではあなたのスノーボードライフがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード